H+P(2) —ひめぱら— | 今日もだらだら、読書日記。

H+P(2) —ひめぱら—

[著]風見 周 [絵]ひなた 睦月


次代のお世継ぎを作るため、5人のお姫様たちの“王仕さま”として異世界に召喚された神来恭太郎。しかし、いまどき珍しいほどのカタブツである彼はどんなに誘惑されても彼女たちに手を出そうとしてこない。業を煮やした第三王女・エリスがピコルに相談を持ちかけたところ、リゾート地でのバカンスを提案されて?!
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
5人のお姫様+カタブツ侍少年が織り成すちょっぴりエッチなラブコメ第二弾。今回は「たゆんたゆん」な第二王女・レイシアとツンデレ高飛車第三王女・エリスのターン!挿絵がいちいちエロくて間違っても公衆の面前では開けません!!ていうか本を開いたとたんにカラーページでたゆんたゆん王女が触手に絡まれてるのはどういう了見ですか!!!

海辺のリゾートでオイル塗り、エッチな罠が目白押しのアトラクション、トドメは無人島で二人きり……とお約束すぎるエロハプニングの連続(笑)特にオイル塗りをせがまれて、必死に冷静を保とうとする恭太郎にすごい勢いで追撃をかけていく王女達の姿に爆笑してしまいました。相変わらず頭をからっぽにして楽しめる頭の悪いラブコメぶりが最高です。

わかりやすい高飛車ツンデレ娘なエリスが、恭太郎に惹かれて行く姿もものすごくかわいいのですが、それまでいまいち底が見えなかったレイシアの本音が一瞬だけ覗けたのも面白かった。「世継ぎを作って国を護るために」本人の意思とは無関係に向けられていた恭太郎への好意が、少しずつ本物の好意に変わってく様子が微笑ましい。ラストでメルルがそれとなく二人の変化に気づくシーンも面白いです。

…さてさて、ラストで第四王女が怪しげな動きを見せているのですが次は順番からいっても、このメガネっ娘のターン?いろいろと予想外の動きを見せてくれそうな予感がするのでとても楽しみです。