セイバーマリオネットJ 10.機械の乙女、生身の乙女 | 今日もだらだら、読書日記。

セイバーマリオネットJ 10.機械の乙女、生身の乙女

[著]あかほりさとる [絵]ことぶきつかさ

なんとかニューテキサスに辿り着いた小樽たちは、ニューテキサス大統領ジョイ・ヒューリックにより先導された住民たちに追い掛け回される事に。そんな一行を救ったのは、シーという名の同い年くらいの女の子。どうやらニューテキサスでは女の格好をした男“オカマ”が流行しているようなのだが、彼女(?)には秘密があって…
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
風雲急のニューテキサス編。小樽(というか家安)ともファウストとも違う方向で「女性復活」を目指すニューテキサス大統領ジョイ・ヒューリックと小樽達が対決するというお話。

読んだ当初はあまり感じなかったけど、今読み直すと重いなあ……シーの境遇とか、クライマックスでニューテキサスが占領されるシーンとか、凄い重い。とはいえ、10巻以降はずっと重い話が続くのですが。

一見“普通の女の子”であるシーにドキドキする小樽と、二人の姿に「女性が復活した後の将来」を重ねて不安を覚えるマリオネット達。ティーゲルたちのもう一人の想い人であるファウストとの邂逅、ヘスの暗躍。そして、これまで小樽たちを導いてきたコピー・ローレライ達とは打って変わって残酷な行動を取った“オリジナル・ローレライ”。クライマックスに続く伏線は全て出揃ったという感じ。2巻3巻の頃からすると、思いも寄らないほど重い方向に話が動いちゃったよなあ。

一応結末は大体覚えているけど、なにはともあれ残り2冊を読むのが楽しみ。