« 11月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

死にたい騎士の不運(アンラッキー)

[著]渡海 奈穂  [絵]おがきちか

愛する主君の後を追いたいのに強すぎるが故に死ねない―そんな不運の騎士グランツは、流れ着いた神々の国アクリオスで“念願の”瀕死になっていた。ところが現れた聖職者の少年シンの魔法であっさり回復させられてしまう。シンはアクリオスでは国王に次ぐ魔力を持つ孤高の存在。そして重すぎる運命故に屈折していた。グランツが死にたがる限り生かすとSっ気たっぷりに微笑むシンのものとなったグランツだが…!?ドMとドS二人の出会いを描くファンタジックストーリー。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

主君一筋過ぎて、主君亡き後後追いしたくて仕方ないのに強すぎてなかなか死ねない騎士・グランツは異教の地で「ウディヤ」と呼ばれる孤高の少年・シンと出会う。瀕死だったグランツを魔法であっさり治してしまったシンはグランツの事を生かすと言い出して……というお話。

グランツが主君を喪った経緯とかシンの立場とか境遇とか、色々重たいお話なのにとにかく場所を選ばず死にたがり主君愛を後ろ向きに叫ぶグランツの間違った方向に一直線な姿がほほ笑ましすぎて全く重さを感じないww あとがきの「死にたい修造」が的確すぎて笑いが止まらなかった。

段々シンをほっとけなくなっていくグランツの姿と、何もかも諦めて孤独な境遇を受け入れていたシンが最初は屈折した感情を持ちながらもグランツのその一人の人間をひたすらに想うひたむきさ、「ウディヤ」としての偏見なしに一人の人間として接してくれる姿に少しずつほだされていく様子にニヤニヤする。

グランツの敬愛する主君が殺されることになった経緯とか、グランツとシンの関係が今後どう発展するのかも気になる。続きが楽しみです!

こちらの記事もオススメ

  •  オタクネタあるある……なネタの数々が楽しかったけど一部「オタクネタあるあ……る……あ……(白目)」だった。  攻の椋本が凄くイケメン気取ってるんだけど(そして...
  • 尾崎、めんどくさい。  「徹底的に避ける」て、自分から勝手にやっといて相手にまともに事情も話さず着信拒否に音信不通に引越しまでするとかどんだけ豆腐メンタルなんだ...
  •  小学生時代に一線を越えてしまった佐津と日浦は中学時代に偶然再会を果たし、同じ高校に入学するが、過去の因縁が絡み合ってきて……というお話。  実際には両想いなん...
  • 父親の作った巨額の借金のカタとして売られてしまった男の子が、幼馴染の女の子の家で女装メイドとして働く事になる…というラブコメ。 「また昨今の女装子ブームに便乗し...
  •  女子にしか見えない容姿がコンプレックスな主人公はちょっとおかしなな女の子達の集まる通称『も女会』に引きずり込まれ、それなりに楽しい日常を送っていた。ところが、...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません