まとめ | 今日もだらだら、読書日記。

まとめ一覧

上半期の読了報告&第三回オモシロ検索ワード

bk1のブリーダープログラムが終了とのことなので、最新2か月分の記事のリンク先を変更するついでにちょっと記事前半部分のデザインも変更。ブリーダープログラムが終了するのも残念ですが、「簡単リンク君」も一緒になくなるというのが残念でなりません。めちゃくちゃ便利だったのに…。

とりあえず以前から別サイトのほうで登録していたA8さんに乗り換えましたが、こんな弱小サイトでアフィリエイト代が5000円になるなんて、一体どれだけ気の長い話になるんでしょう。別ジャンルサイト用に契約しているレンタルサーバーのアフィリエイトでうっかり誰かがレンタルサーバー契約してくれるのを待つしかないような予感がします。

というわけで、2007年も半分終了したので軽くまとめ&恒例の検索ワードネタでも。

2007年上半期読了冊数

 2007年1月:16冊
 2007年2月:17冊
 2007年3月:11冊
 2007年4月: 7冊
 2007年5月:17冊
 2007年6月:14冊

    合計:82冊

感想を書いたのが82冊、後感想を書いていない「スレイヤーズ」の短編が2冊だか三冊あるので正しくは85冊前後って感じです。3?4月のスパロボWや逆転裁判4をやっていた所為でペースダウンした時期に普通に読めていれば3桁も夢じゃなかったかもとか考えるとちょっともったいない気分ですが(笑)

やっぱり世間のラノベ感想サイトさんから比べるとぜんぜん少ないですが、これ以上ペースを上げると感想を書くのが追いつかなくなりそうなのでこのくらいで丁度良いのかなあという感じがします。ところですいません、deltazuluさんの読書記録見て爽健美茶噴出しました。

今月の人気検索ワード(作品別)

■嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
色々な意味で注目の問題作でしたね。記事別のアクセスランキングでも堂々の1位。
しかし、月末に戯言シリーズ読んで、改めてみーくんのいーちゃん度は高すぎると思った。

■おと×まほ
先月からの連続入賞。むしろランクを上げている件について。
女装少年TUEEEEEE!!!!!

■レジンキャストミルク7
今月の読書記録は正直「レジンキャストミルク」と「きるらぶ」抜きには語れません。
ちなみに記事別アクセスランキングでも3位でした(2位は「きるらぶ」)
殊子先輩が…もうほんと今回は泣いた…。


以下、オモシロ検索ワードのコーナー。




続きを読む


「このラノ2009」を見て「性別秀吉部門」をねつ造してみた

ふとこのラノを読んでいたら、これまで無効票扱いだった「性別を間違えて投票してる票」が「総合部門」のみランキングに反映されていることに気づいたので一部で密かに待望されている「このラノキャラクター人気ランキング:秀吉部門」を勝手にねつ造してみました。

得票数が一部除きとても少ないので普通に男女欄間違って投票してしまった人の票が混ざってるんじゃないかという予感がしますがまあその辺は冗談企画なのでお許しください。「こいつが入っているのはおかしい!」という意見は受け付けません。

「このラノ2009」編集部の皆様ごめんなさい。

4796666958■参考文献:このライトノベルがすごい! 2009このライトノベルがすごい!編集部
宝島社 2008-11-22

by G-Tools

■集計対象:「このラノ2009」でキャラクター部門にランクインした上位50人
■得票数集計:総合結果から男女別部門に書かれている得票数を引いて計算しました。
■誤性投票率:「異性部門で獲得した票数÷総得票数」で算出してます。



「性別:秀吉部門」ランキング

第1位 : 木下秀吉 (バカとテストと召喚獣)
[性別 : ] [得票数 : 153pt / 68票] [誤性投票率:28.22%]
このラノ2008の男子キャラ部門初登場4位、2009では遂に男子キャラ部門を制覇した魅惑の第三の性。数々の男性ファンを間違った道に突き落としたラノベファン総性倒錯化の元凶とも(言い過ぎ)。昨年のこのラノでも女子部門41位という快挙を達成したキャラとして話題になりましたが今年は更なる快挙を……真実は是非「このラノ2009」本誌をお取りになって確かめてみてください。

 

第2位 : 白姫彼方 (おと×まほ)
[性別 : ] [得票数 : 9pt / 5票] [誤性投票率:12.2%]
秀吉と並び男性ファンの多い、いわゆる「男の娘」。美少女にしか見えない容姿とは裏腹に、作中ではかなりのオトコマエなパワーキャラの一面を覗かせるときも。1位の秀吉ほどの圧倒的なパワーはなかったものの、全キャラクター中32位、8人に1人は女性で投票しているという勘違われっぷりで2位獲得!

 

第3位 : キノ (キノの旅)
[性別 : ] [得票数 : 7pt / 3票] [誤性投票率:2.97%]
女性部門からは電撃文庫の代表的人気キャラ・キノがランクイン。少年のような口調と中性的な容姿というかナイムネから、当初『少年』と間違えた人も多いのでは?彼女の過去を描く短編でははっきりと「女性」として描写されていること、そして何故か魔女っ子コメディ化している「学園キノ」の影響で最近は女性キャラとしての認知が高まった印象がありますが、堂々の第三位。

 

第4位 : 上条当麻 (とある魔術の禁書目録) [性別 : ] [得票数 : 5pt / 2票]
第5位 : 御坂美琴 (とある魔術の禁書目録) [性別 : ] [得票数 : 4pt / 2票]
アニメも放映中の「禁書目録」主人公&サブヒロインコンビが仲良く2票ずつ獲得。美琴は確かにオトコマエ娘ですが…やはり投票欄の書き間違えが2人居ただけかも?でも時々、何故かうちのアクセス解析に「上条当麻 女体化」というワードが引っかかってるのでどっかで流行っているのかもしれない。とーまにょたいか。

 

第6位 : 吉井明久 (バカとテストと召喚獣) [性別 : ] [得票数 : 3pt / 2票]
第三の性別・木下秀吉を産んだ「バカテス」からもう一人、主人公がさりげなく2票獲得。近頃では女装姿が一人歩きでクラスメイトに女子として換算される場面もあったりなかったり。
それにしても、コラボ小説の「コノハちゃん」といい井上先生は性別不詳の"男の娘"を描くのが上手いですよね…。
ドラマCD バカとテストと召喚獣

得票数1票

…ここまでくるともう、ほぼ間違いなく回答欄の書き間違えだと思うんだ……

キャラクター名(作品名)性別票数コメント
クルーエル・ソフィネット
黄昏色の詠使い
3pt / 1票どちらかというと主人公のネイトの方が…
みーくん
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
2pt / 1票確かどこかで女装ネタとかあったし、本名が女性っぽい影響でしょうか…。
坂井悠二
灼眼のシャナ
2pt / 1票そういえば最初割と可愛らしい美少年だったような気が。
最新刊の挿絵見てビビりました。
一方通行
とある魔術の禁書目録
男?2pt / 1票鈴科百合子のことですね、わかります。
薬屋大介
ムシウタ
2pt / 1票上手い言葉が思いつかないのでノーコメント。
クルツ・ウェーバー
フルメタル・パニック!
1pt / 1票本編で既成事実があるから普通に男性だと思うよ!
 
番外編:ランク外な性別不詳キャラ
これだけではなんなので、ついでに個人的に期待大な性別不詳キャラをざっとまとめてみた。
※女装・男装姿の関係で異性と勘違いされているキャラは除外しています。女装キャラについてはこちらに詳しいまとめがあったり
続きを読む


遊び心溢れるラノベの装丁をまとめてみた。

という訳で漫画でやっててラノベが未到達or定着してないデザイン上の遊び心を幾つか挙げてみます。


じゃあその「未到達」なラノベにはどんな遊び心あふれる装丁があるのか!ということで、カっとなってまとめてみました。
いえ、単純に、「マンガの面白い装丁」を「ラノベの面白い装丁」と比較するなら、どうせなら記事を読む側の人も両方ともの情報をもった上で比較してほしいなあ、と思っただけなんです。もちろん記事を書いた人は「ラノベの面白い装丁」についての知識はあるんだろうけど、そういうのを知らない人にラノベにも面白い装丁はあるよ!って言いたかっただけなんです…。さすがに他社を跨いで連結表紙とかないけど!(いやでもこれは単に他社を跨いで同じ作者×イラストレーターのコンビが活躍するという事例が殆ど無いからじゃね…?って思うんですけど…少なくても、私はそんな事例知らない。)

自分が読んだ範囲でのまとめなので、大量に抜けはあると思いますが、その辺はご容赦ください。
※書影をクリックするとamazonのページに、その他の画像をクリックすると拡大されます。
続きを読む


少年向ラノベで男子ピンな表紙をひたすらならべてみた。

タイトルの通りそのまんまです。
「生徒会の五彩」で杉崎鍵が単独表紙を取ったのがとてもとても嬉しかったので、ためしに世間で希少といわれている男子キャラが一人で表紙を独占した少年向けラノベをレーベルごとにひたすら集めてみました。
本当に集めただけ!(解説など する余裕は ない)

ちなみに、自分の読んだ本+ついったーで情報提供いただいた本+電撃文庫とファミ通文庫の2008年度目録に掲載されている本の中からチェックしたので、電撃文庫に偏り気味なのは仕様です。情報が少なめだった富士見ファンタジア・角川スニーカー等で心当たりのある人は、是非コメント欄かはてなブクマあたりでご指摘お願いします。
ちなみに、少女向けレーベルの男子・女子単品表紙については月季さんがまとめてくださってますのでこちらをどうぞ。

ちなみに画像はamazon、bk1、楽天市場の3箇所が混在。
この3箇所回って書影のない本は基本的に諦めた…
もっと書影を!書影を!古い作品の殆どに書影入ってないのがとても悲しい…

※幾つか挙げてなかった作品の指摘を戴いたので、角川スニーカー文庫の項目を追加しました。

画像が物凄く多いので以下格納↓
続きを読む




ライトノベル春の100冊フェアを勝手に捏造企画に便乗した

絵空さんの「ライトノベル春の100冊を勝手に捏造企画」に便乗。
角川春のライトノベル100冊フェアに便乗して「角川も春も関係ねえ!!俺のお勧めの100冊を読めエエエエ!」と叫ぶ企画です。基本的に1作者1シリーズ縛り、レーベル問わず(ただしティアラ文庫やBL系は除く)で選出しました。

完結作品は意図的に途中までしか選んでません。
「ここまでは読んで欲しい」「ここまで読んでハマらなかったらもういい」くらいの心持ちで選んでます。
ややなんで打ち切られたし系多めなのは仕様です。
初心者向けとかそういうことはありませんむしろクロウト向けの面持ちあり(特に電撃文庫)

見たい人は続き読むからどうぞー。
続きを読む


【ラ管連るっ!】スタート:「今日だら」号

今ラノベ感想サイト界隈で流行らしい平和さんテンプレをうちでもリスペクト!!
……いえ、なんかやらないといけないような気持ちにかられたので。

あわせてよみたい

ご挨拶

はじめま(以下略)

読書傾向について


さて、本題のオススメ紹介に入る前に私の読書傾向などについても簡単にご説明をさせて下さい。私がライトノベルを読み始めたのは1995年頃、スレイヤーズやあかほりさとる世代 ((オーフェンは読んでなかったので割愛)) です。学生時代に大いにハマった後、暫くはメディアミックス作品ばかり追いかけていましたが、「ブギーポップ」「キノの旅」を代表する電撃文庫全盛期時代にどっぷりと浸かりこみ ((だがしかし元凶はその2つではなく「ダブルブリッド」だった)) 、現在ではディープな勢いで読みふけっています。

読む作品の傾向としてはまず基本として熱血と厨二と異能が大好きで、ハーレムハーレムしたただのラブコメ ((当ブログのMFJカテゴリの記事数が異様に少ない元凶とも)) とかでなければ美味しくいただけます。最初の頃は角川スニーカー・富士見ファンタジア文庫が中心でしたが、今はすっかり電撃文庫がメインに……なったと思いきや最近はファンタジア文庫にすっかり原点回帰中。苦手分野はラブコメ時空の強いレーベル全般。面白い作品も多いのですがどうしてもハードルが高くなってしまいます……。

ちなみに最近は富士見ファンタジア文庫の「東京レイブンズ」やメガミ文庫「魔王様げ?む!」、ビーズログ文庫の「死神姫の再婚」が面白かったです。電撃文庫の「境界線上のホライゾン」は全裸をこよなく愛する皆さんには大変オススメですので各自紳士の皆さんは今すぐレジに走ると良いと思います。

マイ・ベスト・ライトノベル


ラノベ関係のオフ会以外で初めてお会いする方にライトノベル遍歴を話すとかあまりない気がするのですが、とりあえずすぐに挙げる作品が3つあります。「セイバーマリオネットJ」「ダブルブリッド」「フルメタル・パニック!」の3つです。

4829129018SMガールズ セイバーマリオネットJ〈12〉
愛・乙女 (富士見ファンタジア文庫)

あかほり さとる ことぶき つかさ
富士見書房 1999-07

by G-Tools

ラノベにハマった黎明期に読んだシリーズというと「スレイヤーズ」「小説TWINSIGNAL」「セイバーマリオネットJ」の三択なのですが、一番未だに思い入れの強いシリーズはこれかなあということで。感情を持った機械仕掛けの乙女達と世界をかけた恋愛をすることになった普通の少年の物語。ただのハーレムラブコメかと思っていたらどんどんディープに、重たくなっていったのが印象的でした。個人的マイベストは5巻と12巻。

余談ですが、人生で一番読み返した小説はノベライズですけど「小説TWINSIGNAL Vol.2 仮想の未来」だと思います。人生で一番読み返した本だと思うし、今後この小説よりも読み込む小説は金輪際現れないんじゃないかなあと思います。愛すべき人を失った電子生命のお話で、原作コミックスを知らない人にもオススメ。

4840214174ダブルブリッド (電撃文庫)
中村 恵里加 藤倉 和音
メディアワークス 2000-02

by G-Tools

ライトなラノベ読みだった私をディープなラノベ道に突き落としたシリーズ。「アヤカシ」と人間の狭間の存在・『ダブルブリッド』である主人公・片倉優樹と彼女を憎み、慕い、のちに傷つけようとする男・山崎太一郎の物語。4年越しの新刊発行・完結の報せを聞いた時には飛び上がって喜んだのも懐かしい思い出です。

ところどころに激しい「傷み」の描写があり、なかなか人には布教しづらかったりもするのですが…でも大好き。

4829128399戦うボーイ・ミーツ・ガール—フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)
賀東 招二 四季 童子
富士見書房 1998-09

by G-Tools

今、一番完結が待ち遠しい作品。数年ぶりに新刊発行とシリーズ完結の告知があり、ラノベ好き界隈では話題性も高いこの作品。ラノベジャンルでは比較的珍しい?ロボットアクションというジャンルの魅力を存分に生かした熱いバトル展開の数々と、打って変わった学園パートでのドタバタ具合が最大の魅力です。ていうかこの作品の魅力については大手の人が存分に語っておりますのでそちらを参照すればよいのではないかと思いますのでとりあえず「アニメ4期マダー?」「スパロボ据え置き機参戦マダー?」「完結編タノシミー!」と叫んでお茶を濁したいと思います。

ちなみにだいぶ余談ではありますが、この作品の主人公である「相良宗介」は数あるライトノベル作品でも屈指に好きな主人公です。彼の持つ重い過去やプロの傭兵としてのプロフェッショナルな仕事振りやそれとは対称的な学園生活でのヘタレっぷり、そして「傭兵」としての自分と「ただの男」としての自分に葛藤する姿など……とりあえず好きなものは好きなんだからしょうがない!彼はシリーズ中でいつでも光輝きまくってますが、彼の幼少時代の語られる「極北からの声」は今でもお気に入りの作品のひとつです。 ((以上、この段落まるごと大手の人のテッサ語りの改変コピペなのであった))



え?なんでここまできて「バカテス」が出てこないのかって?

4757733291バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
井上 堅二 葉賀 ユイ
エンターブレイン 2007-01-29

by G-Tools

……いや、あまりにも今現在進行形でフィーバーしてる作品って、熱が落ち着いた後じゃないとこういう「マイベスト」には入れたくなくないですか。あと2年もすればマイベストラノベとして君臨してるんじゃないかなあという気がするのですがなんかこう、今ここに入れてしまうのは……違う気がします!!

今一番フィーバーしてる作品、といえば間違いなくこれなのでとりあえずこれに今一番ハマってますよ、と紹介だけしてみます。

あわせてよみたい : 読書遍歴を振り返る流れに便乗する その1(小学時代編) :https://urara.tank.jp/log/eid1229.html


「まどか☆マギカ」にかこつけてオススメする、魔法ラノベ5選+α

「魔法少女まどか☆マギカ」を見ている人に魔術師・魔女っ子繋がりでラノベを布教してみます。おもいっきり二番煎じだけどネタも2つしかかぶってないので気にしないことにした。反省はしているけど謝らない!!

独断と偏見が大量に含まれているのであまり深く突っ込まないでください。選出基準はその場のノリです
一個ラノベじゃないのまざってますが気のせいです。幻覚です。

併せて読みたい:「まどか☆マギカと魔法少女ラノベ」(koto-pinionさん)


第1話「その名前を見た、ような……」

Fate/Zero
原作:TYPE-MOON / 著:虚淵玄 / 絵:武内崇   →感想

「まどか☆マギカ」の脚本家こと虚淵さんが手がける「Fate/stay night」の前日譚。7人の魔術師達が繰り広げる、「聖杯戦争」という名の殺し合い。「Fate」ならではの熱いバトルと、「stay night」にはない容赦ない展開の数々が魅力。とっても血みどろです。
同人版1巻のあとがきを読むと、今後まどかマギカがどんな欝い展開になっても「虚淵さんだから仕方ない」という気分になれるので超オススメ。
amazon.co.jp
 

第2話「続きが読めたらとっても嬉しいなって」

ぼくと魔女式アポカリプス
著:水瀬葉月 / 絵:藤原々々  →感想

喪われた種の復活を願う魔術師達の依代『代替魔術師』となった主人公達が、生き延びる為に他の魔術師達の持つ“根源闇滓(ルート・アンシィ)”を奪い合うというお話。……というとわかりづらいのでQBさんに説明していただくと
ノ(????)し 「生き返らせてあげるから僕と契約して魔女になってよ!」(力を使う代わりに代償あるけどそんなの些細なことだから説明しないよ!)(定期的に他の魔女を倒さないと死んじゃうから頑張ってね!)(他の魔女達と最後の一人になるまで殺しあってね!!)
というお話です。だいたいこれで間違ってません。
amazon.co.jp
 

第3話「もう犯罪なんて怖くない」

アンチ・マジカル?魔法少女禁止法?
著:伊藤ヒロ / 絵:Kashmir  →感想

数々の「魔法少女」が生まれ、そしてとある事件をきっかけに法律で禁止された社会。非合法となった「魔法少女」を未だ続ける「おしゃれ天使スウィ?ト☆ベリー」(23歳)と、彼女に憧れて魔法少女の弟子となった少年・佐倉真壱のお話。実在の魔法少女作品を多数オマージュしながらもどこまでも登場人物を追い詰めていく容赦ない展開が凄いです。同年代の魔法少女アニメ好きにオススメしたい気がしつつも、お勧めしてよいのか悩む一冊。
amazon.co.jp
 

第4話「女装も、TSも、あるんだよ」

おと×まほ
著:白瀬修 / 絵:ヤス  →感想

マイペースでフリーダムな母親の跡を継ぎ、魔法少女をやる羽目になってしまった男子中学生・白姫彼方が「契約を破棄したら女の子になっちゃう」と脅されて、最初はイヤイヤながらも魔法少女の仲間達と共に戦いを繰り広げるお話。変身前から性別不詳気味で同級生の男子生徒のみならずヒロイン達からもアレな目線を向けられる彼方の性別不詳具合に萌えるもよし、案外しっかりやってくれる女装描写にニヤニヤするもよし、熱いバトル展開に燃えるもよし。メインは女装ですがちょっぴりTSもあります。
amazon.co.jp
 

第5話「女装少年萌えなんて、あるわけない」

これはゾンビですか?
著:木村心一 / 絵:こぶいち・むりりん  →感想

女装魔法少年萌え萌えーな「おと×まほ」とは対象的に、こっちはきもちわるい魔法女装少年な一作。とある事情でゾンビになってしまった主人公が、またまたとあるアクシデントで「魔装少女」に変身して戦うお話。なんだかんだいいながらも自分の周囲で困っている女の子が居ると放っておけない主人公の活躍にニヤリとします。個人的にせっかく希少な「きもちわるい女装」な主人公なのに女装状態の歩の挿絵がほぼないのが大変不服だったのですが、現在はアニメでがっつりきもちわるい女装が拝めます。……原作に比べると、筋肉の盛りが足らない気がしますが、しますが。
amazon.co.jp
 

第6話「こんなの絶対おかしいよ」

魔女っ子サラリーマン
著:高将にぐん / 絵:さらちよみ  →感想

魔女なのに「マン」なんておかしいよ。(Twitterに流した時にマジで貰ったツッコミ)
数が合わないのでオマケとしてBL小説を一作オススメしてみます。血筋の関係で何故か母の魔女っ子ステッキを受け継いでしまった主人公(27歳サラリーマン・独身)。BLなのに性転換ネタ、魔女っ子だけどリーマンカップル、しかもかませ犬の従兄弟はパンダのマスコットに強制変身……という、色々な意味でネタすぎるBL小説でしたが内容は案外正当派(?)で面白かったです。今まで読んだBL小説の中だと一番くらいに気に入ってる作品かも。
amazon.co.jp
 


私的「女子にも読んで欲しい」ライトノベル32選

秋の原稿は終わらないけど「俺的ラノベ32選」の流れに便乗した。後悔など1ミリもしていない。

以前からやるやる詐欺していた「男子萌えラノベまとめ記事」のためにしたためていたリストの転用です。適当に追加したり削ったりしたら32個になった不思議でした。そのため、「男子萌えできるラノベ」というあたりに充填が置かれています。元々女性ファンへの人気の高い某ラノベ(デュラララ、ハルヒ)や少女小説系は敢えて除外しました。

解説文の長さがまちまちなのは32作品も紹介しようとすると体力が足りないからなんです。最初はもっと短くするつもりだったんです……

【現代×バトル系】

(01) 賀東招ニ「フルメタル・パニック!」 (⇒感想

本編全12巻&短編全9巻(完結済)+スピンアウト(以下続刊)。紛争地帯で育った傭兵の少年と、気が強く逞しい女子高生が織り成すボーイ・ミーツ・ガールなミリタリーロボットアクション。

amazon.co.jp
 

(02) 岩井恭平「ムシウタ」 (⇒感想

本編11+1巻(以下続刊)&外伝全8巻。人間に異能を与える代わりに夢を喰らう『虫』に取り付かれた少年少女達が織り成す異能もの。ある者は“虫憑き”と呼ばれてさげずまれ、ある者は大人たちの組織に組み込まれて良いように使われながらもいつか普通の人間に戻る日を夢見て、そして自らの信念のために倒れていく姿が圧巻。物語も大好きだけどかっこうさんかっこいいよかっこうさん。

amazon.co.jp
 

(03) 鎌池和馬「とある魔術の禁書目録」 (⇒感想

本編22+2巻(以下続刊)&外伝何冊か。科学と魔術が交錯する異能バトルアクション。主人公格3人(男子)がそれぞれ違ったかっこよさを見せてくれるのが楽しい。凄いキャラ多い。

amazon.co.jp
 

(04) あざの耕平「東京レイヴンズ」 (⇒感想

1〜5巻(以下続刊)。現代を駆ける陰陽士のたまごたちが繰り広げる異能アクション。春虎と冬児の友情に悶えたり、大人組に転がったり出来ます。

amazon.co.jp
 

(05) 成田良悟「越佐大橋シリーズ」 (⇒感想

1〜5巻(以下続刊)。「デュラララ」が好きならこっちも読むといいと思います!無法地帯の「越佐大橋」で繰り広げられるお話。狗木・葛原・戌井の三つ巴関係にはもう震えるしかない。

amazon.co.jp
 

(06) あざの耕平「Dクラッカーズ」 (⇒感想

本編全8巻+外伝全2巻(完結済)。「レイヴンズ」「BBB」の作者が描く、現代を舞台にしたドラッグで異能バトルなお話。水原と物部の友情具合とか、物部と甲斐のライバル関係に転がればいいと思う。あと執行細胞トリオうまい。

amazon.co.jp
 

【青春×バトル×友情系】

(07) アサウラ「ベン・トー」 (⇒感想

本編7巻&短編2巻(以下続刊)。夜のスーパーで繰り広げられる、「半額弁当」争奪戦を描く……ベントー争奪アクション?来期アニメ枠。「熱さの無駄遣い」ってこういうこというんだなーなどと考えながらも不覚にも胸が熱くなる不思議です。

amazon.co.jp
 

(08) 井上堅二「バカとテストと召喚獣」 (⇒感想

本編9巻&短編3巻(以下続刊)。テストの点数によって強さが変わる「召喚獣」を使ったバトルで下克上を狙う最底辺クラスのお話。女子より男子が可愛いという不思議が発生したり、雄二と明久の友情が公式が最大手サークルだったりします。

amazon.co.jp
 

(09) 蝉川タカマル「青春ラリアット!!」 (⇒感想

1〜2巻(以下続刊)。バカ日本代表とその悪友とバカ日本代表に惚れてしまった暴走少女が繰り広げるドタバタラブコメ。ラブコメだけど変に恋愛恋愛してない、男子2人+女子1人の友情おいしいです。

amazon.co.jp
 

(10) 川上稔「連射王」 (⇒感想

ハードカバー・上下巻完結。シューティングの「ファーストプレイ・ワンコインクリア」に青春を掛けるゲーマー達の物語。竹さんとコウの師弟関係とも友情ともライバルともいえない関係がとても美味しい。川上作品の中では破格の少ページ数なので、川上作品入門としてとてもオススメ。

amazon.co.jp
 

【青春×ラブコメ!!】

(11) 本田誠「空色パンデミック」 (⇒感想

全5巻完結済。空想を現実だと思い込んでしまうという奇病を抱えた少女と普通の少年が織り成すボーイ・ミーツ・「空想少女」。どこからが空想でどこまでが現実なのか。足元が揺らぐような読書感覚が新鮮で、それでいて王道なストーリー展開が楽しい。あとさりげに脇役の同級生男子がかっこいいのです。

amazon.co.jp
 

(12) 庵田定夏「ココロコネクト」 (⇒感想

1〜6巻(以下続刊)。文研部に所属する5人の高校生達が次々と奇妙な現象に巻き込まれて……!?という青春系異能ラブコメ。現象こそ異能だけど、そこで解決されるのは等身大の高校生らしいどこにでもある悩みで……というのがミソだと思う。主人公格5人の恋愛事情と友情関係も美味しい。

amazon.co.jp
 

(13) 杉井光「さよならピアノソナタ」 (⇒感想

全5巻完結。「神様のメモ帳」の作者が描く爽やかでちょっぴり切ない青春小説。内容は美少女×クラシック×ロックだけど、主人公(男子)が金髪の美少年と一夜を共にしたりします。

amazon.co.jp
 

(14) 壱月龍一「ラ・のべつまくなし」 (⇒感想

全3巻完結。ラノベ作家×腐女子の恋物語。変に誇張されない、等身大の腐女子ヒロイン像が凄く良かった。ラノベが好きな全ての人にもお勧めしたい。

amazon.co.jp
 

【ファンタジー×バトル!!】

(15) 海冬レイジ「機巧少女は傷つかない」 (⇒感想

1〜6巻以下続刊。殺された家族の仇を討つため機巧魔術の最高学府に入学した少年が、自動人形の少女と共に戦うというお話。主人公が助けたヒロインと次々にフラグを立てていく系の異能バトルラブコメですが、ライバルにして喧嘩友達のロキとのやりとりが死ぬほど美味しい。背中合わせの友情は良いものです。

amazon.co.jp
 

(16) 細音啓「黄昏色の詠使い」 (⇒感想

全10巻完結。「色」を媒介に自分の心を詠び出す“名詠式”を学ぶ学校にやってきた、既存の5色とは違う色を纏った少年と赤の色を纏う少女が繰り広げるファンタジー。美しい旋律と鮮やかな音色に彩られた物語は是非とも女性にもオススメしたい感じ。あと爺二人の年甲斐もない背中合わせの大活躍に萌えたのは私だけじゃないはず。

amazon.co.jp
 

(17) 渡島健康「魔王様げ〜む」 (⇒感想

1〜2巻以下続刊。勇者として魔王を倒しに行ったら、女好きの魔王の手によって女の子にされてしまって…!?という性転換系ファンタジー。魔王に反感を覚えながらも少しずつほだされていく主人公が、現状に心地良さを感じる一方で男としての矜持を捨てられないという葛藤具合がたまらない。魔王ディンゴとのやりとりは極めて「やおい的」だと思う私がいる。

amazon.co.jp
 

【ダーク×ファンタジー×ミステリー】

(18) 水瀬葉月「ぼくと魔女式アポカリプス」 (⇒感想

1〜3巻。“普通”を嫌う普通の男子高校生が、ひょんなことから喪われた種の復活を願う魔術師達と、彼らの依代となった代替魔術師達がお互いが持つ“根源闇滓(ルート・アンシィ)”を奪い合うという血みどろの戦いに巻き込まれてしまうお話。TS(性転換)要素があるので苦手な人は注意ですが、主人公の悪友・草太が大変よいキャラなのでショタ攻好きには全力でオススメしたい。草太×主人公もあるよ!!(ただし主人公は以下略)

amazon.co.jp
 

(19) 田口仙年堂「魔王城」 (⇒感想

全5巻完結。望まずに強大な力を持って生まれてしまった「魔人」達と、その子供達の「先生」に任命されてしまった青年達の物語。その力を疎み、利用しようとする人間達に完全と立ち向かう主人公・エイゴの姿が本当にかっこいい。

amazon.co.jp
 

(20) 虚淵玄「Fate/Zero」 (⇒感想

全6巻完結(同人版は全4巻完結)。人気ゲーム「Fate/stay night」の前日譚となる、“もう一つの聖杯戦争”。それぞれの信念を持ってあるときはぶつかり合い、あるときはすれ違っていく人間と英霊達の姿が熱く、哀しく、儚い。「Fate」本編未読でも楽しむ事ができるので、(作者は違うけど)女の子の為の「Fate」入門編としてオススメしたい感じ。

amazon.co.jp
 

(21) 甲田学人「Missing」 (⇒感想

全13巻完結。ちょっとワケアリな文芸部の4人+人間外の少女が、主に学園を舞台に巻き起こる怪奇現象に立ち向かう(遭遇する?)お話。かなりグロい描写があるので苦手な人は注意。クールな“魔王様”や番犬属性の俊也、自称凡人の武巳をはじめとして美味しい男子キャラが揃っております。

amazon.co.jp
 

(22) 綾里けいし「B.A.D.」 (⇒感想

本編6巻+短編2巻以下続刊。異能を持った女の子が悪意を持ってふしぎ事件を解決……する振りして事件を(依頼者的に)BADエンドのほうに誘発します。ショートショート形式です。出てくるキャラほぼ全員狂ってます。そして狂気な兄妹に総愛されな主人公(男)(腹の中に子供が居る)(※ついったーで書いた解説が気に入ってるのでそのままコピペするの巻)

amazon.co.jp
 

【「中二」は男女共通の萌えです!!】

(23) 川上稔「終わりのクロニクル」 (⇒感想

全14巻完結。佐山はラノベ界でも歴代5本の指に入る変態かっこいい主人公だとおもう。終盤で繰り広げられる佐山の演説と、「Ahead,Ahead!Go Ahead!」「Tes.!」のかっこよさは異常。あと男×男で最後まで行っちゃうラノベ。ちょっと分厚いけど「境界線上のホライゾン」ほどじゃないので気にするな!!

amazon.co.jp
 

(24) 林トモアキ「戦闘城塞マスラヲ」 (⇒感想

全5巻完結。引きこもりがひょんなことから人間外が集まるバトルロワイヤルに参戦する羽目になり、口先だけでバトルを乗り切っていくお話。ヒデオのかっこよさはまさしく「かっこよさの無駄遣い」だとおもう。

amazon.co.jp
 

(25) 柳実冬貴「Re(アールイー):バカは世界を救えるか?」 (⇒感想

全5巻完結。非日常に憧れる邪気眼まっさかりの高校生が、本物の異能を手に入れて……!?というお話。物語開始時点ではただの中二病でヘタレなバカだった光一が少しずつ本当に「かっこいいバカ」になっていくのがたまらない。最終巻のラストバトルのアツさやライバルである《能力泥棒》との関係もたまりませんでした。

amazon.co.jp
 

(26) 鏡貴也「いつか天魔の黒ウサギ」 (⇒感想

本編8巻&外伝3巻以下続刊。「15分間に最大7回死ねる」という呪いを受けた高校生が、小さい頃に結婚の約束をした少女(人間外)を守るため戦う学園異能バトルもの。大兎とヒメアのバカップル具合は「末永く爆発しろ!!」状態ですが、月光様の俺様ツンデレに萌えるために読んでも問題ありません。本編の能力インフレに疲れたら「紅月光の生徒会室」で月光デレに萌えると良いと思います。

amazon.co.jp
 

(27) 西尾維新「戯言シリーズ」 (⇒感想

全9巻完結。「戯言だよ」が口癖の普通の(多分)青年・いーちゃんが個性的な脇役達に囲まれて、段々人外バトルものになっていったりするお話。西尾維新をラノベとみなしてよいかどうかは諸説あるとしても、西尾維新独特の掛け合いのテンポのよさと、台詞のかっこよさはやっぱりシビれると思う。いーちゃんと人識の関係が好きでした。

amazon.co.jp
 

【萌えコメだって美味しいですよ?】

(28) 葵せきな「生徒会の一存(碧陽学園生徒会議事録)」 (⇒感想

本編9巻&外伝5巻以下続刊。どちらかというと「議事録」よりも短編の「黙示録」のほう。杉崎を慕うショタっぽい容姿の美少年が登場したり、クラスメイトと喧々諤々なやりとりが美味しかったり、主人公を慕う後輩(♂)がいたりして男子萌え的に美味しいです。

amazon.co.jp
 

(29) 田尾典丈「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!」 (⇒感想

本編全8巻+外伝全4巻(…で、年末完結予定)。ギャルゲーの世界のヒロイン達を現実世界に投影したら?というお話。これなんてギャルゲ?な世界観ですが、現実と二次元の誤差が二次元とは違った結果を生んでいくのが面白い。4巻以降男子萌えが凄い勢いで増えて女子向けに美味しくなります。

amazon.co.jp
 

(30) 松野秋鳴「えむえむっ!」 (⇒感想

全12巻。太郎のドM具合に耐えられれば、普通に男子萌えできるラブコメだと思うんです。お互い日陰者同士な辰吉との友情は普通に美味しいよね。

amazon.co.jp
 

(31) 伏見つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 (⇒感想

1〜9巻以下続刊。メインは主人公と妹の微妙な兄妹関係なのですが、最近京介と京介の親友・赤城のやりとりが恐ろしく美味しい。秋葉原のえろいお店に行ったり、シスコン対決したりと高校生らしいバカバカしいやりとりがたまりません。

amazon.co.jp
 

【ばんがい!】

(32) 入間人間「多摩湖さんと黄鶏くん」 (⇒感想

多分単巻完結。ゲーム部と称してバカップルがひたすらギリギリな感じのゲームをするだけのお話。「キスババ抜き」ネタの薄い本がいっぱい出たらいいので女子にも読んで欲しいです(最悪)

amazon.co.jp
 


2011年に萌えた男子コンビ・カップリングを今更まとめてみる。

今年はやらないつもりだったんですけど、「ザ・インタビューズ」で戴いた質問で結局同じような事を書いてしまい、勿体無かったので思わずそちらからサルベージしました……2011年度今年萌え転がった男子コンビ・カップリングまとめ記事です。インタビューズでは男女カプも幾つか挙げましたがちょっと変更致しまして男子しか出てきません。男子しかでてきません。大事なことなので2回言いました。あと、ネタ不足のため例年行われていた「少女小説レーベル除外」「女子に既に人気のある作品除外」とかもなしにしました。自分に正直。


■ 真奥貞夫&芦屋四郎&漆原半蔵(はたらく魔王さま!!)感想

 カップリングじゃないけど美味しい枠。異世界の魔王で日々マクドナルドのA級クルー目指して邁進する魔王様(※吹いたら負け)の真奥と、彼にに心酔し彼の居ない魔王城(六畳一間の古アパートの一室)を守る心配性な魔王の腹心な専業主夫・芦屋と元大天使長から堕天し東京に来た直後は一時的に魔王達と敵対したもののなんだかんだで現在ただの引きこもりにまで身を落とした残念ショタ・漆原。真奥の元魔王とは思えないほどの生活感覚や関係者一同から存在をスルーされる残念な漆原がなんだかんだでいいところを持っていくというこの美味しいキャラっぷり、良くも悪くも残念な芦屋の心配性ぶりには常にニヤニヤが止まりません。
 男3人六畳間暮らしという設定も美味しいですが個人的にはもうちょっとカップリング的な萌えがあると完璧だなあといえなんでもありません。

amazon.co.jp
 

■ ミュゲ→クロード(花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す)感想

 “花”に殺された幼馴染の仇を討つため、男であるにも関わらず本来は女しか持たないはずの花を滅ぼす“歌姫”の能力を持っていた主人公は少女に扮し、喪った恋人の名を借りて歌姫を目指す。女装男前男子な主人公・クロードと彼の幼馴染にして悪友そして従者な青年・ミュゲ。悪友と主従萌えがダブってる時点でもう萌えるしかないわけですが周りが見えてない一直線バカと彼を影からサポートしつつ実はどうしようもなく自分に足りない部分に惹かれている策士タイプとかいわれるともうどうしようもなく私得だよね。
 幼馴染にして主従であるがゆえの強固な信頼関係や、ミュゲがややクロードに依存してるっぽい表現が大変美味しかったです。個人的にはミュゲ豆腐メンタル攻希望。

amazon.co.jp
 

■ ゴウト→ミロク(本日の騎士ミロク)感想

 敵国・オウガン国の元皇子であるミロクと彼の兄であり全ての元凶…と目されていた男・ゴウト。悪役かと思っていたら自ら憎まれ役を買って出るような苦労症の良いお兄ちゃんだったよ!!オウガン訪問・兄弟和解回である8巻の兄弟のやりとりも美味しいですが、9巻でミロクの行動をお見通しで出番は無いのに世話を焼いてくれるゴウト兄貴のツンデレっぷりがたまりません。
 ミロクはやや7巻まで惰性で読んでた部分あったけどゴウト兄貴でてから本当に面白くなりました。(次で完結ですが)

amazon.co.jp
 

■ インノケンティウス→酒井学長(境界線上のホライゾン)感想

 アニメ版「境界線上のホライゾン」で改めて教皇総長と酒井学長の微妙な関係に萌えてたらBD特典小説がやってくれました。短いシーンなのですが酒井学長に執着する元少年大人気ない残念可愛い美味しい!!正直この2人の過去に何があったのか気になって仕方ないのですが公式補完はありますでしょうか!!現役酒井学長がイノケンを出し抜く話を是非!!お願いします!!
 BD1巻はamazonで買えば3000円程度ですし、150Pオーバーの読み応えある特典小説が大変美味しく賢姉のキャラソンにもニヤニヤできること請け合いですのでまだ買ってない人は今すぐ買いに行くといいと思います。特典小冊子は2年生時代の浅間&喜美&ネイトが中心になる物語ですが、賢姉ダンスあり、浅間のズドンあり昨年度総長連合&生徒会長の登場ありと大変美味しい内容になってますので原作派でも購入する価値は十分にありです。

amazon.co.jp
 

■ 折原臨也→岸谷新羅(デュラララ!!×9)感想

 密かにこいつらについて語る機会が無くてもだもだしてたのは内緒だ。デュラは基本あまりカプ萌えなし・新羅とセルティのいちゃいちゃバカップル描写萌える!!ってノリだったのですが9巻で明かされた臨也と新羅の関係にはもう萌えるしかなかった。セルティしか見えてない一直線バカな新羅と自分とは相容れない考えの新羅をうっとうしく思いながら段々自分が持ってない部分に憧れていく臨也の関係がストライク過ぎて死ぬかと思いました。
 デュラは好きな話と苦手な話が結構まっぷたつなんだけど、9巻は本当に最初から最後までツボに入りすぎでヤバかったです……。

amazon.co.jp