バイトでウィザード とどけよこの憎しみ、と少年は涙した | 今日もだらだら、読書日記。

バイトでウィザード とどけよこの憎しみ、と少年は涙した

オンライン書店ビーケーワン:バイトでウィザード
オンライン書店ビーケーワン:バイトでウィザード
バイトでウィザード

発売:2004.11
発行:角川書店
椎野 美由貴〔著〕
posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.26
どんどんどんどん展開がドロ沼シリアス方面に爆走中なのは気のせいでしょうか…

「インフィニティゼロ」「ダブルブリッド」「Missing」とは違った意味でグロ小説認定。
なんというか迫り来る死の恐怖が怖すぎる。緊急24時もびっくりの恐ろしさですよ。

しょっぱなから「治癒無効体質第七段階」の患者とか見せられて詳細な説明聞かされて
もう聞いてるこっちが思わずブルブルしているのに、どんどん話の大筋はハードにハードに。
戦闘シーンが入るたびに主人公が怪我しないか、ここまで読者を心配させる主人公も稀なんじゃなかろうか。
すいません、もう喧嘩っぽいシーンになるだけでもハラハラです。
こんなにハラハラする小説初めてかもしれません(間違った意味で)

今回のラストは・・・プロローグである程度予測ついたとはいえ・・・そうきたかと。
この話もそろそろクライマックス突入っぽいですね。バッドエンドじゃない事を祈ります(汗)