後宮天后物語 〜絡まる想いにご決着!〜 | 今日もだらだら、読書日記。
大団円後の主人公カップル可愛すぎる…!!!

後宮天后物語 〜絡まる想いにご決着!〜

 

決死の告白でようやく想いを通わせた雛花と志紅。だが、仮死状態だった兄・黒煉の体に、志紅に宿っていた男神・伏羲が戻ってしまった。このままでは兄の自我が食い潰されると焦る雛花は、瀕死の志紅とともに禁城を脱出。渾沌の魔・丹朱から解決の糸口を探ろうとするが!?「何もかも片付いたら、俺と結婚して欲しい」柵から解き放たれた二人の結末は!?(「BOOK」データベースより)

BookWalkerで探す  hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

殴り合い含む紆余曲折の末、やっとのことで想いを通わせた志紅と雛花。ところが、今度は黒煉が自らに伏羲真君を再び降ろしてしまう。ふたりを遠ざけようとする黒煉の手から逃れ、なんとか禁城を脱出したのは良かったが、城下では国家転覆を目論む一派が急速に影響力を強めていた。事態収集の鍵を握るのは、雛花に宿る丹朱のみで……!?

3巻最初の時点でもうこれどうやって決着つけるの!?くらい無茶苦茶に絡まっていた想いを解きほぐしての大団円に思わずにっこり。今巻は最初から両思いなのにすれ違い続けていた志紅と雛花がようやく両思いになれたこともあって、これまでとは一味違う二人の関係も美味しかったです。

志紅・雛花と黒煉の方も良かったけど、伏義と女媧娘々の腹を割った話し合いが微笑ましくて、思わずニヤニヤしてしまう。ただ一緒に居るためだけに桃華源王家の代々を犠牲にしつづけたふたりの行いは犠牲にされた当事者の立場からしたら到底許されることではないんだけど、これも悲しいすれ違いの結果なんだよなあ。しかし、腹を割って喋った二人のやりとりがとても永いことすれ違い続けた人たちのそれとは思えずニヤニヤしてしまう。特に女媧娘々の方は相当腹に溜め込んでたんだなという気持ちが……すごく……。

個人的にはやっと本来の姿を取り戻した黒煉の活躍はもう少し見たかった気がするのですけどというかエピローグの黒煉と志紅のやりとりなんなんですかねプロポーズか!?いや冗談は置いておいても伏義を追い出して志紅と雛花が両思いになった後の確信犯で志紅弄ってくる黒煉様マジ好みのタイプのせm(自主規制)。

大団円後のエピローグといい、これまでお世話になった人たちに弄られまくる主人公カップルが可愛すぎてもう僕は私はで、もっとこの二人とその周囲の人々を見ていたい!という気持ちになる完結編でした。もう一冊、後日談があってもいいとおもうんですけどどうですか…!!

本編と関係ないんですけど、あとがきの古代中国詩人萌え語りが個人的に大変美味しかったです……良い萌え語りを読んだ。