オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど!2 | 今日もだらだら、読書日記。

オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど!2

 
雪子

同人女子とドルオタ男子の、偽装結婚から始まる楽しすぎる結婚生活、その続き。
相沢咲月はドルオタで同僚の滝本さんにプロポーズされ、無事籍を入れる。 結婚式の写真も撮りすっかり新婚ムード。趣味も近くて、お互いに理解のあるふたりの打算で始めた偽装結婚は、徐々にかけがえのない本当の結婚へと変わっていって……。 超打算で結婚した咲月と、打算の顔して実は咲月がずっと好きだった滝本さんの偽装結婚――から本当の結婚になる、ふたりのオタクの話、第2弾。

苦手意識しかない実家に、偽装結婚相手である滝本と共に帰省することになった咲月。ところが、滝本の徹底的なリサーチや気配りによって今年の帰省はいつもよりも居心地が悪くなかった。帰省の帰り道、偽装結婚から始まった二人はついに正式な夫婦になって……。

本当の夫婦になっても変わらぬ距離感がとても良かった

偽装結婚から始まるオタク男女の適切な距離感が保たれた上質な同居生活、シリーズ第2巻。しょっぱなから第1巻から続く形で咲月の実家の話が描かれて色々な意味でしょっぱなからクライマックス感凄くてどうなることかとおもったけど、本当に安心の滝本さんのリサーチ力で感心してしまった。地方にある古い体質の家の中で立場も肩身も狭い子、という問題を好きなアーティストや舞台俳優の話題から切り開いていくのオタクならではの感覚だなと思ったし滝本さんのリサーチ力が強い。その他の場面でも細々と気を回してくれるのが伝わってきて、そりゃ咲月も惚れてしまうわよ……。

実家編を境に偽装夫婦から本当の夫婦に……ということで、恋愛感情を交えることで1巻で感じた心地よい関係性が崩れてしまうのでは?と少しだけ心配をしていたのですが、引き続きお互いにオタクとしてのパーソナルスペースが保たれた、無理のない距離感で付き合っていくのがすごく良かった!個人的に一番共感したのは『朝は昨日の夜流れたツイッターのタイムラインをチェックしたりしたいから一人のほうが気楽なので基本的に別々』ですね。本当にわっかる〜!!!!!

その一方で、互いを名前呼びするところから始まって、出張で離れ離れになってお互いの存在の大きさを実感したり、会社の中でも公認の関係になったり……と一歩一歩夫婦として距離が近くなっていくのが気持ちよかったです。一緒にいるために自分の楽しいことを犠牲にしているわけではなくて、大好きな相手のために何かをすることが「とても楽しい」だから一緒にいる時間が増えていく……という、まさしくタイトル通りの生活なんだよなあ。パーソナルスペースは保たれたまま、そのパーソナルスペースの一部が重なる感覚というか。「咲月に似合いそうな洋服を買ってあげたい」滝本と「着るものに拘りはないけど滝本が喜ぶならいつもと違った格好をしたい」咲月、といったように互いのフィーリングがバッチリ合うというところも多分にあるのだけど、とにかくこんな生活だったら他人と暮らすことも悪くない、と思わせる展開が多くてこちらまで幸せな気持ちになってしまった。

というか、1巻では咲月への恋愛感情をひた隠しにしてきた滝本が少しずつ遠慮しなくなっていくのが大変微笑ましいですよね。家庭環境的に他人により掛かるのが苦手な滝本が少しずつ咲月さんにも自分の荷物を持ってもらうようになるまでの過程も大変良かったですが、「エロ隆太」さんとか、笑うしかない。いやほんと、我慢しなくてよくなってよかったねぇ…。

相変わらずオタ活描写も楽しい

二人でイチャイチャする時間が増えていく一方で、オタクとしての活動もしっかり描かれていて楽しい。1巻であまり生きてなかったように思うボカロP設定がここぞとばかりに出てくるのも楽しかったし、咲月さんがおかっぱ男子好きが嵩じて昔のアニメのおかっぱキャラの同人誌作る流れには思わず笑ってしまった。他の作品は伏せ字対応なのにガンダムSEEDだけまんまなのはやっぱりKADOKAWAから出版されてるからなんだろうか……私もおかっぱというとアスランじゃなくてイザークを連想します。

個人的にデザロズ周りの話が好きなので今回あまりデザロズ関係の話がなくて残念だな……とおもっていたら28話の咲月が滝本にデザロズ絵を描いてそれがうっかりバズる話がなかなかデザロズ的に濃厚で超満足。今回はデザロズといい従姉妹の樹里ちゃんのVtuberプロデュースの話といい、前巻よりももっと踏み込んだ形で夫婦で一緒にオタ活してる描写が入ってきたの楽しかったです。それにしても滝本さんは本当に有能Pだな……。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる(0)
  • 面白かった(0)
  • 興味が湧いた(0)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)