« 11月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版] II

[著]庄司 卓  [絵]赤石沢 貴士

TERRAの撃墜王の一人にして、プラチナブロンドの長い髪とセクシーなボディライン、そしてトレードマークの眼鏡をかけた二十歳そこそこのシルヴィー・ドレッドは、敵味方双方に熱狂的なファンを持つアイドル的な女性プレイヤー。そんな彼女が「TERRAナンバーワンプレイヤーの座をかけて」と、ライバル視する洋子の所属するタイラント艦隊に移籍を希望して―!?混迷極まる第2巻。 (「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

ヤマモト・ヨーコの新装/完全版第二巻。ファンタジア文庫版の本編3巻「桜月夜のシンデレラ」と4巻「さいはてのメリーゴーランド」+かき下ろしを収録。

巨大な桜が宙に浮かぶ『サクラ・トータス』に地球の40倍の大きさがあるという超巨大な海『さいはてのメリーゴーランド』と、オールドタイマーの茶目っ気と浪漫が全開な二冊。ヨーコたちの好敵手シルヴィー・ドレッドやメリ・スハンのテンツァーも登場して人物関係も面白くなってきました。特にサクラ・トータスを舞台に繰り広げられるそれぞれの人間ドラマが本当に楽しかった。バーニナーを取り合うルブルムとまどかのやりとりにはニヤニヤしてしまうし、ローソン・紅葉・洋子・フーリガーの織り成す四角関係(?)の先も楽しみ。何よりドレス姿で現れた洋子の一連の様子が本当に本当に可愛くて!!

全ての黒幕であるゼンガーの孫・テンツァーと綾乃の複雑な関係、紅葉とエリュトロンのライバル関係あたりは今後の展開に色々と影響してきそうで、こちらも楽しみ。

それにしても書き下ろしの「コミケ会場限定版」で爆笑してしまった。同人描きとして色々な意味で「あるある」すぎるんですがなによりも本当にオチが酷い!!(褒めてる)

ヨーコとまどかの関係は本当に良い『悪友』ですよね。

こちらの記事もオススメ

※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません