« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

生徒会の六花 碧陽学園生徒会議事録6

[著]葵 せきな [絵]狗神 煌

学園祭という大仕事を終え、今日もゆるゆると生徒会室に集った面々……だが今日は妙にやる気がない?!学園祭で使用された大量の物品が『忘れ物』として生徒会室に届けられていたのだ。仕方なく片づけに精を出す事になったが…
   個人的お気に入り度数
なん……だと……<「卒業編」

毎回本編以上に「企業編」での杉崎のイケメンっぷりを楽しみにこの本を読んでいた身としては、「卒業編」の杉崎失踪という現実に絶望した!物凄い私情挟みまくりだけど絶望した!!確かに本編はいつも通りの面白さで大いなるマンネリ万歳ではあるんだけど、今回はとにかく、鍵のイケメン分が足りないよ!!!五彩のかっこいい鍵はどこいったんだ!!

これまでは本編の方でもどこかしらかっこいいところを見せてくれてた気がするのになあ。唯一「夢見る生徒会」ではちょっぴりだけ鍵が男を見せるのですが、この話での鍵の空回りっぷりが酷く、その後のヒロイン達の反応がまた酷く…。気持ちはわからなくはないけど!それでもあれは能力的にどうしようもないじゃん!!物語自体も、マンネリ化防止のためにちょっと毛色を変えたのかもしれないけどあんまり面白くなかった。これを入れるならいつも通りのおきらく極楽な短編を2編収録してくれた方がよほど嬉しい。

…と、私情入りまくりのぼやきはとにかく、それ以外はいつも通り面白かったです。鍵はもういっそ、真冬ちゃんに取り入るために腐男子になればいいと思います。特に第三話「喋らない生徒会」の破壊力はまさに最凶。言葉でのコミュニケーションするのを禁止され、口パクで会話を始めたらどんどん曲解されていって、どんどん周囲の人を巻き込んで…という展開に大爆笑。あと第四話「抗う生徒会」もヤバイ。二次元と三次元の区別がついてない深夏とのやりとりに爆笑した。

あと忘れちゃいけないのが、「えくすとら」。特にマギル先生の独白は「ぶっちゃけ“碧陽学園生徒会議事録シリーズ”なんて誰も使ってない」「最近、このシリーズってマンネリだよね」「このラノ上位入り確実」とか色々ツッコミどころ満載過ぎて噴いたwwwそして忘れちゃいけないのが鍵と深夏のやりとりだなあと…まさにあれは、クラスメイトのツッコミに、全面的に同意。

しかし、えくすとらのラストがよりによって鍵と深夏のあのやりとりだっただけに、その会話と対象的なエピローグが気になる。さすがにここまできて、飛鳥エンドはありえないと思うんだけど…「夢見る生徒会」で、これまで一切本編には登場しなかった林檎・飛鳥が登場したのも今後への伏線?

結局のところ、この引き方には物凄い惹かれてしまうんだよなあ…。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません