少年伯爵は月夜に目覚める | 今日もだらだら、読書日記。

少年伯爵は月夜に目覚める

[著]流 星香 [絵]おおきぼん太

若いながらも気丈で良い領主であったベルナルド伯爵。王子の誕生日会に出席した彼は猟銃の誤射で瀕死の重傷を負ってしまう。領民のためにも死ぬわけには行かない—と命を取り留めたベルナルドだったが、その身体は吸血鬼へと成果ててしまう。一方、王都に現れる怪物を退治する軍部の小隊長・レオニールは力を求めているうちに自らの血を持て余すようになり—!?

「801ちゃん」でJUNEとBLの違いネタがありましたがこれはまさしく“JUNE”ラノベ…。

妙に描写がキラキラしてます。賢い美少年とワイルドな軍人さんとか世界設定とかいろいろと、実にお耽美です。戦闘中に飛び散る血を“真っ赤な蝶”と表現しているのを始めとして過剰なお耽美表現が普段そういう小説を読まない私にとっては新鮮で、とても印象的な小説でした。しかし「真っ赤な蝶」はバトル描写になると1Pに何十回連呼してるんだよという状態で微妙に五月蝿い印象を受けましたが…。

人の生き血を求め、人に触れれば生気を吸い取ってしまう【求血鬼】になってしまった「強気なオレサマ少年(←と、キャラクター紹介に書いてある。オレサマ…?)」ベルナルドと、血を持てあまし、力を求める余りに理性を失い凶暴化してしまう【給血鬼】になってしまったレオニールが様々な苦難に出会い、血を求め与え合う主従関係を築くまでのお話となっています。エロい要素はありませんが逆にエロという要素を使わずどこまでエロく出来るか限界に挑戦してるのかと疑いたいほどアレな感じ。ぶっちゃけライトJUNEノベルというのが妥当な表現な気がします。帯も軽くBL小説のノリですね。

ワイルドで野生的なレオニール、伯爵に命を捧げる従順な執事・セルバンティス、どうみても妖しいアル中医者ハニーデューク等と伯爵様とのカップリング妄想の余地も大量に(笑)

領民のために死ねないと思ったのにもかかわらず、吸血鬼になってしまったことで爵位を奪われた伯爵について来た使用人3人+セルバンティスの5人のまるで家族のような暖かい関係が実に良いです。まるで父親と母親のようなオースティンとマーゴットも素敵なのですが、ドジッ娘だけど伯爵様を思う気持ちは人一倍なミリアムが凄く可愛い。だからこそ、ベルナンドが他人に触れられない身体になってしまった時のお互いの悲しみは察して余りあるものがありました。

ストーリーは明らかにシリーズ化を前提に作られており、表紙に釣られてなんとなしに買ったんだけど凄く面白かったので続編にも期待。しかし、後書きなんか凄いな…なんか現代世界でキャラクターの座談会とか作者が登場とか、凄い久しぶりに読んだ気がするよこういうノリ…

挿絵については表紙に釣られた割にモノクロ絵はあまり好みじゃなかった?とか色々思うところがありますが、とりあえず作中で何度も何度も“金髪”と描写されている主人公の髪の色が思いっきり白髪で描かれているのは流石に酷いと思います。

ていうか白髪にされると、どうみてもベルナルドが某ジャンプのエクソシスト漫画の主人公にしか見えないんですが。

コメント

  1. 竜胆 より:

    初めて訪問します。
    昨日図書館で見つけてパラパラっと読んでみたんですが(借りなかった)、なぜかその後気になって、こんどちゃんと借りて読もう、と思ってます。
    新しいんですね、かなり。Yahoo!ブックスではレビュー入ってませんでした。それでここへ。
    これってBL?え?違う?みたいなw
    BLはほとんど読んだことないんでわかんないんですけど、この作者さんってホモさんばっかを書いてるってわけでもないんですかね?

    伯爵がかわいいと思いましたが、わたしも表紙の白髪はおかしいと思いました。

  2. うらら より:

    竜胆さんいらっしゃいませ、コメントありがとうございます!
    えーと、イメージ的な意味でライト“JUNE”ノベルとは書きましたが、一応BL小説ではないです。ただ、なにか狙ってるというかどうみても何かを狙ってるというか…漫画だとウィングスとかその周辺に掲載されている漫画っぽいイメージでしょうか。ヒロインとは言えないですが女の子のキャラクターも非常に可愛く描かれている作品で、作者の方も過去シリーズを確認した限りBL作家さんではないようです。判り辛い表現で申し訳ありません…;;

    ただ、直接的な関係はありませんが読者に同性愛的なイメージを喚起させる表現が非常に多いのと、お耽美な表現が多いので、そういう方向が苦手な人にはあまり向いていないのかもしれません。伯爵を主人公ではなく「ヒロイン」だと思って読めなければちょいキツイんじゃないかと思います(笑)実は私も2巻を買ったまま積みっぱなしなので、近いうちに読んでみたいと思っております。

    髪の毛の色は地の文で何気に「金髪」「金髪」と強調されているだけに、イラストとの違いが違和感高めてしまうんですよねー…。