« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

れじみる。

[著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜

姫島姫には早見殊子という“彼女”がいる。そんな彼女と遊園地へデートに出かけた姫なのだが、遊園地には見知った顔が居て…!?
ほのぼの×ダークなレジンキャストミルクシリーズに100%“ほのぼの”な短編集が登場!
 

ツンデレ少女・蜜と硝子がお料理対決をしたり、人間の区別をつけることが出来ない理緒がお祭で小さな男の子と交流したり、皆で海水浴に行ったり、保健教師佐伯ネアのちょっと特殊な嗜好?が明らかになったり…と各キャラクターの魅力満載な短編集です。個人的には5巻ですっ飛ばされた海水浴話が収録されてて満足だったり(笑)

一番ツボにハマったのはなんと言っても2話の蜜VS硝子のお料理対決。テンプレ通りに天然に蜜を刺激する硝子も素敵ですが、なんといっても盛大にスレ違って義娘との距離が縮まったと強引に勘違いしてしまう蜜のお母様が素敵過ぎます。蜜の料理シーンは爆笑必須。電車の中で読む際は注意しましょう。つか電車の中で読むのは危険です。

また、3話の理緒の夏祭りの話は“虚軸”としての悲哀もちょっぴり滲ませつつほのぼの良い話で面白かったです。ラストの男の子のセリフではじーんとしてしまいました。一番ツボったのが“ぶつもり”だなんてナイショですが。そんな明らかに癒され無さそうなダークなスローライフ、ちょっと体験してみたい。そういえば電撃作家陣の間では流行ってるんですっけ?“ぶつもり”。

またプロローグ・エピローグで本編1巻前、5巻直前の硝子が見れます。彼女の感情がどれだけ成長したか感じられるのもなんか良いですね。そして5話ラストのバニー硝子に萌え。

一編一編に密かに本編でも人気な椋本夏夜さんの漫画も収録して、レジンキャストミルクファンなら大満足必至の短編集です。是非この調子で第二段も出して頂きたいです!(笑)

こちらの記事もオススメ

  • [著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜 あの戦いから数ヶ月が経ち、狭間学園に文化祭の季節がやってきた。硝子達はいつもの仲良し5人で文化祭を見て回るのだが、硝子は虚軸が...
  • レジンキャストミルク 2 発売:2006.1発行:メディアワークス[著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜 序盤の“ほのぼのパート”で色々と癒されていると、後半のどろど...
  • [著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜 姫島姫の身体を固定剤にして現れた“無限回廊”。その中に自らの親友である姫の意識が生きているということを晶に告げられず、思考回路...
  • レジンキャストミルク 4 発売:2006.6発行:メディアワークス[著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜 見事に四方八方塞がりのまま終わった前巻ですが、今回では主人公...
  • [著]藤原 祐 [絵]椋本 夏夜 姫島姫・君島直子を狙った一件から暫く、平穏な毎日を送っていた晶達。しかし、屋上で殊子や蜜に言われた何気ない一言が晶の心を揺さぶ...
※ 90日以上前に投稿された記事へのコメント・トラックバックは受け付けておりません

2 Comments

  • れじみる。

    れじみる。 作者: 藤原祐 出版社/メーカー: メディアワークス メディア: 文庫 コメディと欝のダブルインパクトで有名(?)なレジンキャストミルクの短編集です。 まあ、お約束どおり、本編よりコメディが多い(というか欝展開がない)ですが、たいへん笑ってしまいました。

    愛があるから辛口批評! |2006/12/20(水) 16:12 | Permalink
  • れじみる。

    れじみる。

    著者 藤原祐
    イラスト 椋本夏夜
    レーベル 電撃文庫



     いいねぇ。

     人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。
     クリックありがとうございます。
     あなたにすべての良きことが雀

    ライトノベルっていいね |2007/1/9(火) 19:06 | Permalink