いつかマのつく夕暮れに! | 今日もだらだら、読書日記。

いつかマのつく夕暮れに!

[著]喬林 知 [絵]松本 テマリ

手違いで眞魔国を敵対視しているシマロン国のど真ん中に、クラスメイトの村田と流れ着いてしまった有利。元の世界に帰る手がかりを得ようと訪れた小シマロンのカロリア領主の屋敷で捕まって監禁されて…更に本国である大シマロン国へと連れて行かれそうになるが、シマロン国内では内紛をきっかけにしたとんでもなく恐ろしい計画が水面下で進んでいた…!!

「きっとマのつく陽が昇る!」の続き。いつもの通り最早本能で自分を捕まえたカロリア領主夫人・フリンを色々助けてしまいつつ、その裏でコンラッドの不在への動揺や不安を隠しきれて居ない有利の姿が印象的でした。今までいつでも一緒に居てくれ、自分の世界の文化にも詳しいコンラッドの存在はそれだけ大きいものだったんでしょうね。本当に今回の有利は村田やフリンさんを助けなくては、という義務感で必死に自分を駆り立てていた感じがして、いつものとおり明るく振舞っていても物凄く脆い印象を受けます。そんな有利を影から表からフォローする村田の昼行灯ぶりが非常にツボ!そしてトサ日記のあの話がコンラッドや有利の過去だけではなく、よもやまたこんな所に繋がっていようとは…

しかし何よりツボに入ったのは、押しかけ女房もとい魔族実は似ている三兄弟三男・ヴォルフラム。あのワガママプーがユーリが心配なあまり民間用のボロい船に乗ってユーリを助けに行ってしまう辺り、本当に惚れこんでるんだなあと微笑ましいながら、初期のワガママぶりを思い出してその成長振りにニヤニヤ(笑)

そして何よりラストシーン。
力を使い果たして絶体絶命のユーリの前に颯爽と現れ、このセリフ。

「けど、お前の体重じゃ…おれを引き上げられないだろ。ヘタしたらお前まで……!」
「そうしたら」
汗で握る右手首を両手で掴み、ヴォルフラムは苦み走った笑みを見せた。
「一緒に落ちてやる」
おれのいない間に何が起こったのか、今まで知らなかった表情だ。
「ぼくを信じろ」


な、なんて漢らしい…!!!

ある意味ベタなセリフですが、熱血タイプ主人公のユーリや典型的保護者兄タイプのコンラッドが言うのではなく、このワガママプーな弟属性三男が言うと猛烈に萌えもとい燃え!そして今まで必死に虚勢を張ってきたユーリを受け止めてやる漢らしさも非常に燃えました。正直ヴォルフラムがあの三兄弟の仲で一番漢らしいと思うのですがどうですか。次回もどれだけ漢らしいところを見せてくれるのか、非常に楽しみです。

ていうかこのシリーズの続きが気になって1月の新刊がなかなか消化できませ?ん…(笑)