薬屋のひとりごと | 今日もだらだら、読書日記。

薬屋のひとりごと

 

大陸の中央に位置するとある大国。その皇帝のおひざ元にその娘はいた。猫猫(マオマオ)、花街で薬師をやっていたが、現在後宮で下働き中である。けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。まかり間違っても帝が自分を“御手付き”にしない自信があった。そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。存命の二人の御子も重い病と聞いた猫猫は、その原因を調べ始める―。大絶賛されたあの痛快ミステリーが待望の文庫化。中世の東洋を舞台に「毒味役」の少女が宮中で起こる難事件を次々に解決する。(「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

後宮の最下層で才能を隠して無難に過ごしていた主人公の猫猫が、ひょんなことから才能を見出されて皇妃の「毒見係」に取り立てられ、持ち前の薬(というか毒)の知識と好奇心で後宮の中で起きる様々な事件を解決に導いていく。

淡々としたそっけない態度とは裏腹に情に厚い猫猫のキャラクターと、そんな彼女が繰り出す推理が心地良い。面倒なことは徹底的に避けて通ろうとする反面、人買いに売られるという経緯があったとしても後宮での勤めはしっかり任期が終わるまで果たそうとする義理堅さを持っていたり、自傷行為ですら上等なマッドサイエンティストだったり……と、章を追うごとに様々な一面を見せてくれるのが楽しかった。章立ての細かさはいかにも原作Web小説だな〜という感じだけど、その分気軽に読める短編ミステリーになっていて個人的にはよかったです。ミス・マープルとか思い出す。

また、猫猫の才能を見出した美形宦官・壬氏との関係がとても楽しい。最初は胡散臭い美人だった彼がだんだん猫猫の前で素の「男」としての姿を見せていくのが楽しいし、はっきりそうだと描写されるわけではないけどそれとなく気のある素振りを見せる壬氏と、その気持ちの機微に気づかない猫猫の鈍感ぶりにニヤニヤしてしまったり。

壬氏や仕えることになった宮廷の人たちとの交流を持つことで、少しずつ猫猫が後宮勤めに愛着を感じていく姿も良かった。それだけに、クライマックスでの壬氏とのすれ違い具合にはもだもだしてしまうんですけど!なんとか元サヤに収まってくれて(?)良かったなあ。楽しかったです。