ティアムーン帝国物語II〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜 | 今日もだらだら、読書日記。

3/21にラノベのWEBオンリーやりました。オススメ作品を紹介するWEBアンソロ全文公開中!→コチラ

ティアムーン帝国物語II〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜

 
Gilse

「――来てますわ、波が!」
処刑台から12歳に逆転転生【タイムリープ】した元わがまま姫ミーアは、調子に乗っていた。 かつての記憶と周囲の深読みで、飢饉時の小麦確保や内戦回避に成功し、ついに前世の日記帳ごと「処刑」の二文字が消えたからだ。だが、呪縛から解き放たれて小躍りする彼女の下に、凶報が舞い込む。想い人である王子アベルの国で革命が勃発したというのだ。危険を冒して救助に向かうべきか、我が身の保身か……?変わり始める未来を前に、彼女が下す「最初の選択」とは?ポンコツ姫よ行け、 ギロチン回避のその先へ!運命に抗う一世一代の歴史改変ファンタジー第2巻!

BookWalkerで探す  hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

ポンコツだけど失敗を指摘された時に自分の行いを改善しようと頑張れるミーア姫と、いつも完璧であるがゆえに自分の失点も他人の失点も許せないシオン王子との対比が良かった。怒涛の「さすミア」展開にやや食傷気味になる部分もあるけど、大きな敵の存在が示唆されて良い意味で先が読めなくなってきたな。

日記が消えて、良い意味で先が読めなくなってきた

わがままな性格と周囲を省みられない性格が祟って一度は断頭台の露と消えたはずのティアムーン帝国の姫・ミーアが少女時代からやり直し、1回目の人生での経験を元にギロチン回避を目指…していくうちに、なぜか周囲から思慮深い女と勘違いされて「帝国の叡智」とまで呼ばれるようになってしまうシリーズ第2巻。

1周目の人生でミーアをギロチンにかけた復讐者・ディオンが色々あって(復讐される原因となった事件を事前に解決して)仲間に。とはいえ、前世での印象が悪すぎて彼の前だけでは完全に借りてきた猫になるミーアが可愛かった。ミーアの思惑(※特に何も考えていない)を深読みして株を上げてしまうあたりは概ね他のキャラと同じなんだけど、彼のそれはなんというか圧が強すぎるので、自分を殺した相手からそんな圧を掛けられたらそりゃミーアも涙目になるわ。ところでミーアの参謀・ルードヴィッヒと彼の間に悪友的な相棒的なアレが生まれそうな気配でわたし、とても気になります。

1巻の時点で概ねの破滅フラグは潰している気がしたので2巻どうするんだろうと思っていたのですが、思った以上にフラグが複雑だったというか解除しないといけない爆弾の数が多かったというか。ミーアの破滅をきっかけに連鎖的に周辺国を衰退していく未来と、そんな未来を望む「黒幕」の存在が明らかに。更に、ギロチン回避した流れでこれまで未来を指し示していたミーアの日記が消滅して…。ミーア自身の1周目での経験や、2周目の人生での成長を加味しても、その『叡智』の一端を担っていたのはあの日記だったと思うので今後がどうなるのかいろいろな意味で気になるところ。

ミーアとシオン、正反対な二人の対比が良い(ただしすれ違ってる)

今回はひょんなことから二人で行動することになったミーアとシオンの対比が印象的でした。一周目のミーアは確かにポンコツで考えなしで無能な姫だったと思うんだけど、自分の失敗を指摘されればそれを受け止め、改善するために努力することができた。逆に、完璧であるがゆえに他人に同じだけの完璧さを求め、他人の失敗も自分の失敗も許すことも出来ず、ミーアのほんの少しの側面を見た途端に彼女を切り捨ててしまったシオンは正反対の意味で「不完全な」人間だったと思うんですよね。その欠点があるがゆえに1周目のルードヴィッヒも失敗を知るミーアを支持し、自分と同じような考えを持っているはずのシオンにはついていかなかったわけだし。

優秀すぎるゆえにそうでない人間の心がわからなかったシオンが、ミーアの「失敗を知れ」という言葉で自らの弱点を自覚し、真の意味で公平であろうと変わっていく姿がとても良かった──これ、何が一番面白いかって、このミーアの言葉がそういう深い意図があって出てきた言葉では全くないってことなんですが……事実を並べてみると一瞬すごい深イイ話みたいになっちゃうんですが、これもいわゆる「さすミア案件」なんだよな……。

ともあれ無事にギロチンの運命も回避し、以前の生で敵対した人々とは手を取り合うことができ……完璧ではないもののとりあえず幸せな未来を勝ち取ったミーア。とはいえ、今回示された黒幕みたいな存在も不穏ですし、今回は第一部完扱いでまだまだ波乱が待ち受けてそうな気配。これからどうなっていくのか、とても楽しみです。

ところでエピローグで一瞬だけ示唆された「現在の状況での」未来予想図、100%のベストエンドとはいえないけれどこれまでの殺伐とした展開からは打って変わったイチャコラぶりで笑ってしまう。子供出来すぎでは!?

記事への反応
なにかあれば
  • わかる(0)
  • 面白かった(0)
  • 興味が湧いた(0)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)