« 7月 2017 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2

[著]葵 せきな [絵]狗神 煌

いつもの通りだらだらとまったりした時間を満喫する碧陽学園生徒会。しかし、そんな堕落した(?)生活に甘んじる桜野くりむではなかった。
「生徒会も、既存の生徒会と同じ活動ばかりしていちゃ駄目だと思うの!」
そんな生徒会長の言葉を全力で受け流しつつも、生徒会の面々は“新たな活動”とやらについて話し合う事になったのだが…
   個人的お気に入り度数
放課後の生徒会室を舞台に繰り広げられる、ただひたすら登場人物達が駄弁るだけのライトノベル第二段。この物語には剣も魔法も超能力も、明確なストーリーすら存在しない。だがそれがいい。ほのぼのまったりとした空間の中で繰り広げられる、ハイテンションな会話の数々が面白くて、やってることは同じなのに不思議と飽きさせないシリーズです。というか全開よりもギャグのレベル上がってない?

今回は引っ込み思案な少女・真冬が姉の洗脳によりキリングマシーンと化したり、謎の新任美女教師が忽然と登場し、生徒会を最大のピンチに陥れたりします。まあでも次の章には何事も無かったかのように今まで通り(?)の生徒会が展開しているので、いろいろな意味で安心。ほんといろいろな意味でこのシリーズは最後までこのまったりのんびりした空気を保ち続けて欲しいものです。

ストーリーに関しても、キャラに関してもいつも通りなので特に語ることは無いのですが、個人的には毎回最後に挿入される舞台裏的「えくすとら」がツボ。生徒会役員面々の赤裸々な妄想が形となって読めるのが最高です。そして何気に純情少年な鍵の発言にニヤニヤ。エロゲーの濡れ場でクリック連打するなんて真似を自称「目標:ハーレム」な少年がやらかしていると考えると可愛すぎます。やっぱり鍵は総受で。

ちなみに、女性キャラ的にはある意味鍵の最大のライバルと化してきた真冬さんがやはり最高。男性キャラ率が著しく低いこのシリーズで暑苦しい面々を増やすべく、今回も一人奮闘してくれる姿に好感沸きまくりです。今回も彼女の手によって中目黒先輩という新男キャラが登場しますのでご期待ください。

個人的にはエコー・オブ・デス兄さんも忘れないで欲しいです。

「当然です。真冬は、濡れ場より、過程を重視するのです!そこに至る過程が希薄なボーイズラブなど、真のボーイズラブにあらず!」
「真冬ちゃん……。正直、キャラが確定しないのは君の方だよ……」

むしろ真冬さんと1日、熱く語り合いたい。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

5 Comments

  • >むしろ真冬さんと1日、熱く語り合いたい。
    出会ってはいけない二人のような気がします・・・。

    hobo_king |2008/4/23(水) 21:28 | Permalink
  • 生徒会の二心

    生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2葵 せきな 富士見書房 2008-04-19売り上げランキング : 27Amazonで詳しく見る by G-Tools 前巻と変わらぬノリで、それで十分以上に笑えるのって何気にすごいですよね。 動きがあるわけじゃなく、結局のところ生徒会室で駄弁ってるだけな..

    Alles ist im Wandel |2008/4/24(木) 1:17 | Permalink
  • ハッキリ名言はされてないですけど、来月発売のドラゴンマガジンに付く付録はどうやら、その中目黒が主役になりそうな気配ですよ。
    要チェックです。

    ジョン |2008/4/24(木) 17:46 | Permalink
  • >hobo_kingさん
    腐女子同士はお互い惹かれ合うものなのです……
    カップリングが違ったりするとそのまま「よろしい、ならば戦争だ」という事態になったりしますが、その辺は御愛嬌。

    >ジョンさん
    いらっしゃいませ、コメントありがとうございます?。
    な、中目黒主役ですか!?なんか物凄い勢いでドラゴンマガジンを買わなければいけないような欲求に駆られてきました。素敵な情報ありがとうございます!!

    うらら |2008/4/25(金) 3:51 | Permalink
  • (書評)生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2

    著者:葵せきな

    生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2 (富士見ファンタジア文庫 166-8 碧陽学園生徒会議事録 2)(2008/04/19)葵 せきな商品詳細を見る...

    新・たこの感想文 |2008/5/4(日) 21:29 | Permalink