声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい? | 今日もだらだら、読書日記。

声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい?

 

問題児だらけの声優プロジェクト始動! 夕陽とやすみはリーダーできる!?
 アイドル声優プロジェクト『ティアラ☆スターズ』始動! アニメ・ゲームにラジオと展開盛りだくさんな企画の幕開けは、選抜ユニット同士の対抗ライブ。先輩声優も参加する中、リーダーはなんと――夕陽とやすみ!? 「なぜ、あなたがリーダーなんですかね」  やすみ率いるユニット“ミラク”に、芸歴8年目の先輩(?)小学生声優・双葉ミントは不満たらたら。 「勝ち負け、って考えは変じゃない??」  さらに年上の新人声優・飾莉とも心がすれ違って空気は最悪。夕陽率いる“アルタイル”との差も開くばかり。でも――。 「勝負しましょう、歌種やすみ」  傍にいなくても、夕陽への闘争心が力をくれる! 問題児揃いのチームをまとめ、やすみは一回り大きくなれるのか!?  新ウラオモテ声優も続々登場の、熱すぎる青春声優ストーリー・第6弾!

大型アイドル声優プロジェクト『ティアラ☆スターズ』に参加することになった夕陽とやすみ。このプロジェクトではライブ毎にユニットを組み換えてバトル形式でライブを行うということで、初回のライブではやすみは“ミラク”、夕陽は“アルタイル”というユニットに別れて対決することに。しかもコーコーセーラジオを聞いていたプロデューサーの采配で、ふたりは各ユニットのリーダーとして抜擢され……!?

年上の「後輩」と年下の「先輩」と

前巻は才能ある後輩に圧倒されてしまう二人と、そんな二人がそれでも「先輩」として彼女を支えるお話だったけど、今回は先輩後輩含めた問題児──というか扱いの難しいメンバーだらけの中でふたりが「リーダー」としてどう立ち回るか、というお話でした。今回の話、5巻の限界アニメ現場と同時に発生してたの普通にやることが多くないですか……やすみの崖っぷち声優描写が印象強かったので「お仕事増えてよかったねえ」という気持ちも結構あるんですが……。

やすみが率いるグループのメンバーになったのが先輩の柚日咲めくると、元子役で声優としても大先輩になる小学生の双葉ミントと上京してきて実家からの支援もなく生活が不安定な年上の新人声優・御花飾利。ライブに向けて自主練を組もうとしたやすみは、ミントと飾利が練習量について対立するのを上手く抑えることが出来ず、早速苦しむ羽目に。社会に出て10年もしたら年下の部下や年上の上司なんて腐るほど出てきますけど、業界ではよくあることとはいえまだ年功序列感の強い学生の立場で「年下の先輩」や「年上の後輩」って普通に付き合い方が難しいですよね……しかもそのふたりが正反対の方向で自分の立ち位置や今後について拗らせていたから余計に。

これまでの物語で様々な経験をしたやすみがかつての自分と同じような、不安定な立場の新人声優である飾利の口からかつて自分の行動と「夕暮夕陽との対決」に執着している現在の自分について非難され、夕暮夕陽裏営業疑惑の時の自分の行動について改めて向き合うという展開がとても良かった。これ事件の直後だったらこんなに冷静にかつての自分の行動を振り返ることは出来なかったと思うし、狭い視野のまま自らの行動を正当化していたかもしれないし、相談できずに抱え込んでいたかもしれないし、なんなら飾利からの強い言葉を受けて立ち直ることができなくなっていたかもしれない……と思うんですよね。厳しい言葉にショックを受けながらもそれを抱え込む事なく、あの時の行動が決して正しかったとは言えない、それでもかつての失敗を経たからこそ今の自分が居るのだと答える姿に「声優・歌種やすみ」の成長を感じて胸が熱くなりました。また、敢えて敵味方に別れて対決することで改めて夕暮夕陽という「相棒」のありがたさを感じてしまう展開が、とても良かったです。

ただ、今回は良くも悪くも「アイドルコンテンツ声優ライブ」の話なのにアイドル声優としての話に終始していて、序盤でこの手のコンテンツの「キャラクターと声優が融合するライブの特殊性」について語られたのにもかかわらず完全に元になっている作品側の設定が見えなかったのが少し残念だな……やっぱアイドルコンテンツの声優ライブって歌やダンスの良さも勿論なんですけど、どれだけ声優さんがコンテンツを理解してそこに寄せてくれるかが楽しみの一つだと思うんですよ。ただ声優の歌とダンスがうまけりゃ良いってもんじゃないんだよなあ…………次巻もこのコンテンツの話になるっぽいし、アニメも始まるのでそうするとまた少し掘り下げられるのかもしれないけど。

あいかわらずめくる先輩(改め一般女性の藤井杏奈ちゃん)が可愛い

もう本当に今回はユニット唯一の先輩枠であっためくる先輩の存在が頼もしくてたまらなかったんですが、そんな話の中でめくるがやすみに協力する見返りとして「ただの1ファンとして“歌種やすみ”に接したい」と願うエピソードがめちゃくちゃ好きでした。柚日咲めくる改め一般ファンの藤井杏奈ちゃんが憧れの歌種やすみを目の前に完全に早口オタクになってしまうの可愛いがすぎる。今回は素の彼女を知らない後輩声優が多かった関係もあり、クールでデキる先輩としての「柚日咲めくる先輩」としての印象が大きかっただけにそのギャップにニヤニヤしてしまいました。いやほんとめくる先輩可愛いよな!!!!

そして次回のライブはまさかの桜並木乙女を筆頭にした先輩コンビvs夕陽・やすみと後輩達のチーム対決。作劇としては面白いんだけど、ライブという声優自身の技量が問われるイベントでそこまでの力の差が出るユニットくんじゃうのって控えめに言ってヤバヤバでは!?アニメがある分キャラクター人気である程度その差を埋めることも可能かもしれないけど、新人チームの中でも随一の力量を持つ高橋まで相手チームに居るのマジで容赦ない。ライブバトルという設定なのに勝てそうな見込みがなさすぎる。

今回の時点でも危惧されていた、対戦形式にすることで「各ユニットの力量差がはっきり出てしまって片方が霞んでしまう」問題が現実のモノとして迫ってくることになるの必須の展開で、色々な意味で次巻がどうなるのか。楽しみだけど心配でたまらない。


記事への反応
なにかあれば
  • わかる(0)
  • 面白かった(1)
  • 興味が湧いた(0)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)