« 3月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋

[著]須賀 しのぶ  [絵]駒田 絹

二学期が始まった。文化祭の出し物を話し合っていた陽菜のクラスでは、覚野が理子の一件以降半ばタブーと化していた「アンゲルゼ」について研究したいと言い出す。最初は彼の行動を否定的な目で見ていたクラスメイトたちだったが、思わぬ人から助けの手が入る。一方、学校に通う傍ら基地での教練を続ける陽菜は、自らの身体に異変を感じて……

   個人的お気に入り度数

もーちゃん……!!!
とりあえず最後のもーちゃんで全部ぶっとんだ!もーちゃんかっこいいよもーちゃん!もーちゃん一途だよもーちゃん!!読書メーターの皆の感想のシンクロぶりも凄いよ!!!

今回は「アンゲルゼ」を初めとして、様々な真実が明かされるお話でしたが、その裏で蚊帳の外にされてしまった覚野や楓が変化を始めた陽菜の様子に、自らの無力さにもどかしい思いを抱きつつ、必死にそして一途に自分の今できる事を模索し、少しでも真実に近づこうとする姿がまぶしかったです。特に様々な方向で屈折した、覚野らしい不器用な告白の言葉にシリアス場面なのにうっかりゴロゴロ萌え転がってしまった。しかし、ラストのあれからいって覚野ルート確定と信じていいのか?今回の湊は露骨にかませ犬ポジションに墜落してた気がするしなあ…

一方で、次第に「未孵化」としても異質な能力と特徴を発揮し始める自分の姿そのものに怯える陽菜の葛藤が悲しかった。最初はギクシャクしていた湊や有紗とも「良いチームだなあ」と思えるようになっていったのに、その矢先に初の実践投入で……という展開。皆で写真を撮ろうという展開の時は露骨に何かのフラグにスイッチが入ったのが見えた気がして、思わず「だめええええええ!」とか思いました。本当に、本当に容赦がない。しかし、覚野以上に不器用な愛情表現を覗かせる有紗さんは本当に可愛いよなあ。

最後は、これまで真意がわからなかった敷島の不可解な態度の理由が明らかになると同時に、陽菜の前にはさらに残酷な未来が待ちうけている事が明らかになって、彼女を今後待ち受けるであろう様々な悲しみを思うと心が痛くなるわけですが、そんな彼女を「人間の」覚野に託そうとする敷島の想いに少しだけ胸が温かくなる気持ちでした。あと1冊で完結だけど、この物語がどのような結末を迎えるのか、とても楽しみ。

こちらの記事もオススメ