« 7月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

デュラララ!!×9

[著]成田 良悟  [絵]ヤスダ スズヒト

池袋を舞台に躍る、歪んだ愛の物語──。 さぁ、みんな一緒に──デュラララ!!×9
「情報屋だかなんだか知らないけどさ。ちょっと目立ちすぎだよね、折原臨也さん? ──でももう二度とお仕事できなくなるしねえ」  東京・池袋。少年少女たちが歪んだ友情の中で抗う中、折原臨也の許に一つの依頼が舞い込んだ。複数の組織に狙われつつ暗躍する情報屋だったが、ついに監禁されてしまう。さらに魔の手は双子の妹たちまで伸びていき……。  不敵に嗤う情報屋が手にした真実とは? 臨也の過去に何があったのか? そして、その時首無し(デュラハン)ライダーは──!?

   個人的お気に入り度数

シリーズ第9巻。池袋の影で起こったある事件と、それと共に語られる中学時代の臨也と新羅が出会ったときのお話。

「人間全てに興味がある」臨也と「人間全てに興味がない」新羅。似ているようで全く違う二人の奇妙な関わりが凄く面白かった!行動の全てが「セルティの為」な新羅をうっとおしいと思いながら、次第に興味を持っていく臨也の心の動きが面白い。ラストで語られる、臨也が新羅に対して抱いたどこか憧憬にも似たような感情が正直クリィティカルヒットなのですが。なにこの二人美味しい!!小学校時代の新羅と静雄のかかわりも気になるところ。

一方、池袋で起こった事件の方も最後までなかなか真相が見えてこなくて、面白かった。麻袋を被せられた人の正体はあれかなこれかな、と色々想像していたんですがなんだかんだでしっかり裏をかかれましたし。意外な人の繋がりや、意外な人の再登場にもびっくり。ていうかちゃんと臨也が憎たらかっこいいの久しぶりじゃないですk(強制終了)(8巻の「鍋」の残念さが忘れられないよ!!)

大人たちが物語の「裏」で引き起こした事件が、「表面」といえる帝人達の物語にどういう波紋を投げかけるのか、とても楽しみです。

こちらの記事もオススメ

  • 折原臨也が暗躍したり、ダラーズが大ピンチになりそうだったり、新キャラ登場だったり……な前後編の前編。 良い意味でも悪い意味でも、後編への種まきという感じで、この...
  • 池袋に集う様々な人々に、『首なしライダー』という面々が繰り広げる群像劇。とある「池袋の休日」を描くシリーズ第四弾。時系列を頻繁に入れ替えながら様々な視点で語られ...
  • 臨也さんが残念すぎてどうしよう可愛い(挨拶) ちょ……おま……本編の話もぶっとぶくらいにエピローグで胸が暖かくなったわ責任とれ!!!とりあえず念願の2人以上鍋マ...
  • 池袋に集う様々な人々に、『首なしライダー』という面々が繰り広げる群像劇第三巻。今回は謎の人斬りの事件をきっかけに「黄巾賊」と呼ばれるカラーギャング達と「ダラーズ...
  • 病院で誰が襲撃してくれるかなとワクワクしている折原さんにうっかり萌えた…… プロローグで「!?」となっていたらエピローグで襲撃者が来てくれたことに大喜びするいざ...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません