レジンキャストミルク4 | 今日もだらだら、読書日記。

レジンキャストミルク4

オンライン書店ビーケーワン:レジンキャストミルク 4
オンライン書店ビーケーワン:レジンキャストミルク 4
レジンキャストミルク 4

発売:2006.6
発行:メディアワークス
[著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜
見事に四方八方塞がりのまま終わった前巻ですが、今回では主人公を立ち直らせて以降はすっかり快進撃が続きます。ほのぼの×ダークといいつつも何気にやってることは王道展開で非常に好感触です。打ちのめされた主人公が成長して帰ってくるなんてもろに王道!!

しかし3巻で明かされた硝子の戦う理由、そして4巻で明らかになった密の覚悟などが非常にかっこいいのに対して晶はやってることが王道すぎて逆に目だってない感じが。出番の少ない里緒の台詞の方が印象深いのはなぜなのでしょう…。

今回は前巻からの予告通りに君子と蜜の過去話がメインな訳ですが、姉属性萌えとして殊子に激しく萌えました。犬猿の仲の義姉妹だけど、実は予想以上にお互いのことを気に入っているというところが非常に良いです。しかもそれが好きという感情ではなく否定的な感情を持ったが故の執着というところがまた。

ストーリー自体は主人公達が一回り成長して第一部終了という感じでしょうか。今後がますます楽しみです!
最後のきみちゃんの台詞に泣かされてしまいました。

コメント

  1. すたじおG より:

    ラノベ「レジンキャストミルク4」感想

    「レジンキャストミルク4」☆×5
    電撃文庫:著・藤原祐


    “まるで甘い蜜のような、今は苦いあの記憶──。”

    【二年前。それは舞鶴蜜がまだ、速見蜜という名前だった頃。ひとりぼ??

  2. ラノベ365日 より:

    レジンキャストミルク4/藤原祐

    レジンキャストミルク〈4〉藤原 祐 メディアワークス 2006-06by G-Tools 【それは舞鶴蜜が君子と出会った頃、生まれて初めての友達。ずっとこの娘と一緒にいたいと、蜜は強く願っていた。—虚軸“壊れた万華鏡”が、自らの裡に取り憑くまでは。】 「っていうか、ぶっちゃけ..