転生先が少女漫画の白豚令嬢だった 4 | 今日もだらだら、読書日記。

転生先が少女漫画の白豚令嬢だった 4

 

ようやくリカルドとの婚約を認められ、心も体重も安定してきたブリトニー。これで白豚令嬢の汚名返上かと思った矢先、亡命中の北の王女と遭遇する。自ら「転生者」を名乗る彼女は、前世でブリトニーが読んだ少女漫画には続編があり、このままでは北の国との全面戦争は避けられないと忠告してきて!? ダイエットは成功したけど、まだまだ前途多難みたいです!?

BookWalkerで探す  hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

最大の懸案事項だった処刑フラグを回避したブリトニー。リカルドとは婚約関係に戻ったし、心のバランスとともに体重も落ち着いてきて一安心、と思ったのもつかの間、その裏ではふたたび北の国の陰謀が動き始めていた。久しぶりに王都にやってきたブリトニーを待ちうけていたのは、嫁ぎ先で不遇な扱いを受けているノーラと、「転生者」を名乗る北の王女ヴィーカで……。

ツンツンだったリカルドがこんなにイケメンになって…(ホロリ)
リカルドからのイケイケ攻勢にタジタジなブリトニーが可愛い。リュゼをはじめとした恋敵にヤキモチを焼く姿は微笑ましいものの、物語開始初期のツンデレ…というかツンツンだった頃を思い出すと見違えるように大人な貴族の好青年へと成長して、感慨深さもひとしおでした。というか作中ではブリトニー12歳から始まっていてそこから5年も経っているんですね。男子の成長がすごい……。

素直になれないアンジェラ王女とそんな彼女を理解して受け止めてくれるエミーリャ王子が少しずつ想いを寄せ合っていく姿も印象深い。唯一の懸案事項だったノーラの周辺もある意味上手いこと膿出しができたというか、実家や嫁ぎ先でのトラブルを経て一つ前向きになった彼女の姿が印象的でした。開き直って独りででも生きていく覚悟を決めた彼女だからこそ、幸せになってほしい。

北の国の王女の正体とは──いよいよ明かされる世界の謎。
ノーラの嫁ぎ先での問題、北の国の王女ヴィーカとの出会いにより浮かび上がってくる、この世界の未来たる少女漫画の「第二部」以降の話と世界の成立にまつわる謎。阿片の流行や武器の輸出など、国全体が不穏な気配に少しずつ蝕まれていくような展開が不気味で重苦しい。今巻は特に誰が味方で誰が敵なのかわからない展開が多くてハラハラしっぱなし。

自らの境遇を嘆いて奪い取ろうと足掻くヴィーカと、自らの境遇を少しずつ受け入れ共存することで新たな未来を切り開いていったブリトニーの対比が印象的でしたが、それにしても序盤の繊維談義といい中盤以降の阿片の話といいブリトニーの前世知識が普通に専門的すぎて戸惑う。やはり転生令嬢たるもの専門知識の2つや3つ趣味で持っててなんぼなんでしょうか…繊維の知識とか明らかにちょっとお洋服が好きですくらいでなんとかなるレベルじゃないと思うのですが。

チキチキ!手に汗握る体重リバウンドレース!
王の不在によって揺れる中央の国、姿を消したアンジェラ王女と彼女に全ての罪を着せようとする内通者の存在。裏切り者を牽制し、内通者を抑え、アンジェラを奪還するために実行犯を抑える──という、一連の手に汗握る展開の合間に流れるように挿入される高カロリーの姿とそれが自然に(ブリトニーの胃袋の中に)消えていく流れが秀逸すぎて全く別の意味でも手に汗握らされる。いやもうほんと自然に混入しすぎでは!?無意識ってこえーな!!

前半のエレフィス嬢のダイエットを手伝う話でもありましたが、ブリトニーはストレスを感じると無意識に暴食してしまうタイプであり、どちらかというとエレフィスのような「食べることが大好きなので太ってしまった」タイプではないんですよね。終盤ではそんな彼女の悪癖が存分に発揮されるというか、これは確かに良いこと無いし身体にも心にも良くなくてちゃんと痩せたほうが良い……。

割とこれまで肥満=悪くらいの勢いだった本作ですが、今回は食べるのが大好きなエレフィスとストレス太りのブリトニーを比較した上で「エレフィスのような人を無理に痩せさせる必要はない」という結論に持っていくのが好感度高かったです。いや、エレフィスのタイプだってやっぱその体重は明らかに健康には良くないから長い目でみたら絶対に痩せたほうが良いのだけど…。

それにしても、一度限りのネタになるのでは…と危惧していたダイエットネタがリバウンドを交えつつこんな終盤まで物語にしっかりと絡んでくるの楽しい。色々駆け込み気味の終わり方で完結編なのか?と思いましたがなろうの原作を見たらまだまだ続くようなので、続きを楽しみにしてます。