« 7月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今月のまとめと読了記録[2009年8月分]

8月に読んだ本は15冊でした。コミケの影響やらなにやらで着実に減ってる。
6月頃から新刊すらまともに読み切れない状態が続いているので、そろそろペース上げて読んでいきたいなあ。

2009年8月のページアクセストップ4


 
バカとテストと召喚獣6.5
⇒感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない4
⇒感想

騎士は恋情の血を流す The Cavalier Bleeds For The Blood
⇒感想

 
紫色のクオリア
⇒感想


発売日前に記事書くと、一時的に「続きを読む」仕様にするからアクセス数稼ぎやすいというのはあるんですが、やっぱアニメ化効果高いなあ……な「バカとテストと召喚獣6.5」が今月のトップアクセス。「とらドラ!」アニメの時ずっととらドラの感想がアクセス数トップ4に入り続けたことがありましたが、似たような状況に陥りそうだ……。バカテスは今回も面白かったです。雄麗ちゃん可愛いよ雄麗ちゃん。

第一部完結?&逆書評企画で盛り上がる「俺の妹がこんなに可愛いわけがない4」、とりあえず麻奈美ルート希望でアンケートハガキ出そうと思いつつ放置しているのは内緒。うーん、黒猫ヒロインルートが気にならないわけではないけど、どちらかといえばやはり桐乃ルート希望かなあ。黒猫はやはり脇でこそ光り輝くキャラだと思うんですよね。

バリバリクロスオーバー作品な「騎士は恋情の涙を流す」は、やはりブギーパート→しずるさんパートへの転換が素晴らしかったです。そして表紙のしずるさんがかっこいいよ!!

2009年8月に読んで面白かった本


黄昏色の詠使い10
夜明色の詠使い
⇒感想


大正野球娘。
⇒感想


“文学少女”と恋する挿話集2
⇒感想

アラビアンズ・ロマンス
?花嫁は王の腕で微睡む?
⇒感想


遂に完結!な「黄昏色の詠使い10」。これまで出会ったひとたちがネイトの元に駆けつける場面とラストのネイト&クルーエルの二重奏で胸がジンとなったひとも多いはず。素晴らしい最終回でした。

アニメも後半に差し掛かって今さらだけど読み始めたよ!な「大正野球娘。」。「征服娘。」がツボだったのできっとツボにはまるんじゃないかなあと思ってたけど、予想以上に面白かったです。

昨日読み終わったばかりの「“文学少女”と恋する挿話集2」。ななせかわいいよななせがいっぱいつまった、甘酸っぱくて切ない短編集でした。しかしコノハの女泣かせっぷりは異常。ななせは反町くんに乗り換えるべき(※修羅場フラグ)

何気にコンボ継続中なティアラ文庫から「アラビアン・ロマンス」。展開とか物語とかより、オチに噴いた。主人公、絶対カルディールよりも仔馬のこと愛してると思うんだ……。

2009年8月の読了記録

今月は何気に漫画読む率が高かった気がします。
うち20冊以上再読ですけど。パステリオンの新装版はうれしすぎた。
あと、夏になるとキャットルーキー再読したくなるのは甲子園の影響ですかねえ(別に甲子園見てないけど)

個人的には、何の気なしに買った「プラナス・ガール」と「碧海のAiON」がめちゃくちゃ面白くてびっくりでした!前者は良い女装ラブコメ、後者は主人公(♂)の可愛さがタダゴトではない。すごく……主人公がヒロインで総受です本当にありがとうございました。4巻予告でにやにやしすぎる…続き楽しみすぎます。


バクマン。 (4)
大場 つぐみ / 集英社
読了日:8月7日
金未来杯のはなし。ほんと、主人公二人は命削って漫画描いてるよな。新妻エイジとのライバル関係にもにやにやする。そして思い悩む亜豆がかわいいのなんの。
エンバーミング 3?THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN (ジャンプコミックス)
和月 伸宏 / 集英社
読了日:8月7日
エルムかわいいよエルム。予想外にほのぼのしてる人造人間組に和む。しかし、ストーリー本編はどんどん核心に迫っていくかんじ
魔女っ子戦隊パステリオン 1 (IDコミックス REXコミックス)
松沢 夏樹 / 一迅社
読了日:8月7日
な、なつかしい!序盤はど派手な魔法ばんばん撃ちあってたんだよなぁ。そしてDアーネかわいいよDアーネ。
魔女っ子戦隊パステリオン 2 (IDコミックス REXコミックス)
松沢 夏樹 / 一迅社
読了日:8月7日
色々な意味で女装子・ユキちゃんのターン!今考えると、男の魔女っ娘とか、盛大に時代を先取りしてたな…Dアーネは仲間フラグ立ってるようにしかみえないけど結局このあとどうなるんだっけ…
こいこい★生徒会 1 (電撃コミックス)
あらき かなお / アスキー・メディアワークス
読了日:8月7日
すごくたゆんマンガだった。キャラクターの表情が魅力的で惹きつけられる。 一馬くんの女装にきゅんきゅんした。
キャットルーキー 1 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読、雄根編。1巻しかないけど一番ストレートにアツくて燃える巻。…そういえば井手さんも同期組なのに殆ど見せ場ないんだよなあ…。あと雄根×仲井ちゃんは典型的熱血直情バカ×天然ボケ才女でとても萌える。
キャットルーキー 2 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読、四方編開始。「打撃は集中力だ!!!」はかっこいいのに妙に笑えてしまう素敵セリフ。1巻経て先輩顔になった雄根さんかっこいいです。前主人公を新主人公が乗り越えていくのはお約束か。普通に悪役してる海道と酒希&加縫コンビが新鮮だ…そしてラストの加縫話でキュンとなる。
キャットルーキー 3 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。陰陽師対決はじまった!そして「サイコロの目」が神回すぎる。加縫がバカすぎて可愛い。「オレ、初球目ぇつぶって振ったんすよ!!!」
キャットルーキー 4 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。腹の読みあい対決とか隠し球とかイチロー包囲網とか、全体的に詰め将棋みたいな知能戦的小ネタ試合が多くて、素直にニヤニヤ読める巻。しかしイチローがルーキーで出てくることにとても時代の流れを感じる…俺この頃からリアルタイムで読んでたんだ…
キャットルーキー 5 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。こひゅーがさん登場+海道・デーモス復活など。小日向くんのヒールっぷりと、四方さんとのライバル関係と、海道に懐かれまくってる姿がとても好きだ。そしてここから海道は一気にわんこ属性にw
キャットルーキー 6 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。ストーリー本線的には九條との対決が色々と大きいところなのですが、なんといっても今回の目玉はオールスターだと言い張りたい!水原監督を洗脳して無理やりオールスターに潜り込んで予告ホームランだの臨時ピッチャーだの好きたい放題やりまくる加縫のバカっぷりに心ときめく。
キャットルーキー 7 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。物語本線も楽しいけど、地味に観客席の仲井ちゃんと雄根さんが可愛いですキュンキュンします。そしてこのマンガで一番オトコマエなのはタッコちゃんだと再確認。乱闘話のタッコちゃんかっこよすぎだろ……。
キャットルーキー 8 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。「1打席6アウト」は何度読み返しても圧巻だよなあ。いろいろな意味で頂上決戦。夢の世界へ行ってしまったタッコちゃんの前話粗筋がいいえて妙すぎて笑える。
キャットルーキー 9 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。スランプ脱出回。四方さんの過去+蛍ちゃんの話も好きだけど、雄根さんの復活話が好きだー!第一部主人公コンビは永遠のヒーローだよ…!!そして四方さんが雄根さん好きすぎて素敵(笑)
キャットルーキー 10 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。清本さんが雄根さん好きすぎて困る。め組大活躍とか12モンキーズとかサードバートとか、地味に楽しい話が多いよな。そしてすっかりタッコちゃんとコンビで解説者役なこひゅーがくん…
キャットルーキー 11 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。ずっと沢井監督のターン!!ファルコンズ最終戦は全エピソードの中でもトップクラスの神回だと思う。「だから野球は…おもしれぇのさ。」は作品を代表する名台詞に推したい。そして加縫がかっこよすぎ。
キャットルーキー 12 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。シャークス戦の丈月と、4番四方のコールシーンのかっこよさは異常。そしてハチボンはいいキャラだなー(笑)
キャットルーキー 13 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。きつい状況を突然現れたハチボンが引っ掻き回していくのにはニヤニヤするなー。フェニックス・ペガサスとの最終決戦を前にした最後の息抜き巻。フォックスは最後までイチロー以外の影薄すぎだったけど、登場当初自信満々だった彼の「悔しいですね」というセリフには感慨深いものがあったり。
キャットルーキー 14 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。本編オマケともにずっと小日向くんのターン!!!小日向vs四方の情報戦対決はほんと凄すぎる。そしてオマケの薔薇珍プレのなかよし発言に腐女子心を刺激されざるをえないw
キャットルーキー 15 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。ペガサス戦の海道小日向コンビが熱すぎる……2部キャラの中で数少ない二軍落ちからの拾われ組である小日向の執念は、二部ルーキーズにはない重みがあって、胸に響く。「終わりがくるまでは、泣くな」には泣かされた。リーグ最終戦まで引きずって、3チームのどれも脱落させず最後の最後まで「三つ巴」状態にしてしまったのには本当に盛り上がったなあ。そしてフェニックス最終戦は酒希&加縫コンビ大活躍。
キャットルーキー 16 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。第二部完結。何度読んでも第二部ラストは泣ける……そして最後の加縫がかっこよすぎて困る。
キャットルーキー 17 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月27日
再読。第三部開始。何度読んでも四方さんのヒゲが衝撃的過ぎる…!!!
蜻蛉迷宮 1 (電撃コミックス)
菜住 小羽, 谷川 流 / M.Co.(角川グループパブリッシング)
読了日:8月27日
うわー気になる終わらせ方だなー。色々なんとかフラグにしか見えないんだが2巻どうなるんだろ。作画は、キャラ的には原案の武田さんのほうが今ウケするよなー、と思いつつ、作品を通して流れる昭和的で陰鬱な雰囲気には合ってるんじゃないかと思ったり。あと耀子さんの仕草がいちいち艶かしくてとても好きだ。
えむえむっ! 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
松野 秋鳴 / メディアファクトリー
読了日:8月27日
うわ、嫌な所で切るなぁ!嵐子も石動先輩もたつきち(笑)も可愛い!
MELTY BLOOD (7)
桐嶋 たける / 角川書店(角川グループパブリッシング)
読了日:8月27日
遠野家編突入+ずっと琥珀さんのターン!!暴走っぷりが素敵すぎる(笑)あと1巻で完結らしいけど、このまま黒レン白レンやアクトレスアゲインのシナリオもやらないかしら。
プラナス・ガール 1
松本 トモキ / スクウェア・エニックス
読了日:8月27日
女装少年アンソロで読んで面白かったので。これはなんて魅惑の「第3の性」…!!絆に振り回されつつも満更でもない主人公の姿ににやにやする。
ポチッと! (シリウスコミックス)
いちば仔牛 / 講談社
読了日:8月27日
あるあるすぎて困る…
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 3 (Gファンタジーコミックス)
竜騎士07 / スクウェア・エニックス
読了日:8月27日
前原父のかっこよさが尋常ではない。しかし、前巻に続いて熱い場面が続くけど、3巻でこれしか進んでないとなると全何巻構成になるんだろ?とちょっと思ったり。
碧海のAiON 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 67-17)
影崎 由那 / 富士見書房
読了日:8月27日
不死身のヒロインよりも主人公の方が可愛い件。なんだこの小動物可愛い…!
碧海のAiON 2
影崎 由那 / 富士見書房
読了日:8月27日
達哉の「らめえ」とオマケマンガに盛大に噴いた。血が繋がってない兄だと…!ダークヒーローならぬダークヒロインな星音ちゃんも可愛いし、ダーク全開なストーリーも素敵。
碧海のAiON 3 (角川コミックス ドラゴンJr. 67-19)
影崎 由那 / 富士見書房
読了日:8月27日
すいません4巻予告が気になりすぎて夜も眠れないのですが…うおおおお達哉かわいいよ達哉…!!!
ロッテのおもちゃ! 3 (電撃コミックス)
葉賀 ユイ / アスキー・メディアワークス
読了日:8月27日
アトリ師匠とミストさんと、おともだちになりたい
キャットルーキー 18 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月31日
紅白戦の雄根さんかっこよすぎる!新主人公が旧主人公を打倒していくのは新シリーズ開始のお約束ですね
キャットルーキー 19 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月31日
vs物量野球な開幕戦。小日向君がちゃんとスタメンに残ってて密かにホっとしたのは私だけじゃないはず!
キャットルーキー 20 (少年サンデーコミックス)
丹羽 啓介 / 小学館
読了日:8月31日
再読。正直、このあたりは1試合に使うページ数が長すぎと思わなくも無かったりする。そして自分、SK砲が好きすぎて困る。

こちらの記事もオススメ

  • 9月に読んだ本は感想書いてないもの含め15冊でした。 っていうか、9月の新刊4冊しか読んでない! ?やべえ/ 欲を言えば、この期間にもうちょっとまとめて本を読ん...
  • 12月に読んだ本は18冊でした。冬コミ前は毎回消耗するので少なめです…。 ていうか、せめて12月の新刊は今年中に片付けて、1?2冊でも1月の新刊に取り掛かるつも...
  • 4月に読んだ本は5冊でした。再読含むと7冊。 すっかりラノベを定期的に読む癖そのものが抜けかけているというこの事実だよ…… あと、初読当初色々アレな感想を書いて...
  • 9月に読んだ本は感想書いてないもの含め18冊でした。 2009年10月に読んで面白かった本死神姫の再婚孤高なる悪食大公(⇒感想)アンゲルゼ永遠の君に誓う(⇒感想...
  • 3月に読んだ本は7冊でした。 いよいよ3月に出た新刊を月内に1冊も崩せなかったという現実に打ち砕かれそう。 アクセス解析とかも引き続きバカテス無双だったので割愛...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません