« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

フルメタルパニック!揺れるイントゥ・ザ・ブルー


揺れるイントゥ・ザ・ブルー—フルメタル・パニック!
[著]賀東 招二 [絵]四季 童子
富士見書房
2000-02

 

どこまでいくのやらラノベ関係フルメタ連続コンボ継続中(笑)しっかりと5作品先まで大人買いしちゃってるので当分続くんでしょうなこれ。ラブコメ大好きな私としては、もう今回のような展開大好きです。ほんと。宗介とかなめって仲悪そうに見えてなんであんなにラブラブなんだっ!!

タイトルとおり、今回の舞台は海。
しかもラブコメお約束ともいえる、仲違いネタです。もうホントに萌えます(笑)クルツがまたいい味出してるんですよー。こういうキャラ大好き!

しかし、本編自体は非常にハードです。
連続して短編を読んだ後だと「宗介ってかっこよかったんだ…」なんて失礼な事を思ってしまいますがテッサやかなめなど女性陣もかなりかっこよくて、もう同じ女性として爽快な気分ですね。話も段々核心の部分に触れてきたりして、ほんと目が離せません。

どうでもいいけど、なんとなーくガウルンのイメージが脂くさそうなオジサンというイメージで定着してしまっていた私はほんと中国人に土下座して謝るべきだと思います。いや、なんというか今までのガウルンの言動が結構親父くさ…げふげふ(ファンの方すいません)イメージとは180度違って、どちらかと言うと最遊記のなんとか博士が体育系になったようなイメージでびっくり。まあ、よく考えたら最初想像してたような脂ギッシュ親父にASなんぞ操縦できないって話なんですけどね。

あと、今回の後書き、賀東先生どうしちゃったんですか?
あんな面白い後書きを読んだのは「キノの旅」の時雨沢先生以来ですよ、いやほんと。

最後の宗介とかなめのラブラブシーンがほんと好きです。
素で殺し文句だと思うよ…あれは(笑)

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません