« 6月 2017 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

がるぐる! Dancing Beast Night(上)

[著]成田 良悟  [絵]ヤスダ スズヒト

『ヤア、諸君。コノイカレタ島ニマタ眼ヲ向ケテクレタ事、感謝スルヨ。今日ノ話ハ実ニ単純ナ話サ。男ト女。ボーイミーツガール!物語ノ基本ダロウ?殺人鬼デアル少年ト出会ッタノハ、自称名探偵ノ不思議ナ少女。ソンナ2人ノ滑稽ナダンス。ソレガ今回ノ物語サ。単純ダロウ?…彼ラハ一体、誰ノ掌ノ上デ踊ルンダロウネエ?西ノ魔女カ?東ノ暇人カ?島ニ帰ッテキテシマッタ、2匹ノ犬カ?自警団ノ番犬カ?護衛部隊ノ雌猫カ?ソレトモ、コノ「バネ足ジョップリン」カ…アルイハ、君ノ掌ノ上カモ知レナイネエ。コノ島ニ来タ者ハ―誰ニデモ、他者ヲ踊ラセル権利ガアルノダカラネエ…』。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

カラーイラストの東区画vs西区画揃い踏みやべえええええええ!
…………と思っていたら本編も全力でヤバかったやばかった!

1巻2巻で登場したキャラクターたちの動きが新たな登場人物を踏まえて少しずつ繋がっていく所が面白いなあ。思わぬ所から思わぬ名前が出てきたり、あの事件がこんな所に繋がっていたり……と、バラバラのところで動いていた人々が少しずつ集約されてきてる感が凄い。

なによりシリーズ1巻「バウワウ!」でメインを張っていた3人がいよいよ島に戻ってくるわけですが、もうなんていうか3人とも圧巻すぎる!特に、葛原の登場シーンの「空気が変わる」感じは読んでいて痺れた。葛原さんマジパネエ!!1巻で過去と向き合い、少しだけ柔軟な考えを持つようになった彼の変化にも胸が熱くなりました。

そして残る2人は……ラスト、ラストおおおおおおおっ!!!!(ゴロゴロゴロゴロゴロ)
「デュラララ!」を読んでいた時も散々感じましたが、成田さんのシリーズは挿絵の魅せ方が上手すぎると思うんです。ラストの挿絵やばかった。本当にやばかった。テンション上がりすぎた。うわああああ戌井と狗木かっこよすぎる、痺れる!!!1巻のラストもやばかったですが、この2人のやりとりがもうなんか凄く好きだ……!!

物凄く気になる所で続いちゃってますが、本当に下巻が楽しみです。本当に楽しみです。あと狗木のいないところでデレを覗かせたイーリー姐さんとの復縁(違う)にも期待したいです。

こちらの記事もオススメ

  • 一応シリーズ一区切り?なシリーズ4巻。これまでのシリーズ3冊で出てきたキャラクターたちが一同に会してのオールスター感が凄い。本来表に出ないはずの「都市伝説」やら...
  • 葛原さんかっけー!!!! 佐渡と新潟の間にかけられた橋「越佐大橋」の間にあり、無法地帯と化している名も無い人工島にさまざまな理由でやってきた男達の物語。 なんか...
  • 狂犬と猟犬が最早じゃれついているようにしか見えない(病気) 仲悪いはずなのに、出会ったら即殺し合いな殺伐関係のはずなのになんですかこの人たちのイチャイチャっぷり...
  • 戌井と狗木が島を去り葛原が島を離れている間に起きた、西区画と東区画、そして「猫」と「鼠」の対決のお話。 とりあえず潤ちゃん可愛いよ潤ちゃん!!! チェンソー持っ...
  • アニメが凄い盛り上がってるようなので今更手を出してみました。池袋に集う様々な人々に、『首なしライダー』という面々が繰り広げる群像劇。どうも読んでいるとアニメの強...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません