« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

鉄球王エミリー 鉄球姫エミリー第五幕

[著]八薙 玉造  [絵]瀬之本 久史

多大な犠牲を払いながら“血風姫”ことヴィルヘルミーネと彼女率いる暴竜鉄騎兵を撃退したエミリー。しかし、彼女はすぐに圧倒的多数の兵を率いてラゲーネンの最後の砦『河岸要塞』を包囲する。多くの精鋭を失い、各地の貴族達をまとめる事もできていないラゲーネン王国の状況を見て、エミリーはとある奇策を持って彼らを纏め上げようとするが…

   個人的お気に入り度数

ラゲーネン王国vsヴェルンスト王国、『鉄球姫』vs『血風姫』、最大の戦いが描かれるシリーズ最終幕。

もう今回は最初から最後までエミリー姫がかっこよすぎて困った!!“詭弁”ともいえるむちゃくちゃな論法で強引に一度捨てたはずの王座に立ち、寡兵と奇策で圧倒的多数のヴェルンスト軍を翻弄していく姿に惚れる。なんだかんだいいながらも、段々エミリーという人間の男気(女だけど)に惹かれている家臣達の姿にニヤニヤします。猿騎士はつんでr(強制終了)

特に今回は戦闘場面がめちゃくちゃ迫力あって、始終テンション上がりまくり!わらわら沸いてくる敵を、ばったばったと寡兵をもってなぎ倒していく姿が脳裏に浮かぶよう。そして河岸要塞で彼女が起こした最大の「奇策」が成ったシーンはもう、挿絵効果もあって物凄い勢いで漲った。巻を追うごとに大きく成長したグレンの戦いぶりも素晴らしくて、ラストで見せた二人のコンビネーションには胸が熱くなるばかり。

1巻、3巻のあれを覚えていると、もう後はひたすら、「誰も死なないでほしい」と祈るのみだった。特にリカードとセリーナは死亡フラグ立てすぎですから!!最終決戦直前に主人公&ヒロイン以外が突然通じ合うのは死亡フラグなんだぞ!!!ほんとにまったく心臓に悪いよ!!

多くの犠牲を払って手に入れた平穏の中、喪われた人達を思い出させてしんみりさせてくるラストといい、もうほんと文句なしに最高の作品でした。次回作の企画が早くも動いているという事なので、そちらも楽しみにしてます!

こちらの記事もオススメ

  • [著]八薙 玉造 [絵]瀬之本 久史 ラゲーネン王国を襲った惨劇。諸侯から責められる兄・パーシーの姿や、絶望し悲しみにくれるエミリーの姿を見て自らの無力さを実感...
  • [著]八薙 玉造 [絵]瀬之本 久史 ノーフォーク公の3男で、マティアスを「師」と仰ぐグレン。父や兄達の役に立とうと護衛騎士として修行を積む彼に、ノーフォーク公...
  • [著]八薙 玉造 [絵]瀬之本 久史 このままでは皆を護る事はできない…そう悟ったエミリーは、かつて彼女の命を狙い、大切な人たちを奪い去ったグレンの父・ノーフォ...
  • [著]八薙 玉造 [絵]瀬之本 久史 王女ながら自ら大甲冑を纏い、「鉄球姫」という二つ名で呼ばれる少女・エミリーは跡目争いを回避するため辺境の古城で静かに(?!...
  • 放っておけない一匹狼(ローン・ウルフ)?発売:1998.12発行:富士見書房[著]賀東 招二 [絵]四季 童子 ほんとは「疾るワン・ナイト・スタンド」よりこっち...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません