« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

涼宮ハルヒの分裂

[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ

波乱万丈の1年を乗り切り、なんとか無事に進級することが出来たSOS団一同。ハルヒは新入生の勧誘活動に余念も無く、これ以上ないってくらいに上機嫌だ。しかし、古泉によると春休みの終わり頃から再び閉鎖空間が頻繁に出現しているという。ハルヒの内心を騒がしている原因は、いつものとおりキョンにあるらしく…?
 

タイトルのとおり、『分裂』なお話。今まで少しずつ姿を見せ始めていたみくる・長門・古泉の属する組織と敵対する組織(?)の3人と、キョンの旧友でハルヒとは(様々な意味で)“対称的”な佐々木さんが現れ、中盤からは『αルート』『βルート』に分かれて、同じ日のストーリーを少しずつ違う展開が描かれます。片方のルートでは、偽SOS団(仮)の面々と直接接触する事によって情報を得、もう片方のルートでは仲間達との会話からまた違った情報を得るという、まるでパズルのピースをバラバラに仕込んだようなノリがまるでゲームのようで、ストーリーに引き込まれるのと同時に謎を推理する楽しみにワクワクします。

しかし、今回はストーリー本編も良いけどその他の部分もツボな所ばかりでした。佐々木さんに内心でヤキモチ焼くハルヒとか、色々文句はたれつつもやっぱりSOS団をしっかり自分の居場所として受け入れているキョンとか。特にキョンのさりげない熱血ぶりには思わずニヤニヤ。アニメで「憂鬱」を見た後に読むと、やはり団員それぞれの明確な違いが見て取れ、殆ど偶発的に発生した事故みたいなもので巻き込まれた面々が、「分裂」ではSOS団をどれだけ大事にしているかを見て取れてなんだか感慨深いものがあります。

ハルヒの中では「消失」と並んで一番面白かったかも。というかアニメ後でまだまだ界隈が賑わっている時にあえて前後編で出して、6月発売の「驚愕」までに色々推理させようというやり方が溜まらなくニクイですよね。もうミステリーツアーに参加した観客の気分で、解答編となる筈の次巻発売を物凄く楽しみにしたいです。

しかし、古泉はいつもにもましてガチくさい言動をしてくださるなあ…(*´д`)

こちらの記事もオススメ

  • 涼宮ハルヒの憤慨発売:2006.5発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 今回は短編集です。 春休みのエピソードが中心となりましたが、次巻は2年生編...
  • 涼宮ハルヒの動揺 発売:2005.4発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 文化祭、雪山などのこぼれネタを中心に5編からなる短編集。 「ライヴアライ...
  • 涼宮ハルヒの退屈 発売:2004.1発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 長門かわいいよ長門。 4話構成の短編集。1巻はまだしも2巻の中盤が激しく...
  • 涼宮ハルヒの溜息 発売:2003.10発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 文化祭に向けてハルヒ達SOS団ご一行が映画を作るという話。 色々SFら...
  • 涼宮ハルヒの消失 発売:2004.8発行:角川書店[著]谷川 流 [絵]いとう のいぢ 名作と名高い(?)第四巻。 1?3巻までと本質的に違うものを感じた。いや...