彩雲国物語 緑風は刃のごとく | 今日もだらだら、読書日記。

彩雲国物語 緑風は刃のごとく

[著]雪乃 紗衣 [絵]由羅 カイリ

1ヶ月以内に何の働きも無かった冗官達を一斉解雇せよ—
突如下された命令に驚きを隠せない秀麗。早速どこかの部署に使ってもらおうと奔走…しなければならないのだが、何故か成り行きで他のボンボン冗官達の面倒を見る羽目になってしまい…!?

秀麗の持ち味である“人の良さ”が裏目に出てしまったとしかいいようの無い今回。父親・静蘭・黎深叔父の身内コンビだけでなくその人格や才覚で難物といわれる黄奇人や魯尚書、工部まで味方につけたのは確かに彼女の功績だけど、同時に周りに居たのが類稀なるキレモノばかりだったからこそ、どこか失敗した時の恐ろしさを知らないというか、楽観的な考え方をしてしまうところもあったと思います。今回は前作で登場したタンタンがどこか自分に対してどこか楽観的な秀麗のストッパーとして大活躍。ほんと、初登場の時はどうしようもないキャラだなあ…と思っていたのが冗談のような昼行灯ぶりを発揮してくれました。そして同時に、無くしてから判る父親との絆にホロリとします。

今回は秀麗だけではなく、劉輝やレギュラーキャラ達にも転機が。特に劉輝の側近である絳攸と楸瑛の立ち位置がどうなるのかは非常に気になるところ。リオウの星詠みに暗示されるような事態にならない事を祈るばかりです…。

結局官吏として留まる事は出来たけど、周囲の評価はどちらかというと「蘇芳(タンタン)と二人でやっと1人前」的な評価。宿命的ライバルが登場したり、採用された部署がよりによってアレ…だったりと前途多難な感じですが、その苦難を秀麗がどう乗り越えていくのか、次回以降が楽しみです。

それにしても、今回も黎深様がやってくれました。奇人・悠舜との同期コンビも見ていて中々楽しいですが、やはり姪の秀麗にかっこいいところ見せようとして空回りする姿に大爆笑させてもらいました。ほんと、シリアスな話でもこの人居ると一服のカンフル剤というか…ステキすぎです。

コメント

  1. 彩雲国物語 *緑風は刃のごとく


    彩雲国物語—緑風は刃のごとく
    雪乃 紗衣

    ここで終わりか・・・・!!!
    二ヶ月連続での刊行だったし次はいつ出るの?!!

    内容(「BOOK」データベースより)
    謹慎が解け、ヒラ官吏(冗官)として王城に復帰することになった紅秀麗。しかし彼女を待っていたのは、「一ケ月以内にどこかの部署で使われなければクビ」という、冗官たちへのキツイ解雇宣告だった!!「官吏でありたい!」と頑張る秀麗だったけど、他のダメダメ冗官たちの面倒まで見るハメになり!?期限付きの難題に、秀麗の底力が炸裂!?新キャラも登場で、ますます目が離せない!!超人気シリーズ、第10弾登場。

    感想↓

  2. 彩雲国〜緑風は刃のごとく〜

    彩雲国物語—緑風は刃のごとく (角川ビーンズ文庫)(2006/09/30)雪乃 紗衣商品詳細を見る

    累計ってなんなんですかね。発行部数とは違うのかな。そ...