« 7月 2017 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Fate/Zero Vol,2 -王たちの狂宴-

[著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇

ライダーに手傷を負わされ実力を発揮できないセイバーを、妄執に取り憑かれたキャスターが襲う。その一方で、誇り高い騎士王であるセイバーと目的のために手段を選ばない切嗣との間には埋めようの無い深い溝が生まれつつあった。そんな中、征服王イスカンダルは同じ「王」たる英雄王ギルガメッシュとセイバーとの間で、異例な“闘争”を始めるが…?
  個人的お気に入り度数
Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴- (書籍)
1巻に続き、ライダー&ウェイバーコンビが非常にいい味出してます。それぞれのコンビが徐々に悲劇に向かって突き進んでいきつつある展開の中、この2人が出てきた瞬間に雰囲気ぶち壊しなのはどうして。ゲームのロゴ入りTシャツ姿な征服王を想像すると、もう笑いが止まりません。そして、途中まで読んでどうしてこんなタイトルなのか疑問だったんだけど、確かにこれはどうしようもなく「狂」宴ですね!!なんとなく闘い一辺倒の人物だと思っていたので凄く意外でした。ああ?でも凄く実際読むと、確かにこんなキャラだよなあ?と。わかる気がします(笑)

イスカンダルのキャラも良いですが、ツッコミ役にしてマスターである半熟魔術師・ウェイバーがまたいい。1巻では単なる自分の実力を知らないヘタレという印象だったのに、少しずつ成長していっているなあと実感させられます。イスカンダルとの凸凹コンビが凄く良い影響を与えているなあ、と。本当に救いの無いコンビが多いため、この2人は見ていて和むというかほっとさせられます。逆に彼の師匠であるロード・エルメロイはほんと踏んだり蹴ったりでかわいそうですが。

イスカンダルが仕掛けた異例の「闘争」。三種三様の王としての生き様を考えると意見が食い違って当然ですが、一理あるからこそセイバーは認められないという部分もあるのかも。この辺は後に士郎が手を焼かされる部分で、この時点のセイバーがその意見を聞き入れることが無い事も知っているから、なんだか切ないです。

そしてメインストーリーではないので忘れそうですが、何気に今回は女性陣が頑張ってます。アイリスフィール&舞弥の関係やランサー一派の三角関係など。この辺がどうなっていくか、続編が楽しみです。

こちらの記事もオススメ

  • [著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇 アーチャーと共謀して遠坂時臣を排除した言峰綺礼。アイリスフィールを奪われたセイバーは、彼女を奪還するた...
  • [著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇 狂気に駆られ暴走するキャスターを前にして、ライダーはセイバー・ランサーとの共同戦線を持ちかける。しかし...
  • [著]虚淵玄 [原作]TYPE-MOON [絵]武内 崇 “魔術師狩り”を得意とする衛宮切嗣は己の悲願を果たす為、アインツベルンに取り入り聖杯戦争に参加する。一...
  • [著]後藤 リウ [原作]淵井 鏑(ニトロプラス) [絵]柳原 澪 《虚ろ》と呼ばれる呪いと《失軀》と呼ばれる奇病が蔓延し、世界に住む多くの《猫》...
  • [著]後藤 リウ [原作]淵井 鏑(ニトロプラス) [絵]柳原 澪 なんとか呪いを解き、祭りの準備でにぎわう藍閃に戻ってきたコノエ達。しかし、すべてが終わったわ...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません