« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

サエズリ図書館のワルツさん 1

[著]紅玉 いづき  [絵]sime

本が手の届かないほど遠くにあると思っていたこと。本が母と娘を繋ぐ絆であったこと。本が祖父への畏れであり、忘れ得ぬ思い出であったこと。そして、強すぎる願いゆえに、たった一冊の本すら手放せないこと。そこにあるすべての本には数え切れない“想い”があり、そこに集うすべての読者にはその数だけの“物語”があった。さえずり町のサエズリ図書館。それは本の“未来”が収められた、美しく、不思議な図書館。紅玉いづきが詠う、すべての書物への未来譚―。あなたにとって大切な一冊は、きっとここでみつかる。(「BOOK」データベースより)

   個人的お気に入り度数

「わしは毎日本を読むがね、娘はわしの本好きを、贅沢趣味だと渋い顔をしたし、端末映像やデータの方が万倍面白いと、何度も言ったよ。それは正しいんだろうと、わしも思う」
続いて落ちた呟きは、悔いのようであったし、諦めのようでもあった。
「行き過ぎた執心は病だ」

 電子書籍が普及し、最早過去の遺物となってしまった未来。そんな時代において紙の本を今もな多数所蔵する「サエズリ図書館」を舞台に、司書のワルツさんと様々な人が繰り広げる物語。

 登場人物達の「紙の本」への深い愛と、そして病のような執着に溢れるどこか冷たくそして暖かい物語。ここではない別の世界の遠い未来のお話だけど、本好きには色々と感じる部分が多くて楽しかった。書物を通し、それぞれの理由で図書館にやってきて本を借りていく人達と、それを貸すワルツさんと、そこで出会う利用者達の心のふれあいににこにこしてしまう。

 どのお話も凄く好きなのですが、全く本とは関係ない理由から図書館を訪れ、本に夢中になっていくカミオさんのお話と、親族の本を引き取ろうとしてやってきたモリヤさんのお話が好き、というかちょっとドSなモリヤさんをぐいぐい我田に向けて引っ張っていってしまうカミオさんの男前女子っぷりが個人的には大変たまらなくて!!というか、本に興味のなかった人・嫌いだった人が少しずつ本に向かって心を開いていくお話が好きなんだなあ私……カミオさんがはじめてワルツさんの図書館から本を借り、最初は気乗りしなかったのに段々本の世界に惹かれていくのが、本当にたまらない。

 第一話のカミオさんのお話は公式サイトで無料で読むことが出来るので、気になった人は読んでみると良いと思います。

最前線「サエズリ図書館のワルツさん」

こちらの記事もオススメ

  • [著]紅玉 いづき [表紙]磯野 宏夫 額には焼印、手には鎖を嵌められて奴隷として生きてきた少女は魔物が住むという森の中を歩いていた。己のただ一つの願いをかなえ...
  • [著]紅玉 いづき [絵]カラス 生粋の魔術師の家計に生まれながら、全く魔術の才能に恵まれなかった少女・トト。<サルバドールの落ちこぼれ>と周囲から冷たい目で見...
  • [著]紅玉 いづき [絵]岩城 拓郎 長いこと争いを続けてきたフェルビエ族とミルデ族。死の病に瀕した両族の族長達は、戦いに終止符を打つためにそれぞれの子供達を召...
  • [著]有川 浩 [絵]徒花 スクモ 昭和の終わりに公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる「メディア良化法」と呼ばれる法律が制定され、様々な書物が検閲の上...
  • [著]有川 浩 [絵]徒花 スクモ 前回の事件で負傷した堂上が、漸く退院して関東図書隊に戻ってきて暫くたったある日、図書館の書籍が盗まれるという事件が発生した。...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません