« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Home,sweet home.

[著]吉田 ナツ  [絵]高峰 顕

「監禁されたんだよ、君」目が覚めると瀬尾は、知らない部屋でにっこりと笑う自分好みの美人にそう告げられる。猫っぽい雰囲気や目元の黒子が色っぽく、どこかで見たような―専務の安藤だ!と気づいた時には、瀬尾を鎖に繋いで出勤してしまった。突然の監禁に憤っていた瀬尾だけど、その日から健気に自分の世話をやく安藤をみて、気持ちが傾き始めて…。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 ちょっと変わった監禁モノだよと聞いて手に取りましたが確かにこれは変り種……監禁がきっかけにしてはじまる一風変わった恋物語。

 小さい頃にゴミ箱に捨てられていたという瀬尾と親の愛に恵まれなかった安藤。家族愛に飢える二人が、監禁生活を通して互いの横に居場所を見出していくというお話で、エロシーンはあるもののむしろ擬似家族モノとして美味しかったです。とある理由から瀬尾を監禁しはじめたものの、特にそっちのケがない安藤が瀬尾のゲイっぷりに振り回される姿は微笑ましくもあり。監禁生活も、異常性より裸に鎖で繋いで生活させるという滑稽さのほうが先にたつ。

 むしろ二人がくっついた後の二編目の方が世間一般の“監禁物”のイメージには近かった。色々な意味で無防備な安藤に対して独占欲を募らせる瀬尾が安藤を束縛しようとしていくお話で、これはもうあと一歩の所でマジモンの監禁になっていたなあという感じがすごく。瀬尾がかなり病んでる。

 一編目の雰囲気が好きだったので二編目の重い展開は(展開としてはむしろかなりすきなはずなんだけど)やや戸惑った。収まる所に収まってくれてよかったです。瀬尾の先輩がなかなか良い味出してました。

こちらの記事もオススメ

  • 慕ってくる後輩・都石は自分好みドンピシャで……しかもオタクだった。自分の嗜好(=ゲイ)をひた隠しにして、自分のビジネスを手伝って貰う代わりに都石のモテキ到来(...
  • 豆腐メンタル女装攻×ちょっとズルい包容力のある男前可愛い受とかなにそれ俺得 こう、そんなに読んだことないですが、商業BLでここまで的確に自分の萌え属性をついてき...
  • 能力はあるけどコミュ障気味なプログラマーの島垣が、初のプロジェクトリーダーに任命される。同じチームに配属された新人SEの藤森は、島垣とは反対に明るく人懐こいイ...
  • 「マンガ家シリーズ」第一作。色々な意味で人間として破綻している売れないマンガ家・仁木と、どうしてもそんな仁木の世話を焼いてしまう幼なじみの腐れ縁・東海林のお話...
  • 時間が経ってしまったので感想短め。 タイトルからしてこれは女装モノだ!と思って物凄くワクテカしたんだけど、女装ものというよりは「変装モノ」としての意味合いが強...