とらドラ9! | 今日もだらだら、読書日記。

とらドラ9!

[著]竹宮 ゆゆこ [絵]ヤス

雪山で大河の本当の気持ちを聞いてしまった。しかし、ようやく学校に復帰した大河は"あの時"のことをはっきりとは覚えておらず、今まで通りの態度を取ってくる。戸惑いを隠せない竜児だが、同じ頃家では進路を巡って泰子とのすれ違いが表面化しており…
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
8巻で散々やきもきさせられた竜児×大河・実乃梨・亜美の関係が少しずつ進展を見せ、漸く……と思ったところで新たな試練が大河と竜児に襲い掛かる、というお話。

何より一番大きかったのはずっと奥歯に物の挟まったような展開だった竜児と実乃梨の関係に一応の決着がついた事でしょうか。このままどっちともつかずにな関係を続けてしまうのが一番不安だったので、竜児が実乃梨への気持ちに決着を付けたこと、実乃梨が遂に竜児への気持ちを隠すことなく打ち明けた事が読者として嬉しかった。決して竜児の言うような「強い」女の子ではない気がするけど、実乃梨のサッパリとした前向きな考えは同じ女としてかっこいいと思う。

そして今まで実乃梨並みかそれ以上に本心を隠しとおしてきた亜美の本音が……なんか普通にけなげ過ぎて泣ける…。大河や実乃梨以上に自分の行動に責任を感じて動けなくなってしまっていたのが実は亜美で。なんでも判ってる、大人の女のように振舞っているけど一番不器用で臆病で純粋なのは彼女だったんじゃないかという気がします。そんな彼女に実乃梨が全力でぶつかっていこうとする姿が頼もしい。ほんと、この子には幸せになってほしいと思う。

実乃梨や亜美が頑張る一方で、今回は大人たちにスポットが当たった話でもありました。竜児の気持ちを見抜いて懸命に進路指導をしようとする独身(30)とか、トボケた言動の裏に様々な気持ちを隠したやっちゃんとか。そして竜児が自らの進路で悩むあたりのやりとりは、なんか殆ど親と衝突しないままなんとなくで大学行った自分としては凄く眩しく映りました。

絡まっていた様々な糸を解いて、一つの大きな山を越えて、見ないフリをしていたお互いの気持ちに向き合おうとした大河と竜児の前に、新たな試練が立ちふさがる……ってえええ、ここで終わりですか!?しかも電撃は12月まで予定出てるから年内には出ないんだよなあ…なんという蛇の生殺し。

とりあえず早く新刊を、新刊を!!

コメント

  1. より:

    バレンタインネタはスルーかぁ(ショボーン)

  2. うらら より:

    バレンタインネタもありましたよー。
    感想記事の中ではおおざっぱなあらすじしと、
    読んで自分が思ったこと・考えたことしか書いてないので
    色々と語らずに飛ばしてるイベントはあると思います。

    その辺は是非、あさん御本人の目で読んで確認してみてください。

  3. より:

    失礼いたしました、ありました・・・m(_ _)m

    最後の30ページ、衝撃の展開に呆然としています

    今は大河が幸せになってほしい(竜児も)、それだけが願いです・・・

  4. 通りすがり より:

    竜児が大河に対して、
    実乃里にされたこと、『想いを無かったこと』にして
    進む話でした。
    それでバレンタインネタで。
    最後には、つづく。。。でしたね。
    竜児たちの高校3年生編はあるのかなぁ。

  5. 秋空翔 より:

    亜美がいつまで経っても報われなくて泣けてきます。
    みのりんが亜美の心の友になってくれるであろうことは信じて疑わないんですが、竜児は果たして彼女の気持ちに気付くときが来るんでしょうかねぇ……。
    何だか9巻を読んだ後だと、竜児と大河の間に付け入る隙がないこと以上に、展開的に亜美の告白が踏み台にされそうで怖いです。

  6. Mr. より:

    自分はちょうど高校生なんですが「よく考えたら俺も将来の事はっきり決めてねー」とか考えながら読みました。それにしてもあんな終わり方で10巻どうするんだろ・・・展開がまったく読めないです。

  7. うらら より:

    長いことコメント欄放置しててすいません!
    一度放置すると色々ハードル高くなりますねorz

    >あさん
    ラストの展開は衝撃的でしたねー。
    ほんと、このシリーズは幸せなエンディングが見れることを祈るばかりです。

    >通りすがりさん
    今の状況で最高潮に盛り上がってしまっているので、3年生編は難しそうな気もします。
    2年の終業式で終わると綺麗なのかなあ、と思いつつ、終わってしまう事を考えるとそれはそれで残念な気がしますね…。

    >秋空翔さん
    私も亜美派なので彼女の報われなさには涙が止まりません…あんなにいい子なのに。
    ここまで来ると流石に竜児が大河を選ぶという展開はあまりにも難しい気がしますが、実乃梨のときのようにお互いすっきりした終わり方をしてくれることを祈るばかりです。

    >Mr.さん
    竜児や大河達と同年代だとまた私達とは違う感じ方がありそうですね。
    私の高校時代はだいぶ前に終わってしまったので恋に将来に悩む彼らが眩しいばかりです。
    続きがどうなるのかとても気になるところですが次は「スピンオフ」が挟まるらしく…まさしく蛇の生殺しですね。

  8. とらドラ9!



    著:竹宮ゆゆこ

    文庫:電撃文庫