« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

腐女子彼女。

[著]ぺんたぶ

1年前に彼女が出来ました。2つ年上の、憧れの女性だった彼女はしかし、付き合うときにこう言いだしました。
私—オタクなんだけど、それでもいい?
そう、彼女は腐女子だったのです。それもかなりの…!!これは腐女子な彼女・Y子に振り回される筆者の、闘いの記録です。
 

すいません、「攻めの反対語」の正答が真面目に判りませんでした。
もう色々と終ってますか、そうですか。

オタクで腐女子な彼女に非オタクな彼氏が振り回される、同名のブログを書籍化したもの。いい具合にブログの雰囲気が表現されていて、非常に面白く読めました。根っからの腐女子な彼女に振り回され、徐々に汚染される筆者の姿にちょっぴり同情しつつ、「でもあるあるwwww」と腐女子彼女に超同意してみたり(笑)

いつのまにか彼女の趣味で「ガンダムSEED」の同人小説を書かされたり(ていうか何のカップリングで書いてるのかその辺詳しく!!!)、着メロを「巫女巫女ナース」に勝手にされちゃったり、彼女の腐女子仲間にはいつのまにか「受けセバス」と言われてたり、自宅にエロゲーを送り付けられたり少女漫画を放置されたり…と、とにかく一連のやりとりが秀逸。散々声出して笑わせてもらいました。個人的に一番ツボったのは「クルーゼ鍋」。さっきまで連合vsザフトやってた所為か、きちんとせきとし声で再生されちゃったぜ!!!

普段は彼女の尻に敷かれっぱなし、やられたい放題の筆者ですが、ちゃんと決める所は決めるところがニクイ。まあ筆者の視点から書かれている分、多少の誇張や美化された部分もあるとは思いますが、筆者が普通に萌えキャラなんだよね、超個人的に。

何より、非オタでありながら、色々とついていけないながらもちゃんと腐女子な彼女と対等の関係を築いている筆者に好感が持てました。やはり男性側にとって「腐女子」の世界は理解し辛いものであるし、理解できなくてもある程度当たり前だと思うし、色眼鏡をかけて見られる事も多いと思います。実際同じオタク同士でも男性と会話している際に「腐女子です」というのは中々暴露し辛かったりします。それでもそんな所を全部理解して、対等な立場から「それでもあなたの事が好きです」といえる関係。腐女子とつきあってくれる彼氏の最終的な理想じゃないかと。

正直、「ボーイズラブとか、超キモイよねwwwww」というような男性とはお付き合いできる自信がありません。多分一週間でキレます。

ただ、個人的には内容に対して値段が高すぎるのがネック。漫画以上ラノベ以下の内容量で1000円だもんなあ…確かにおなじページ数&装丁の同人誌を買ったと思えばこんなもんかと思うのですが、読み終わったときにかなり読み足りない気分になりました。

元々Webで掲載されていたものに金を払う事に対してはあまり抵抗を感じないのですが(正直長文になるとパソコンで読むよりも書籍にしてじっくり読みたいので)、最近のこういう「ブログ本」系はもう少し値段が安くてもいいのになあとか思ってしまいます。

ちなみに、「同人系腐女子な女の子に振り回される少年」というフィクションでは阿部川キネコ先生の「辣韮の皮」という漫画がオススメです。「腐女子彼女。」が楽しめた人種なら多分ハマるかと。主人公(男オタ)の滝沢君がバリバリの同人腐女子な先輩・月子先輩や他の漫研部員達に振り回されるという漫画。
(同人イベントの準備が忙しくて)クリスマス越え出来ない」っていうのは同人作家共通の悩みっぽい感じがします(笑)

オンライン書店ビーケーワン:辣韮の皮 1辣韮の皮 1

阿部川 キネコ著
ワニブックス(2002.2)
余談ですが、作中で登場する「乙女ロードの某ショップに連れの男性を放置」というシチュエーションは、私も男友達で実践した事があります。しかも中古同人誌コーナーのレジ付近に放置して一人店内で同人誌漁ってました。戻ってきたら連れてきた友人はとても居心地が悪そうにショーケースを眺めてました。


ものすごーく周りの女性の目線が、痛かった、そうです…………





…ほんと、ごめんなさい。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

6 Comments

  • >正直、「ボーイズラブとか、超キモイよねwwwww」というような男性とはお付き合いできる自信がありません。多分一週間でキレます。

    うわはははは!最高に面白いですねこの正直な感想が!
    しかし、女性的にどうですか、逆にですね、その・・・ボーイズラブを熱く語る男性というのは・・・? カップリング論争にガッチリ参戦出来る位の勢いで・・・?

    hobo_king |2007/2/20(火) 12:12 | Permalink
  • いやあ、このテの作品の感想はもう萌えと感情の赴くままに書いちゃってますので好き嫌い分かれそうですが…気に入って頂けたなら嬉しいです?。

    >女性的にどうですか、逆にですね、その・・・ボーイズラブを熱く語る男性というのは・・・?

    最近結構増えたような気がしますよー、特に可愛い男の子キャラ中心で同人活動をしていると、ロリ萌えの延長でショタ萌えも併発している男性の方を良く見かけます。特にショタ受は女性的な容姿のキャラクターが多く、男性の方は入りやすいみたいです。あと、そういう男性だとカップリング自体はあまりこだわりの無い方が多い気がします。

    いやー、実際自分の好きなカップリングについて熱く語れる方がいらっしゃったら私は性別問わず熱く語り合いたいところですがw

    うらら |2007/2/20(火) 12:57 | Permalink
  • >ロリ萌えの延長でショタ萌えも併発している男性の方を良く見かけます。特にショタ受は女性的な容姿のキャラクターが多く、男性の方は入りやすいみたいです。

    ぐわぁっ! 世の中そこまで進んでしまっているんですねっ! 恐ろしい・・・恐ろしい世の中ですね?。

    私には、無理だ・・・流石にむりですな?。そういうのでハァハァしている女性を見ているのは結構好きですが。

    hobo_king |2007/2/20(火) 16:03 | Permalink
  • ショタキャラ関係で同人活動をすると、本を買っていく人が男の人ばっかりって話もありますよ?。「○ョタケット」なんかは男性の参加者の方が多いとかなんとか。

    まあ男性はそういう話題の時は無理に混ざらなくても良いのではないかと(笑)

    うらら |2007/2/21(水) 0:26 | Permalink
  • 私もすごく腐女子なんですよ。BL本いっぱいもってるし。
    だから、Y子さんの気持ち、よ?く分かります!

    私は、攻めの反対は、受けと、即答しました;;

    匿名 |2007/11/18(日) 10:56 | Permalink
  • いらっしゃいませ、コメントありがとうございます?!
    「攻めの反対は…」のネタは、書店の販促POPでも使われてましたね。普通に友達とPOP見ながら「むしろ受け以外の何があるの…?」って真剣に考えてしまいました。だいぶ汚染されております。何かに。

    こういう腐女子系のネタはほんとに「あるあるww」ってネタが多くて、読むと面白いですw

    うらら |2007/11/18(日) 22:18 | Permalink