すべては装丁内 | 今日もだらだら、読書日記。

すべては装丁内

 

本の装丁の奥深い世界を、現役の作家兼装丁デザイナーが描く! 
「何なの、あのドSデザイナー!」 学央館書房の新人編集者・甲府可能子は憤っていた。 編集長から紹介を受けた装丁デザイナー、烏口曲に企画していた詩集の装丁を即刻で「やらない」と断られたからだ。 曰く、可能子の装丁に対する考えの甘さが原因らしいが……実はこの烏口、理路整然に上から目線で仕事を選ぶ、業界内でも有名なドS&偏屈男だった! 果たして可能子は無事装丁の依頼を引き受けてもらい、本を刊行できるのか? 装丁の奥深い世界、そして今を働くすべての人に勇気をお届けする、お仕事エンターテイメント!

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

現役の装丁デザイナーが描く、編集者の主人公と装丁デザイナーが繰り広げるお仕事モノ。1冊の本が生まれるまでのお話としてもすごく面白かったし、真面目なヒロインと変わり者で頑固な男のケンカップルラブコメとしてもとても楽しかったです。明らかに続きがありそうなお話だったので続きが読みたい…おのれLINE文庫。

お仕事モノとしても、ラブコメとしても楽しい

実績を出せずに燻っていた新人編集・可能子が掴んだ、詩集の書籍化の仕事。挿画家の注文が厳しくて装丁デザイナーがなかなか見つけられず、編集長から烏口曲という男性デザイナーを紹介してもらうのだが、あっさりと断られてしまい…。

一冊の本が出来るまでの物語としても面白かったんだけど、お仕事ラブコメ(?)としても面白かった!生真面目で情熱が空回りしがちな未熟者の編集者の主人公・可能子が偏屈で頑固で自分の仕事に誇りと自信を持っている装丁デザイナー・烏口にある時は振り回され、ある時は彼の姿勢から何かを学びとっていく姿が最高に楽しい。

二人を囲む周囲の人々も良いキャラだった。烏口のアシスタントをしているケイさんも好きですが、興味がなさそうに見えてなにげに後輩が可愛くてしかたがない熱盛先輩好きだなあ。

デザイナーと編集者、ふたりの仕事への「こだわり」

この話の肝はやはり、現役デザイナーが自ら描く「装丁デザイン仕事のお話」。ロゴデザインなんかは割と最近「中の人」が見えるようになってきた感じがありますけど、それだけでは伝わらない奥深いお仕事なんだなあと読みながら改めて。

見栄えを整えるだけではなく、著者の意図を感じ取ってそれに合わせたデザインをする。そのためには本の中身を読むだけでなくて時には著者の故郷に行ったり、バックグラウンドを探ったり…普通の仕事ではなかなか出来ない贅沢な仕事ぶりだとは思うのですけど、たっぷりと時間を掛けたプロのこだわりを肌で感じることが出来るお話でした。そして少しずつ出来上がっていく本の姿にワクワクしてしまう。

そして同時にこの本は、新人編集者の主人公の視点から描かれる「一冊の本が出来るまで」のお話でもある。それぞれに無茶ぶりをする作者や挿画家やデザイナーに振り回される編集者の主人公が四苦八苦しながらも彼ら全員が納得できる本を作るべく、時には会社の事情に立ち向かいながら奮闘する姿が熱かったです。

憧れの編集者になってすぐに花形の第一編集部から変わり者ばかりの「第0編集部」へと回された可能子。自らが編集者を目指した原点に近いこの本を最高の形で世間に送り出したい、と思う反面で鳴かず飛ばずの現状を変えたいと手柄を焦り、時には楽な道で妥協しそうになったり、上司の脅しに屈しそうになってしまう。そんな彼女が烏口に振り回されながらも彼の仕事に対する姿勢に触れ、少しずつ自分の仕事に対する情熱とその初期衝動を取り戻していく姿が印象的でした。

最後に色々ぶちこんできた!!

無事に本が出版されて、めでたしめでたし…と思ったら最後の最後で烏口の過去がチラ見せされたり、可能子との関係性に意味ありげな伏線が撒かれ始めたんですけどーー!?

いやもうほんとうに1巻で綺麗にまとまってるお話…と思っていたら、最後の最後で思い切り続くよって感じの展開になって驚いた。完全にコレ続編前提じゃないですかやだ〜!!続きが読みたい!!

…LINE文庫なんですよねえこれ。本が無くなる前に新刊で確保出来て本当に良かったんですけど続きは難しいのか。電子書籍は版元を変えて?出し直すと聞いたので一緒に続編も出ると良いのですが。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる(0)
  • 面白かった(0)
  • 興味が湧いた(0)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)