ティアムーン帝国物語 〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜 | 今日もだらだら、読書日記。

ティアムーン帝国物語 〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜

 
Gilse

崩壊したティアムーン帝国で、わがまま姫と蔑まれた皇女ミーアは処刑された――はずが、目覚めた彼女は12歳に逆戻り??第二の人生でギロチンを回避するため、帝政の建て直しを決意する。手始めに忠義に厚い下っ端メイドと、左遷されたが優秀な文官を味方につけ、失敗した過去をやり直す日々が始まった。けれど、ミーアの本音は「我が身の安全第一」。仇敵を遠ざけ、人脈作りに励むうちに、なぜか周囲の忖度で次々と奇跡が実現!やがて、身勝手なはずの行動は大陸全土の未来を大きく変えていくのだった……。 「こ、これぐらいわたくしにかかれば簡単ですわ!」 保身上等!自己中最強!小心者の元(?)ポンコツ姫が前世の記憶を使って運命に抗う、一世一代の歴史改変ファンタジー!

BookWalkerで探す  hontoで探す  Amazonで探す   個人的お気に入り度数
コミカライズが可愛かった+BWで1巻無料だったので手に取りました。飢饉・疫病・革命という多方面からの国難によって亡国となった母国ティアムーンの運命を、人脈を作り直していくことで変えていこうとする展開が面白い。決して高い志を持つわけではない、小心者で保身最優先の駄目王女ミーアが誤解がきっかけとはいえ自分に期待を寄せてくれる人々に(へっぽこながらも)少しずつ応えようとしていく姿が印象的でした。

お調子者で小心者な王女が繰り広げる、「やり直し」の物語

わがままし放題で周囲から反感を買いっていたティアムーン帝国の王女・ミーア。革命が起きて数年間地下牢に幽閉された後、処刑されることになってしまった。断頭台の露と消えたはずの彼女が次に目を覚ますと、まだ帝国が健在だった頃の少女時代に戻っていて……!?自らの記憶と処刑までの日々を描いた日記帳の記述を頼りに、一度は処刑されたはずの王女が過去に戻って処刑を回避するため奮闘するお話。

決して頭が良いとは言えないミーアがやることなすこと良い方に誤解され、前世で親身になってくれた人達だけでなく、前世では見向きもされなかった人たちからすらも誤解され、「帝国の叡智」とまで言われて高い評価を受けていく……という展開がコミカルで楽しかった!どちらかというと本人は短絡的で何も難しいことは考えていないんですが、誤解が誤解を重ねて信者状態になっていく周囲の人々と、その誤解を受けて「よくわかんないけどとりあえずノッておこう!!!」ってノリでとりあえず便乗していく軽率さに笑ってしまう。また、やり直しモノとしてはミーアが処刑台まで持っていった日記が二度目の生での彼女の行動を受けてリアルタイムに書き換わっていくという設定が面白かったです。

身の丈に合わない過大評価が続いて主人公が持ち上げられていく系の展開、個人的には座りの悪いものを感じてしまいがちであまり得意ではないのですが、この作品はミーア自身がとりあえず周囲のヨイショにノッていく一方でそれを過大評価だと認識してしまってもいるので割とその手のストレスを感じることなく読めました。好転していく状況を喜ぶ一方で周囲からの過剰すぎる期待に内心頭を悩ませている姿が微笑ましかった。

一番大事なのはあくまで自分だと言いながらも1周目の人生で味わったしんどい思いを他人にさせたくもないし、自分のことを大切に思ってくれた相手には幸せになってほしい。そんな思いが根底にあるからこそ以前の生では届かなかったはずのミーアの行動が周囲の人々の心を打ち、動かしていくんですよね。「未来に起こることを既に知っている」というのはたしかに大きなアドバンテージであるんだけど、それ以上に前回の生を経て相手の気持ちを推し量ることができるようになったのが2周目ミーアの最大の武器なんだろうな。

それは中盤から始まる学園生活編でも同じで、かつての生では周囲の状況を考えずわがまま放題で過ごしてしまったせいで様々な失敗をし、最終的に革命の火種を自ら作ってしまったという経緯があるわけですが、その失敗を糧にしたミーアがなんだかんだで周囲の状況や思惑を推し量りながら行動していくことで、少しずつ前世では実現できなかった様々な人脈を築いて行く姿が印象的でした。というか前世でのミーアの「勘違いムーブで失敗して少しずつ孤立していく」の流れ、個々の失敗で見ていくとコミカルでめちゃくちゃ面白いんだけど改めて考えると孤立の仕方がリアルできっついな…!!

ちょくちょく挟まれる一周目の生での孤立エピソードがリアルなだけに、処刑の未来やかつて敵となった人々からの心象に内心で怯えまくりつつも今度こそ様々な友人を得て楽しく過ごしているミーアの姿には思わずほっこりしてしまう。また、隣国との戦争を回避するために近づいたはずの近隣国の第二王子・アベルとの勘違いラブコメが大変可愛く、最初は利権で近づいたはずなのにミーア自身がすっかりアベルにときめいていってしまう流れにはによによしてしまいました。

個人的には剣術大会に出場するアベルのためにお弁当を作ろうとする流れがメッチャ好き。自分でお弁当を完成させられる自信がないから友人たちを頼ろうとするも誰も彼もが明らかに不穏な事言いだして……からのブレーキのない暴走列車みたいな展開がすごいし、シオンの従者・キースウッドの心労がマッハで強く生きてほしすぎる。ていうかこの流れで事故らないの逆にすごくない!?絶対事故ると思った。

もう1巻ラストの時点で前世で革命が起きた際に彼女が作り上げた火種はほぼ回収し終わってる感じで今後どうなっていくのかが気になるけど一番の原因はやはり飢饉と疫病だと思うのでそう簡単に処刑ルート回避はできないのか。終盤でそれとなく示唆された貴族達の農耕民族への差別的な風土を見ると最大の敵は革命よりも疫病よりも飢饉なのか。続きがどうなっていくのか、楽しみです。

余談ですがコミカライズの姫の表情変化がめちゃくちゃ可愛いくて楽しいので原作気になった人、原作読んで面白かった人は読んだほうが良い。

杜乃ミズ(著), 餅月望(著), Gilse(著) 「ティアムーン帝国物語〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜@COMIC1 (コロナ・コミックス)」
杜乃ミズ(著), 餅月望(著), Gilse(著) (著)
TOブックス
発行:2020-01-20T00:00:00.000Z

記事への反応
なにかあれば
  • わかる(2)
  • 面白かった(0)
  • 興味が湧いた(1)
  • 持ってる(0)
  • 買いました!(0)
  • ぱちぱちー(0)