嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 善意の指針は悪意 | 今日もだらだら、読書日記。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 善意の指針は悪意

[著]入間 人間 [絵]左

殺人未遂の被害者として入院した僕こと<みーくん>を追いかけて、自分の頭を花瓶で殴ると言う自傷行為に及んだまーちゃんは僕と同じ病院に入院してきた。そして数日後、再び彼女の頭は花瓶と巡り合わされた。今度は誰かの手によって。この状況からまーちゃんを助けるため、みーくんは事件解決に向け動き出すが…
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数

色々な意味で突き抜けていた前巻と比べると大分小さくまとまってしまった印象を受けました。個人的には、「化物語」ばりの軽妙な会話がお気に入りだったので、その会話にキレがなくなってしまったように感じたのは残念で仕方が無いです。あとまーちゃんのヤンデレ具合も1巻のほうが突き抜けていたかも。

ただし、今回は「みーくん」の正体が1巻で明かされている分、それまではなんとも思わなかった「まーちゃんとみーくんのやりとり」がなんだか少しスリリングなモノに感じました。本来持っていないはずの記憶をさも自分のもののように語るみーくんと、時々ただの「頭のオカシイ女の子」ではないんじゃないかと魅せ付けるまーちゃんのやりとりが凄く良かったです。

ヤンデレ・壊れ系としては1巻には及ばないし、ミスリードも今回はすぐにわかってしまう程度のモノだったのであまり面白くなかったんだけど、1巻とは別の方向で面白くなってきた感じ。ていうかぶっちゃけまーちゃん、みーくんの「正体」についてちょっと勘づいてるっぽいような気がしなくもないのですが…

でもやっぱり、元々1巻構成だった所を無理矢理続き書いた感じが否めなかったり。1巻以上のインパクトは早々生み出せるもんじゃないよなあ。あの事件が今回の事件に関してこんな風に繋がっていくとは思いもしなかったけど。あと捜査のためとはいえ、老人虐待は駄目だよみーくん。

コメント

  1. 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん2 善意の指針は悪意』 入間人間

    「わたしのアリバイはどうりょうのかんごしさんがしょうめいしてくれます」
    「いきなり推理アドベンチャーしないでください」
    「なによりわたしにはどうきがありません」
    「だから誰も聞いてねぇっつーの」
    「ふちょうにしゅっせするみこみもありません」
    「それは不当....

  2. [書評][入間人間][嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん][ミステリ][★★★]嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2) 善意の指針は悪意

    嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2 (2) (電撃文庫 い 9-2) 作者: 入間人間 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/09/10 メディア: 文庫 ストーリー みーくんはとにかく嘘つきで、 まーちゃんは壊れてる。 そういうお話・・・なんだけど。 うーん みーくんは嘘

  3. ラノベ365日 より:

    嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2/入間人間

    嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 2入間 人間 メディアワークス 2007-09-10by G-Tools 【殺人未遂の被害の末に入院した僕を追って、自ら頭を打って入院してきたマユ。二人の入院した病院では一人の患者が行方不明になっており、マユはその子の死体を見たというのだが・・・】 ..

  4. あや より:

    左さんの絵がやばい!!
    みーくんカッコいいなぁ・・・マジだけど
    長瀬の絵が萌える(^皿^;)