たまには恋でも | 今日もだらだら、読書日記。

たまには恋でも

 

地味で眼鏡で無愛想な岡崎は、爽やかで男前の先輩社員・椋本に気に入られ迷惑していた。明らかに人種が違うから放っておいてほしいのに、椋本は自分と話していると微妙に嬉しそう。原因はまったく謎だった。ある日仕方なしに一緒に食事をしてみたところ、椋本とは漫画やラノベの話が合うことがわかる。それどころか、実は椋本はけっこうなオタクで、岡崎の言動や見た目が萌えツボだったらしく!?ふわゆるラブ。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

 オタクネタあるある……なネタの数々が楽しかったけど一部「オタクネタあるあ……る……あ……(白目)」だった。

 攻の椋本が凄くイケメン気取ってるんだけど(そして事情を知ってるメンツ以外には確かにそういう部分を一切見せない有能サラリーマンなんだけど)、典型的な空気読めない痛々しいオタクなんだよね。オタクって「この人にはオタク話してもいいんだ!」って思ったら途端に饒舌になるよね。そしてもうその状態になったら自分の趣味を布教するの優先するから空気読めないよね。岡崎が椋本の行動にイラっとした行動の痛々しさも判るし、その後の仲がこじれる課程もなんか色々な意味であるあるすぎて心が痛すぎた。誤解が誤解を生んでどんどん泥沼にハマっていく課程とかもうさ……。呑み会の席ではこじれフラグ立ちすぎて読んでるこっちの胃がキリキリする。

 しかし、仲が完璧に拗れて覚悟を決めた後の岡崎は男前すぎて大変に萌える。コミケ会場で男同士の痴話げんかとかもう本当にご褒美以外のなにものでもないですよ私も群がってた腐女子群のなかに混ざりたい!!なにはともあれちゃんと落ち着くところに落ち着いてくれて本当によかった。

 それにしても、仲直りを兼ねた初エッチでの椋本の言動がオタクすぎてもうふきだすしかない。「こんなことなら昨日西館で女性向けの本を買い占めておけばよかった」「……俺、なんで触手出ないんだろう……」は今年読んだBLの三大迷台詞とかに認定してもいいとおもいます。