H+P(9) ‐ひめぱら‐ | 今日もだらだら、読書日記。

H+P(9) ‐ひめぱら‐

 

トレクワーズ王城のとある一室。「恭太郎さまが望むなら、私はどんなにえっちなコトをされても構いません。私と恭太郎さまは夫婦になったんですから…」第二王女・レイシアが潤んだ瞳で、彼を見つめてくる。彼女の言葉で、恭太郎の理性は吹き飛んでしまい、レイシアの胸を…「…はぅっ」とうとう“お世継ぎ”づくりが始まっちゃうの!?その他、王女さまたちの服をハサミで切ったり、スカートをめくりまくったり、組んずほぐれつの運動会が開催されたりと、色んな意味で大暴走―。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 BOOK☆WALKERの完結記念キャンペーンやってた+最終巻のあらすじ見たら大変楽しそうな展開になってたので購入。久しぶりに読んだけど安定のくだらなさ(※褒めてる) この巻数で、基本短編の寄せ集めみたいな構成で、未だにセクハラエロコメのネタが尽きないのは驚嘆に値する……んだけど、カタルギアくんだりまできて過去編としてトレクワーズでのエロコメ回想ばかりしてるなら、ぶっちゃけカタルギア行った意味なくね?作者が心底楽しんで書いてるかんじなのはたいへんよいことなのですが。プロローグとエピローグとピコルの穴以外全部回想ってどゆこと…

 本編は現在お姫様達が敵国に捕まって処刑待ちとかシチュエーションからして萌え的にも燃え的にも美味しいのに、わざわざ回想してまで話を引き伸ばす意味がわからないよ。捕まったヒロインたちが尋問で危機一髪!!な展開とか、捕まっても主人公を信じて待ち続けるお姫様達とか上手いこと隙を見て逃げ出そうとしてねじ伏せられて連れ戻されてもいいし、処刑場に連れて行かれて拘束されるヒロインたちとか、処刑直前に新たな能力or新しい味方を得た主人公が乱入+無双!!みたいな展開あったら燃えるとおもうんですよ!!ここまできたらそういうのみたいじゃないですか!!

 エロコメ的には、若干というかかなりレイシア偏重気味で、すごくおっぱいでした…。初期のエリスやユフィナとのラブコメみたいな展開が普通に好きだったので、天然淫乱おっぱい担当のレイシア様メイン回ってノリが苦手…。ユフィナがただのオチ要員の暴力ツンデレと化し、エリスに居たっては思い出してはツンしてデレるだけのにぎやかしにしか見えない現状つらいなぁ。

 本編の続きは次巻に期待したいけど、それよりも表紙だったアルトの本編空気化が露骨すぎてなんか涙でてきた。