« 6月 2017 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今月のまとめとオススメ本[2008年8月分]

今月の読了本は25冊でした。おお、カウントし始めた2007年1月以降最多記録更新。
「ガーゴイル」のシリーズ一気読みがあったとはいえ、よく読んだものだ……。
コミケ後にロコツにペース落ちたので、現実逃避効果もあったようであります。

2008年8月のページアクセストップ4

"文学少女"最終巻の注目度が高すぎる件について。


“文学少女”と
神に臨む作家(下)
⇒感想

とらドラ8!

⇒感想

アカイロ/ロマンス
少女の鞘、少女の刃
⇒感想

AURA
魔竜院光牙最後の闘い
⇒感想

月初めからぶっちぎりで当ブログのアクセス数の大半を担っていた「とらドラ8!」を「文学少女」シリーズ最終巻がたった3日で追い抜いていきました。ぶっちゃけ、各種まとめ記事系を書いた時と同じくらいのアクセスがあったっぽい。同時期に書いた「夏休みの感想文向けライトノベル」の記事よりもアクセス数高かった……ていうか感想記事にはてブ7userもつくの、初めて見たよ!?でも、その猛烈な注目度に引けをとらない、素晴らしい最終巻でした。野村先生、素敵な物語をありがとうございます!「とらドラ8!」はわたし……正直今後どうなるのかが大変心配です。ラブコメだったはずなのに、このまま暗黒ラノベの1角になってしまったらどうしよう。

暗黒ラノベといえば、「電撃の黒い太陽」こと藤原祐&椋本夏夜コンビの新作「アカイロ/ロマンス」の注目度も高かったです。ヒロインがいきなり○○○という衝撃展開、1巻目から日常大崩壊という二つ名に違わぬ暗黒ぶり。「レジンキャストミルク」よりも明るい感じとか私信じない!いえ大好きですが。

4位5位は世間の話題の的だった「AURA」と「俺の妹が?」が取り合ってました。ロミオが勝ちました。

2008年8月に読んで面白かった本



俺の妹がこんなに可愛いわけがない
⇒感想

H+P(1)
?ひめぱら?
⇒感想

召喚士マリア6 堕天使に安らぎを、真の名に微笑みを。
⇒感想

コードギアス反逆のルルーシュ 生徒会事件簿
⇒感想

毎月、本当にプッシュしたいあたりはアクセス数トップ4の中にはいってしまうのよねー…と思う今日この頃。なんか「そこそこ良作」が多すぎて逆に特出した作品がなかったなあ…。日の目があたらなそうなの中心にピックアップ。

まずは隠れエロゲーオタの妹とパンピーの兄という設定が斬新過ぎる「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」。既に色々なサイトで取り上げられ、話題になってますが自分的にこれは外せない。メタっぷりに焦点があたり気味の作品でしたが、桐乃が人間関係を構築していく過程とかカタブツ父親と兄妹の対決とか…普通に面白い小説でした。腐女子同士の人間関係ネタも「あるあるww」の連続で面白かった。

風見周シリーズを3シリーズも読んだ今月、「女帝・龍凰院麟音の初恋」も嫌いじゃないけど俺、こういうハーレムギャグ嫌いじゃないぜ……というわけで敢えて「ひめぱら」をプッシュする私。ハーレム系のエロコメと見たら物足りない部分も多いでしょうが、あかほり作品とか好きだった私には懐かしい雰囲気でとても好きです。感想サイト界隈の評価が厳しめに感じるのですが、正直「麟音」よりも切実に2巻が出てほしかったりする。

「召喚士マリア6」は一時短編集ばかり発売されて完結するのか勝手に危ぶんでいたので、完結編が読めただけでも嬉しかったりする。ラストの盛り上がりは最高に楽しかったですが、出来ればやはり本編5巻と6巻の間が2年も開いたのは激痛でした…そこだけがとても残念。

そして9月新刊からのフライングで、ルル受大好きな腐女子のみんなに超オススメ!「コードギアス 生徒会事件簿」を押します。スザルルとか好きならこれは読むべき。全く関係ないけどギアスは今週の展開マジですごかったですね……。

検索キーワード(今月は感想文特集ダヨ!)




皆バカテス5巻待ち望みすぎだよ!!
検索経由での突き抜けたバカテス関連アクセスはここ数ヶ月、着実に沈静化に向かっている模様。ヤフーの検索結果からもトップ10から引っ込んだしなー。種類的には相変わらずバラエティ豊かですが。っていうかまあ、この辺とか異常だったんだ明らかに。

しかしそろそろ刊行予定出るよね?10月までは予定が出てるので11月くらいが本命かなあ…10月のコラボアンソロも楽しみです。あと既に「バカとテストと召喚獣6」で検索掛けてる人は気が早すぎると思うのですが。

夏休み的、読書感想文ネタ特集。
数日前、こんな記事を書いた関係で、ここ数日の間に「読書感想文」で検索をしてくる人がちょっと増えました。やはりこの時期は学生さんは大変なんだなあ……と実感。

折角なので、うちに検索で飛んできた人がどんな作品の「読書感想文」を求めてやってきたのか一覧表にしてみました。「○○ 読書感想」となっている検索ワードを抽出して検索回数を数えてます。ちなみにタイトル太字が当サイトの記事で「読書感想文にオススメな10冊」としてオススメした作品。赤文字は「それは題材として微妙だと思う!」(自分基準で例の記事の「危険度」的には★5以上)な作品。

1ミミズクと夜の王12 回
2キノの旅8 回
3図書館戦争7 回
4ひぐらしのなく頃に6 回
5半分の月がのぼる空4 回
5終わりのクロニクル4 回
7DEATH NOTE3 回
7コードギアス3 回
7しにがみのバラッド。3 回
10涼宮ハルヒの憂鬱2 回
10ルドルフとイッパイアッテナ2 回
10空の境界2 回
13坊ちゃん1 回
13天元突破グレンラガン1 回
13鉄球姫エミリー1 回
13今日からマ王1 回
13バカとテストと召喚獣1 回
ミミズクと夜の王」「図書館戦争」は元々検索してくる人がかなり多かったのですが、何気に細かい支持を集めて「キノの旅」が次点。短編で話の繋がりが無い事を考えると、7位「しにがみのバラッド」と共に、確かに読みやすい題材であります。特にキノは寓話的な色が強いから感想文書きやすいかも。私も例のまとめ記事の時に挙げるべきか悩みました(半月とどっちにするか悩んで結局削ったなぁ…)

ていうか4位に「ひぐらし」がランクインしているんですが。いや、実はひぐらしって「読書感想文として先生に嫌われそうな題材を敢えて調理する」というコンセプトでかなり苦し紛れで挙げた一作だったのですが……(正直、危険度4以上はかなり考えるの難しかったのです。「空の境界」でオチをつける予定は元からだったんだけど)

ノベライズ系だと「デスノート」「コードギアス」「グレンラガン」と有名所が盛大に出てきます。デスノートを★4コーナーで取り上げられたのは元々検索掛けてくる人が多かったから…という裏話。「グレンラガン」は出しているのがガガガなので…以前ガガガ文庫の図書館導入セットみたいなのがありましたが、あれがまだ続いていれば普通に図書室に入ってる可能性もありそうですね。危険度は高いけど。しかしギアスか……「コードギアス」はなんか感想文の題材として微妙に危険な香りを感じてしまうのは気のせいでしょうか。

その他、ラノベでは「終わりのクロニクル」「バカとテストと召喚獣」「鉄球姫エミリー」「今日からマのつく?」と、何気に多種多彩。本番シーンが入る「終わクロ」や、女子が提出すると腐女子認定されそうな「今日からマのつく?」は危険度高いと思うのですがいかがでしょうか。でも、終わりのクロニクルはあの厚さ的に、本当に感想文書いたら達成感はありそうです。

「バカテス」は題材としては確かに学生向けだと思うんだけど、「学校に提出する読書感想文」を書けといわれると色々な意味で難しそうな気が……よもや読書感想文で「秀吉モエー!」とか書かないよね?

おまけ。今月の面白検索ワード大賞。

なら、ネコミミメイドにするしかないじゃないか!!
(アス○ン・ザラ声)

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません