« 3月 2018 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ぼくのすきなひと

[著]栗城 偲  [絵]サマミヤ アカザ

塾の特別進学クラスでも成績がトップの小学生・茂永渓は、ある夜、男に殴られていた高校生の七水を助けた。二度と会うことはないと思っていたのに、それがきっかけで七水に懐かれてしまう。手先はとても器用なのに勉強はまるでダメな彼に教授したりするうちに、男だし年上だしおバカなのに…。いつしか七水が可愛く思えてきて!?4年後の二人の続編も収録。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

 「きみがすきなんだ」に続く小学生攻シリーズ(?)の第2弾。前作に登場した冬弥もでてくるよ!

 秀才小学生攻×頭の悪い天然高校生受。わりとぽやぽやしている割に大事な事は抱え込む受の行動に引っかかる部分も覚えましたが、お勉強一筋で恋愛になんか一切興味なかった攻の渓が無意識に可愛らしい独占欲を発揮したり、七水のいないところで自分自身の気持ちにとまどってまごまごする姿がとても可愛かった!「きみがすきなんだ」だと基本が夏月視点だったせいもあって若干冬弥のイケメンぶりにできすぎなところを感じてしまっていたんだけど、初めての気持ちに戸惑いながらも必死に七海を守ろうとする渓の不器用な内面の動きがたまりませんでした。

 そして攻ショタ3人トリオ(勝手に命名)がそれとなしに恋愛相談したり、4年経って同じ年上の彼氏を持つ身としてさりげなく相談に乗ってもらったりこぼしたりするのが物凄い可愛い!!前作で攻やってた冬弥のイケメンショタっぷりは相変わらずでしたが、残りの一角である吏貢のお相手が気になりすぎました。是非とも、シリーズ第3弾として吏貢の話もやってほしいなあ。

 4年後を舞台にした続編は、普通にかっこいい高校生攻として成長した渓の不器用な紳士っぷりにもニヤニヤしましたが、それ以上に七水の発情っぷりでふきだしてしまった。いや、早くシたくて仕方ないのにお互いにいい出せなくて必死に我慢してる2人が可愛すぎるんですが、それ以上に七水……すごく……いんらんです……。

こちらの記事もオススメ

  •  付き合っている彼氏が、自分はあまりそういう事が好きではないのに執拗に肉体関係を求めてくる事に疲れ、落ち込んでいた夏月。隣に住む小学生の冬弥が何かと気を使ってく...
  •  表紙にホイホイされた。後悔はしていない。  極道一家の長男・佳月は姉が郷島組の若頭と望まぬ婚約を強いられている事に腹を立て、郷島組に殴りこむことに。若頭と押し...
  • 可愛くて!!!!どうしよう!!!(挨拶)  完全にしょっぱなから出来上がってる(けどBL的な意味での気持ちの通じ合いはまだの)男子2人が始終イチャイチャしながら...
  • 豆腐メンタル女装攻×ちょっとズルい包容力のある男前可愛い受とかなにそれ俺得  こう、そんなに読んだことないですが、商業BLでここまで的確に自分の萌え属性をついて...
  •  アメリカで大学を飛び級で卒業した青葉は、憧れの大伯父の通っていた全寮制男子校に転入することに。ところが、とあるハプニングから多くの男子生徒達のやっかみを一身に...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません