“林 亮介” の検索結果 | 今日もだらだら、読書日記。

キーワード:林 亮介 (4 件 / 1 ページ)

迷宮街クロニクル3  夜明け前に闇深く

[著]林 亮介 [絵]津雪

新年を迎えた迷宮街。迷宮探索事業団の後藤は冒険者たちに、とある商品スケッチを見せていた。第一層から第四層までを貫く縦穴に滑車を据え付け、ゴンドラを通すと言う計画。これがあれば第四層までの道のりを大幅に短縮する事が出来る。真城達上級探索者は喜んで飛びついたが、その実現には一つの条件があり……
   個人的お気に入り度数
現代日本に突如として現れた「迷宮」で怪物達と戦う人間たちの姿を描いたシリーズ第3巻。完結編となるはずだった3巻が分冊されて、全4巻シリーズになるようです。

新米パーティ「チーム笠置町」のメンバー達の人間関係と成長を主点に据えていたこれまでの2冊より、「迷宮街を取り巻く人々の群像劇」としての色合いが若干濃くなったように感じられました。というか物語りそのものはこれまで通り真壁の周囲を中心に進むのですが、以前よりも真壁視点の話が減ってきたような。2巻では、迷宮街の外の人間が見た真壁の「冒険者としての」乖離っぷりが描かれていましたが、3巻では迷宮街の冒険者として何故真壁が「凄いのか」が描写されているように感じました。特に書きおろしでの人外っぷりは結構強烈。

それにしても、群像劇とはいえ1巻まではそれなりに「主人公」として描かれてきた気がする真壁が、徐々にその位置から距離を置いて描かれ始めたような気がしてならないのが気になります。真壁を巡る恋愛関係もかなり不穏な流れになってきてるし…なにより3巻の終わり方が、まるで死亡フラグにしか見えないんだが大丈夫なのか……。

その一方で迷宮街そのものを巡る動きも、迷宮探索事業団の後藤誠司を中心にして様々な新しい動きが巻き起こっており……第四階層を結ぶゴンドラというアイデアの実現に向け、少しずつ迷宮街の人々が一体となって動き出していく姿は見てて胸が熱くなるものがあるのですが、一方でこちらにも色々と不穏な影が見え隠れするのが心配です。越谷の死は特にインパクトがありましたが、第三階層の謎やこのタイミングで物語が分冊されていることも含め設置作業は一筋縄ではいかない予感がひしひしと……

完結編が物凄く楽しみです。
出来るだけ犠牲の少ないエンディングになるといいなあ……とおもいつつ、やっぱ最後だし、大惨事になるんだろうなあと思っている私がいる。

 

迷宮街クロニクル2 散る花の残すもの

[著]林 亮介 [絵]津雪

死亡率14%を誇りこの世で最も生と死を隔てる壁が薄いと言われる迷宮街も12月。そこに暮らす人々は様々な想いを抱きながら、年末のイベントを謳歌していた。そんな中、道具屋の店員をしている小林は、かつての教え子と再会する。彼に対し、とある負い目を感じていた小林だが…
   個人的お気に入り度数
Web小説「和風Wizardry純情派」に加筆・修正を加えたもののシリーズ第二弾。分厚ッ!!とおもって調べたらあとがきまでが451PとGA文庫歴代第二位のページ数だったみたいです。

「チーム笠置町」も迷宮探索に慣れてきて、どんどん成長していく姿と迷宮街での仲間達との危険ながらもそれなりに平穏な日々が描かれ……と思ったら、中盤で一気に重い展開になってしばし呆然と!!恩田さんは1巻の頃からかませ犬的な意味で死亡フラグ立ちまくっていたので「ああ、ついに……」という印象だったのですが、それでもシリーズ序盤から主人公たちと親しくしてきた、サブメインキャラのような立ち位置のグループを襲った悲劇は衝撃的でした。

そして小林と今泉の再会のくだりや鈴木さんの幸せ一杯メールを見るたび、着実に誰かの死亡フラグが立ってる気がしてしょうがなかったので、彼らが実際に危機陥った時には何も出来ない自分がもどかしかった。トラップ解除のくだりでは「恩田ー!今泉ー!!逃げて逃げてー!!!」と叫びっぱなしだったり。それにしても、こういう話で恋人が出来るってそれだけで一種の死亡フラグに見えるよね…。

死の淵に居る彼らの必死な姿と、長年の誤解も解けて幸せ一杯な小林の様子が対象的に描かれるのがまた泣ける。その後の、小林が居なくなった後の道具屋の倉庫整理の話でも追い討ちを掛けられます。どうしても誰かが「いなくなった時」を意識してしまう彼女たちの姿にしんみり。というか、今泉は本当に惜しい子であったよ……ああ、このシリーズ唯一の「美少年要員」が!!!(そこかよ)

一方で、前巻よりいつ死ぬかわからない状況の中で「生」を謳歌しようとする彼らの不自然に明るい姿と、それ故に迷宮街の外の世界の人々から乖離していく彼らの姿がとても印象的でした。迷宮街の中で展開される物語ではあまり感じないのだけど、ひとたび彼らが外に出て普通の人々と接触すると途端にその異常性が顕在化するんですよね。常盤と児島の、お葬式でのやりとりや由加里を駅に迎えに来た時に偶然遭遇した鈴木兄との場面とか。

彼らも(恩田や今泉の時のように)死を悼まないわけではないんだけど、自分の「仲間」と「仲間でない人」の区別を明確につけていて仲間以外の人間は完全に切り捨ててしまっていて、仲間に対しては情に厚い分そういう部分が奇異に映るのかもしれない。そしてそれを代表するエピソードが、第二階層で遭難した有名パーティが、誰の救助も受けられずに壊滅したという話しのような。そこはもちろん、「迷宮街」という場所で生き抜くためには捨てなくてはいけない部分ではあるのですが…。

個人的には、「変わってしまった」真壁が迷宮街の外に戻り由加里とくっつくのか、外を捨てて翠とくっつくのかがとても気になるところ(いろいろな意味で、この2つはセットになっていると思う)。物語の途中で真壁が自分の将来について思いをめぐらせる場面がありますが、次巻で彼がどういう未来を選択するのか、続きがとても楽しみです。

……いやでも、ラストで主人公パーティ全滅エンド、という可能性もあるわけだけど。
最後まで気が抜けないのがこのシリーズの恐ろしさだ…

そういえば、前巻発売時と同じく、レビューを書くとサインが貰えるよ!企画があるようです。前回は申込そこねたので、今回は参加させて戴きたいなあ…と思いつつ、むしろ「特典」に興味シンシンの私が居ます。友人賞の特典とか凄い心ときめく。「乱戦の中で颯爽と登場(して死ぬかも)。」とか。さっそうと参戦したい!(そして死にたい!)

 

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?

 
津雪

大地震をきっかけにして京都に大迷宮が発生し、そこから怪物たちがあふれ出した。政府は迷宮の探索と怪物の掃討を一般人に任せる事に。14%という高い死亡率の代わりに怪物の身体の一部を集める事によって簡単に大金を得る事が出来るこの"迷宮街"には、様々な想いをもった人間達が集ってきて……

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

現代を舞台に、日々迷宮にもぐっていく"普通の人々"の姿を描いた群像劇。「和風Wizardry純情派」というネット小説に加筆・修正を加えて書籍化されたものだそうです。

"エーテル"という力を用いて魔法じみた能力を行使し、まるでゲームのようにパーティを組んでダンジョンにもぐっていくのですが、これだけ現実離れした設定がふんだんに盛り込まれていてまるでダンジョン探索ゲームのような設定なのに、登場するキャラクター達はあくまで「普通の人々」。キャラクターの描き方がとてもリアルで、本当に自分の周りにこういう人が居そうだなあと思ってしまう。そのため、いつも以上に各キャラクター達に感情移入してしまっていたように思えます。

どんなに現実離れした力を扱えても彼らはあくまでリアルな人間で、だからこそどんなに強いキャラクターでも運が悪ければあっけなく死んでしまう。作中で以下のような表現があるのですが、この文章がこの作品をそのまま表している気がする。迷宮に潜っている彼らは誰も彼も同じように死と隣り合わせの危険に身を置いていて、迷宮に潜るシーンでは常時ハラハラしっぱなしでした。

ゲームならレベルが上がったキャラクターはスライムに殺される事は無い。しかし、現実の世界は違う。
どんなに経験を積んだところで、どんなに格下の相手であっても、当たり所が悪ければ死ぬのだ。それは当然の事だ。
人間は転んだだけで死ねるような弱い生き物なのだから。

迷宮街にやってきたばかりの主人公とそのパーティメンバーを中心に、熟練者の先輩達や次々とやってくる後輩達、そして彼らに纏わる様々な人の視点から物語が語られるのが面白いです。凄く丁寧に描写されている分、逆に盛り上がりに欠けるかなあと感じる部分はあるのですが、ある意味派手な盛り上がりが無い事が逆に登場人物たちがあくまで「普通の人」であることを強調させているかなあとも。個人的にはプロローグが普通に鳥肌立つほど衝撃的で、そこでガッツリ心を掴まれた後はもう一気に読んでしまった感じでした。

普段自分が好んで読むような作品とはかなり毛色が違ったのですが、とても面白かったです。まだまだ迷宮街のことや各キャラクター達の人間関係など、語られていない部分も多いので続編が楽しみ。

 

2008年11月のまとめ&読了記録

11月に読んだ本は21冊でした。
原稿に集中する為意図的にペース落としていたのはあるのですが(感想書く時間が意外に時間泥棒さんなので)、やっぱ全体的に以前よりペース増えたなあ…と思いつつ、せっかく新刊が少ない月だったのでもうちょっと読みたかった気も。
そして先月から続いていた「杉井光強化月間」がようやく終了。どれもおいしゅうございました。
…え?ここまで来たら「さくらファミリア!」も読んでコンプすべき?

2008年11月のページアクセストップ4


とらドラ9!
⇒感想

とらドラ8!
⇒感想

とある魔術の禁書目録SS2
⇒感想

バカとテストと召喚獣5
⇒感想

先月から引き続き「とらドラ!」フィーバー中。全然アクセスが下がる様子がないのですが、何が起こっているのですか……。

そして追随するのは同じくアニメ化中の「禁書目録」最新刊。新キャラ・新設定乱立でそろそろ設定資料片手に読む時代になってしまうのか。何度も言ってますが電撃文庫は、次から禁書文頭にキャラクター及び世界設定紹介をですね……?

それにしてもアニメ化3作品には叶わなかったとはいえ、最後の3日で禁書に追いつきそうなアクセスを集めた「バカとテストと召喚獣5」。次期アニメ化候補のトップエースパワーはやはり凄い。私としてはもうちょっと女性読者が増えて欲しいと切実に願うものであります。5巻は久保君がイケメン男子であることが発覚して、雄二×明久にノリきれない美形スキーがニヤリとすること請け合いですよ!?とりあえずエンターブレインは冬コミでアキちゃんの抱き枕を出してください。むしろ「裸ワイシャツ上目遣い涙目ボタン上2つ空け」の明久をお願いします。2万までなら出す。


2008年11月に読んで面白かった本


ダブルブリッド Drop Blood
⇒感想

火目の巫女
⇒感想

桐原家の人々3 恋愛統計総論
⇒感想

魔王城一限目
⇒感想

今月読んだ中では…というかむしろラノベ全体の中でも「ダブルブリッド」と「バカとテストと召喚獣」は愛着のあるラノベとしては5本指に入ると思うのですが、その2つが2回連続同じ月に出るのはどんな運命の悪戯か!多分これがホントに最後の短編集、とても美味しく戴きました。というかダブルブリッドは思い入れありすぎて困る。未収録の短編をまとめた本が出るであろう事は予想してましたが、よもや本編終了後のお話が読めるとは夢にも思っていなかったです。最後の最後に素敵なプレゼントを本当にありがとうございました。ていうかこの調子で来年には「ソウル・アンダーテイカー」の続きが出るといいなあ…

杉井光強化月間からは平安系欝グロ巫女ファンタジー「火目の巫女」。結局2ヶ月がかりで「さくらファミリア」以外の杉井光作品をコンプしてしまったのですが、結局火目が一番ツボだったなあ……続きが絶望視されているのがとても残念です。「このラノ」ランクインのご祝儀かなにかで出ませんかね…できればメモ帳4巻より火目4巻を……。

そして杉井光強化月間とともに密かに裏で行われていたルビー文庫積読崩しキャンペーンから「桐原家の人々」。友情以上愛情以下BLと弟×兄スキーとしては大変美味しいお話でした。ああ、そういえば4巻まだ買えてない……ここまで来ると「デルフィニア戦記」が俄かに気になってくるわけですが、今月来月は新刊予定が詰まってるから来月以降かなあ…

魔王城一限目」はガーゴイルとはうってかわってしょっぱなから重い展開の物語ですが、「ガーゴイル」から続く家族の暖かさが根底に流れる優しいお話。今月読んだ新シリーズ系では一番オススメです!


2008年11月の読了記録

MediaMarkerさんでちょくちょくつけてる読了記録がHTML出力できるようになったので、読書メーター組に対抗して使ってみたいと思います。…個人的に、欲を言えば、カテゴリを絞っての表示とコメント出力ができれば完璧なんだけどなあ。ラノベの読了はいらないのでそれ以外だけで出力したい…
続きを読む