ページ 4 | 今日もだらだら、読書日記。

▼ 最近の記事

空戦魔導士候補生の教官1

 

連戦連敗E601小隊の快進撃は、ここから始まる――
人類が大地から離れ、魔甲蟲という畏怖と戦う世界。「特務小隊の裏切り者」と蔑まれる学園の嫌われ者・カナタは、連戦連敗のE601小隊の教官に任命される。そこには一癖も二癖もありそうな3名の少女がいて……?

地上を追われた人類が空に生き、魔甲蟲と呼ばれる魔物の脅威に晒されている世界。魔甲蟲に対抗する空戦魔導士を育てるべく設立された教育機関・浮遊学園都市《ミストガン》で負け続き・落ちこぼれのE601小隊にテコ入れとして派遣されてきたのは、「裏切り者」と呼ばれるカナタ・エイジで……。

空の世界を舞台に繰り広げられる、少年少女たちの闘い

すごい今更なんですがファンリビ参戦したときからちゃんと読みたかったので手を出しました。「ロクアカ」グレン先生とのコンビCMでずっと気になってたのもある。空の世界を舞台に、人類を脅かす魔物たちと戦う少年少女達の物語です。

まず世界観がとても印象的な物語でした!地上を追われた人類が棲まうのは空中を浮遊する都市。魔甲蟲に殺された人間はその存在だけでなくその記憶すらも奪われてしまい、彼らの喪失を覚えている事ができるのは「ウィザード」と呼ばれる人間たちだけ。そしてその記憶を持った人間たちが「空戦魔導士」として魔甲蟲に対抗することが出来る……という設定が大変に良かった。能力を持たない「ナチュラル」達との記憶の誤差、大切な人の埋められない喪失を抱えながらそれでも世界を護るために立ち上がる少年少女たちの姿が胸に刺さる。

そんな中でもう崖っぷちなE601小隊の教官として着任したカナタが一見トンチキな特訓を提案して、それを受けたE601小隊に所属する三人の少女達がマイペースな教官に振り回されながらもその特訓をこなしていく。実力はあるのにとんでもない気分屋のリコ、強力な剣技を習得しながらも引っ込み思案で本番に弱いレクティ、そして高い魔力を持つが死んだ母の記憶に囚われ自分と相性の悪い戦い方に固執しすぎているミソラ。教官としては若葉マークで圧倒的に言葉での説明が足りてないけど教え子に対する理解がとにかく高いカナタと潜在能力自体は高いが戦闘面以外の部分が原因でそれを活かせてない教え子たちという組み合わせが上手いこと噛み合って、特訓をしたり個々の事情に向き合ったり問題を克服したり覚悟を決めたりしているうちにお互いの事情が少しずつ透けて見えてくるのが面白かったです。最初はバラバラだったE601小隊の三人が凸凹ながらも少しずつチームらしくなっていく……という展開が良かったし、魔甲蟲との実戦を経て強くなったと思ったけどまだまだ成長途中を思わせるドタバタなエピローグにもニヤニヤした!

その一方、教官であるカナタの方も様々な「問題」を抱えていて……都市を守りたいという気持ちは人並み以上に持っているのに、とある事故をきっかけに「裏切り者」にならざるをえなくなったカナタと彼の秘密の一端を偶然知ってしまったミソラ。ふたりが今後どのような形で物語を引っ張っていくのか、楽しみです。

とても楽しかった反面で新人賞受賞作ということもあるのか良くも悪くも矛盾ないよう小綺麗にまとまってる感が強く、全体的に物足りなさもあったかも。次巻以降で各キャラクター達のさらなる掘り下げとか来たら一気に面白くなりそうではあるので、続きを楽しみにしたいと思います。

あと2巻のあとがきで言及されていたのであんまり指摘するのもアレなんですが、誤字脱字がひどすぎるのは重版や電子書籍化の際でもなんとかできなかったんですかね……この辺は作者さんを責めたいわけじゃなくて編集部・校正がお仕事してない案件だと思ったんですけど。誤字も酷かったけどふたりで会話してるはずのシーンに何の脈絡もなく三人目のキャラクターが生えてくるとかあったし、文章面の粗が目立ったのでもうちょっと(編集部が)(ダブルチェックを)頑張ってほしかったな。お話は面白かったのに、誤字脱字と文章面で引っかかりを覚えてしまったのはとてもとても勿体ない。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (1)
  • 面白かった (0)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (1)

小説 機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(上)

   
原作
矢立肇・富野由悠季

劇場アニメの脚本に参加する後藤リウによる完全小説化!
C.E.75。ラクスを初代総裁とする世界平和監視機構・コンパスが創設され、キラ達はその一員として各地の戦闘に介入する。そんな折、新興国ファウンデーションからブルーコスモス本拠地への合同作戦の提案が――




二度の戦いから2年後……世界はまだ混迷の戦いの中にあった。プラント、オーブ、大西洋連邦は世界平和監視機構・「コンパス」を創設し、ラクス・クラインを初代総裁とする。コンパスに志願したシン・ルナマリアとともに、キラは様々な戦いに介入していくことになるが……

当時の種のオタクはみんな劇場版を見てこっちも読め(クソデカ主語)

18年越しに劇場公開された「劇場版ガンダムSEED FREEDOM」の公式ノベライズ。劇場版の感想は二次創作サイトの日記の方にしたためましたが本当に18年間待った甲斐のあるメチャクチャ楽しい映画だったので当時のSEEDのオタクはなんでもいいから劇場に足を運んでほしい。ところでブログ内検索するとTV放送時のノベライズの感想が掘り出せてしまい震えたんですが文章が流石に稚拙でもう許してくださいという気持ちになりました。なぜちょっぴり上から目線なんですかねあの頃の私。世界よ、これがブログを20年続けるということだ。

TVアニメ版ノベライズに引き続き基本は本編に忠実に……そして映像ではわかりづらい細かい各勢力の事情やキャラクターの心象描写を中心に丁寧に補足していくようなノベライズで、ストーリーは知った状態でもとても楽しく読めました。小説版で明かされた新事実らしき情報もいくつかあり、劇場版のおさらい目的で/本編の理解を更に深める物語としても良かった!

個人的にはやはりシン・アスカの描写が可愛すぎて出てくるたびに劇場版での映像を思い出しながらニコニコしちゃうんですけど(贔屓)(劇場版終盤でもネタのように出てくるけど、序盤からジャスティスに乗ってる自分に違和感を覚えてるシンがとても良い)(まさかのキラさんだいすき狂犬わんこ化可愛い)(バイキングの場面とか男児すぎて可愛すぎ最高)、その一方で2つの大戦で矢面に立ってきた責任と身の丈に合わない立場に置かれた重圧に今にも押しつぶされそうなキラ&キラを心配するラクスの描写・すれちがいが良かったなあ。「DESTINY」の頃は見えづらかったふたりの葛藤、特にキラが持つ優しすぎるが故の精神面での脆さとそれに比例しない強力無比な戦闘能力。間違いなくお互いに愛し合っている一方でふたりでいるとどうしても戦争の事を思い出してしまうのがしんどくて、「自分では相手に心からの笑顔をあげられない」と無力さに苛まれる描写が胸に痛かったです。特にお花見デート中のラクスがキラと穏やかな時間を過ごしたいあまりに必死に戦いとは関係ない話題を探してしまう(=探してしまうほどにそれ以外の話題が少ない)けど見つけられなくて結局戦争の話しちゃうシーンとか、気まずい感じがリアルに伝わってくる。そんな危ういバランスで保たれていた2人の関係は、ラクスの母の形見の指輪と同じ物を持つオルフェの登場とともにバランスを崩していく。

そして同じくらいに印象強かったのは新キャラ・アグネスの追い詰められっぷり。初週の劇場版来場特典小説が彼女の視点から描かれるアカデミー時代〜DESTINY時代以前の話だったんですが、それと今回のノベライズで明かされた事実も踏まえて、彼女ってコンパスに入ってきた時点で結構立場的に危うい状態だったのではないでしょうか。強い男を恋人にすることで自分の自尊心を守ってきたアグネスがキラを誘惑しようとして塩対応され(そりゃそうだ)、かつて見下していた同期のシンを認めることが出来ずにファウンデーション側にその心の寄る辺を求めていってしまう描写が色々な意味で痛々しかった。あと映画では言葉しか出てこない「フリーダム強奪事件」も彼女が関わってきそうな気配で、ノベライズと来場特典小説を踏まえるとなんとなくの概要は見えてきたけど、詳細が気になる。

それにしてもシンのこと下げられた途端にアグネスへの対応が塩通り越してセメントになるキラさんいいですね……本編前半の余裕がないキラがシンのことをどう思ってるのかってすこし見えにくい部分ある気がするのですが、このアグネスとのシーンを見れば決して邪険になんかしていない……というか周囲が思っている以上にシンのこと評価してることが伺えてニヤニヤする。というか、これだけのセメント対応しておいてアグネスの裏切りに本気でショックを受けるキラ、頼って欲しいと思っているシンの手を頑なに取れない(後の展開を考えると気づいてないというより敢えて取らなかったんじゃないかなあ)キラ、改めて前線で勝手に戦わせておくには強いけど小隊長となるとコミュニケーション能力に難のあるのが露呈してしまっていて運命の頃の人間性が見えづらい彼を思い出すと本当に人間らしくて最高だなあ。

上下巻構成ということで、今回はファウンデーションとコンパスの合同作戦のあたりまで。合同作戦の話はファウンデーションとコンパスに加えてユーラシアやブルーコスモスの思惑も絡んで来てしかも敵味方が入り組んでいて、更にはオルフェ&ブラックナイツの謎の精神攻撃も絡んできて現場が混乱しているので映画を見ていてもなかなか理解が追いつかない部分だったのですが、その辺がかなりわかりやすく整理されていてよかった。っていうかあれはミケール大佐がモブ顔すぎるのがいけないとおもうんですよね。映画で見た時もモブ顔とおもったけど公式のキャラクター紹介で見ると本当にモブ顔で映像で見てると本人がちゃんと出てても普通に見失うんですわ……。あとキラを助けに来たアスランさん、乗機の挿絵がないからか映像面での面白さが消えて普通にかっこいい男に見えるのがずるい。いやたしかに乗機について「ずんぐりした外見の〜」みたいな描写自体はあるんですけど、挿絵がないことと「正体不明のアンノウン機」って言葉のミステリアスな雰囲気で相殺されちゃってるんですよねぇ!!!

映画でみて今後の展開は知ってるんですが、色々どん底なところで後編に続くなので早く続きが読みたい。あと映画に対する情報量が増えた所で近いうちにまた映画もリピートしたい!

劇場版の感想はこちらから読めます。
リアルタイムに20年前にTVアニメ版SEED DESTINYでシン・アスカの名前が突然3番目に落ちたことに驚愕して最終回で絶望した当時のオタクです(自己紹介)。待ち続けた20年ぶりの続編ということで、もうどんなものをお出しされても成仏しよう

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (1)
  • 面白かった (0)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (0)

魔術師クノンは見えている 5

 
Laruha

走って光る謎の植物を追え――進級した盲目の天才が、捜索隊の中核を担う!
魔帯箱を形にし二年生へと進級したクノンは、憧れのサトリ先生のフィールドワークに同行、早速波乱を巻き起こす。 さらに、森林化が進んだ学園地下の迷宮で、神話上の植物と思しきものの目撃情報が! 教師陣を中心にした捜索隊が急遽結成される中、クノンもそこに抜擢され――? 特級クラスの後輩に新たに加わったジオエリオンの従妹もすぐさま魔術沼に引きずり込んで、さらに賑やかに加速する盲目の天才の魔術探求・二年生編スタート!

無事に単位を取得し、魔術学校の二年生に進級したクノン。新学期を控えたある日、ジオエリオンから彼の従妹が特級クラスに入学したと聞かされる。魔術にイマイチ興味を持てない彼女を魔術の深淵に引きずり込んでほしいと頼まれるが……?

新入生を加えてますます賑やかな新学年編!

進級したクノンがいつも通りに波乱を巻き起こしまくる二年生編開幕。色々な意味でこれから起きる新展開に向けての種まきの巻という感じではあったのですが、魔術に興味の薄かったジオエリオンの従姉妹が早速魔術(と美しいお姉様方)の世界に引き摺り込まれて沼ってるのにニヤニヤしてしまうし、サトリ先生主導のフィールドワークで相変わらずの「紳士」ぶりを発揮して何も知らない地元女性住民達のハートを鷲掴みにしたり、男だらけの現地調査でやる気を見失ったり……今回も面白かったなあ。クノンの塩対応の餌食になったサーフ先生は強く生きろ。

とにかく一貫して魔術を探求する者達が夢中で自分のやりたいことやってる話になってるのが、ひたすら楽しいんですよね。ジオエリオンの従妹・セララフィラは色々な意味で魔術探求以外の邪念(お姉様)もあったように思えるのですが、そんな彼女だからこそ従者含めた周囲の人間に現在の自分の姿を絶対に見せないようにして、なりふり構わず魔術の鍛錬に打ち込もうとする姿が印象的だったり。

謎多き教師・クラヴィスからの挑戦状、「鏡眼」の見せる不思議な視界に関しても少しずつ新たな事実が明らかになったりして……色々な意味で今後の展開が楽しみになる1冊でした。あと意味ありげに巻末で始まったゼオンリーの過去編気になる。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (0)
  • 面白かった (0)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (1)

フルメタル・パニック! Family

 

新たな任務は……家族との平和な日常!?
「フルメタ」が帰ってくる! 衝撃の新シリーズ、開幕!! 「やはり武器が必要だ。クローゼットにあるから取ってこい」 世界の存亡を懸けた最終決戦から約20年後――相良宗介は千鳥かなめと結婚し、平穏な日々を送っている……ハズだった。 「お父さん、いつものカービンとグレネードでいいのね?」 「また隠し持ってたのね!? 毎回毎回、『武器などいらない』って言っといて!」 「母さん、敵が来るから。文句はあとあと」 女子高生ながら父親譲りの戦闘力を誇る愛娘・夏美、小学生ながら凄腕ハッカーの顔を持つ息子・安斗――規格外な子どもたちまで加わった相良家の辞書に“平和”の文字は無く……!? 宗介ファミリーの刺激的な日常を描く、衝撃の新シリーズ!

あの戦いから20年。千鳥かなめと結婚した相良宗介は2人の子供をもうけて、家族4人で平穏な毎日を送って……いるわけではなかった。妻・かなめを狙う刺客から隠れるように各地を転々とし、トラブルを起こしては次の街へ……を繰り返す相良一家。愛する家族と過ごす刺激的な毎日は、かつて望んだ「武器を持たない日常」からはほど遠く!?

四十代になった彼と彼女の、妥協と折り合いの物語

「フルメタ」の本編完結から20年、アラフォーとなった宗介・かなめと2人の子どもたちが繰り広げる連作短編。

しょっぱなから設定を見て、本編エピローグで「君さえいれば、武器などいらない」って言ったじゃないですかぁ〜〜!!と思ったものの、一度「ウィスパード」として名前が売れてしまった千鳥かなめが平穏な生活を送れるわけがない、たしかにそうなんだよなあ。2人の子どもたちを家族に加えて「フルメタ」らしく騒がしくも楽しい毎日を送りながらも、かつて思い描いた理想とは程遠い生活に時折ため息をつく相良夫妻の悲哀と葛藤が印象的でした。

あとがきでも少し触れられていましたけど、良くも悪くもフルメタをリアルタイムで読んでいて今アラフォーくらいになった当時の読者にむけられた物語というか。いやこれ私はめちゃくちゃ面白かったんですけど、同時にこれ自分が二十代の時に読んでたら二人の変化にガチギレしてた気もするんだよなあ。同作者の「甘城ブリリアントパーク」にも似たようなブラックジョークや中年の悲哀・葛藤の描写がありますけど、かつて十代だった彼らがこういう話をしてるのはなんともいえないエグみがあって。

二十代三十代を忙しい中であっという間に過ごして、気がつけば様々な衰えに直面している相良宗介と相良(千鳥)かなめ。武器を手放したいと必死に足掻きながらも社会に順応しきれない宗介の葛藤はかつて陣代高校でドタバタしていた頃よりもずっとしんどく映りますし、かつての宗介を知っていればいるほど胸に痛い。そんな彼がかつて尊敬した林水先輩と再会してその現在を知り、諦めよりも少しは前向きな形で自分の手持ちでやっていくしかないのだと妥協していく姿はなんというか妙にリアルで、良かったと思う反面かつての読者としては複雑な想いを感じました。いやでも、2話の林水とのやりとりは本編の「もう無理だと思うよ」で卒倒して倒れたオタクとしては感無量のものがありましてだね……。

そしてかなめの方は、女子会でのぎこちない様子が妙に生々しい。高校時代には気にならなかったお互いの「生きる世界」の違いがどこか引っかかってしまって。結婚はしたものの海外を飛び回る企業家となったかなめが家庭に入って平穏に生きる恭子よりもバリキャリでフットワークが軽い瑞樹のほうと深い付き合いしてるのめちゃくちゃわかる。子供を産んで、大病を患って……毎日に忙殺されているうちに中年になってしまった彼女の、「17年前は無敵だった」という独白が胸に刺さる。というか、かなめに関しては最後の最後でめちゃくちゃデカいネタバレかまされませんでした!?確かに本編最後そんな感じだった気がするし「そう」なっていても不思議ではないけど……もうそれは人知れず抱えていきていくしかないのか……。

かつての戦いでの記憶に魘される宗介、守れなかった人たちの名前を縋るように子供に付けて、その名前を呼ぶことで立ち直ろうとしていくということも含めかつて無敵だったふたりがそうではなくなってしまったというお話で(でもあれが宗介からの発案じゃなかったことには少しホッとした)、ままならない現実と闘いながら妥協と折り合いを繰り返していく姿がとても良かったと思います。いやでも本当に、こういう形で彼らの「弱さ」を見せつけられるのは結構キツイっちゃキツくて、その痛みを噛み締めながら読んだ物語でもありました。物語の中でだけでも、年老いても最期まで無敵のふたりで居てほしかったという気持ちはどこかに確かにあった。

相良夫妻イチャつきすぎなんだよなぁ!!!!!!!

それはそれとして、結婚して20年経つのに未だに新婚夫婦みたいにイチャイチャイチャイチャイチャイチャしてるのはどうなんですかねぇ!!!でも人妻になった相良かなめさんマジでエッチすぎるし結婚して自分の女になったからって独占欲と性欲をむき出しにしてる宗介さんのはしゃぎっぷりが凄くてもう大変だ!!!この情報化社会であれほどネットへの個人情報流出を気にする相良一家が年甲斐もない女子高生コスプレエッチで羽目を外して大失敗するのには思わず爆笑してしまった。

冷静に考えると加齢による衰えの話とか、病気の話とか、現実のままならなさとか色々な意味で重たい話をやってるんだけど、要所要所でそういう重さをカラッと吹き飛ばしていく展開はまさしくフルメタで、とても楽しかったです。

作中で腐れ縁として名前が上がりながらも登場のなかったクルツ・マオ夫妻やテッサをはじめとした旧ミスリルの面々、今回は最後にちょっと出番があっただけのアルなど、今後も色んな話が読めそうでとても楽しみなシリーズです。ドラマガの対談とか見てても先生が楽しくお話書かれてる様子が伝わってきたので刊行ペースとかはあんまり気にせず、気が向いたら続けていってほしい。

「甘城ブリリアントパーク」の続きも、是非よろしくおねがいします…………………………………………。
早くて来年かな?とは思ってるけども……。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (2)
  • 面白かった (0)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (0)

悪役令嬢レベル99 その6 〜私は裏ボスですが魔王ではありません〜

 
Tea

裏ボス令嬢、半分(左側)だけ死す……ってどういうこと!?
王都の騒動を経て、領地に戻り落ち着いていた私、ユミエラ。だが「ユミエラさんと張り合えるのはユミエラさんしかいませんわね」というエレノーラの発言がきっかけで、脳内私VS私バトルが始まってしまう。そして気がついたら――私の左半分が死後の国に迷い込んでいたってどういうこと!?ともあれ生き返るため、この謎の国の探索を始めることに。 一方現世のもう半分の私も、未決着の左右対決に勝利するため――もとい、この状況を解決するため動き始めて……!?

エレノーラの不容易な発言をきっかけにして、朝起きたらユミエラが左半分と右半分に別れてしまった!!しかも左半分は死後の世界──「薄明の国」に迷い込んでしまったらしい。ユミエラ(右)は左半分を救い出すため手がかりを求めて王宮に。一方、ユミエラ(左)は薄明の国で王を自称する人物と遭遇して……。

絶望的に煽り耐性とツッコミ要員が足りない!!

ユミエラの左半分と右半分どっちが戦ったら強いのかな?とか妄想していたらなぜかユミエラが分裂していた。何を言っているか分からねえと思うが俺も(略)。アニメの放送合わせででた巻なのに、最新刊の内容がアニメ化できなさそうすぎてすごい(出来なくはないだろうけど大変そう!)

とにかく今回は色々な意味で最後の牙城であったパトリックすらツッコミを放棄してしまったのでいつもにもましてツッコミが居なくて大変だった。巨大ユミエラ(ただし半分)を見た瞬間、自信満々に「ユミエラ最強」コールはじめるパトリック&エレノーラで無限に草生えるし、応援上映作戦が破れて早々に絶望してるのに更に笑わされた。ユミエラが分裂してるせいで片方をヨイショするともれなくもう片方を煽ってしまう……って確かにそうなんだけどさ!?何よりもユミエラの煽り耐性低すぎるのが問題な気がしてきた。クライマックスでアツいバトルやってるはずなのに腹筋が攣るほど笑った。

強い未練を持ったまま死んだ人間たちがその未練を晴らすまで逗まる場所・薄明の国で明かされる「魔王」と「勇者」の悲しきすれ違いとその真実、かつての勇者が「王」に固執する理由。数百年かけて少しずつ歪まされ、醸成されていったおぞましい妄執……バルシャイン王国の建国を巡る物語がめちゃくちゃ良かったし、互いに憎み合う素振りを見せながらも最後にはかつての関係性に戻っていった魔王と勇者の姿が大変に美味しかった……のですが、とにかくメインであるはずのユミエラ達がひたすらツッコミ足りない状態だったのでどんないい話されても「さっきまでとの温度差ァ!!!」って反応になってしまうのどうしようもなかった。いやでも勇者と魔王本当に良い関係でしたね……あと、なにげにその前に出てきた猫耳おじさんの話がめちゃくちゃいい話だったな……猫耳おじさんだけどさ……。

ツッコミ不在でひたすら迷走していくユミエラたち、その横で勝手に友情と愛憎と男男間クソデカ感情物語やってくる勇者と魔王の温度差に困惑してたら描き下ろしでめちゃくちゃ微笑ましいユミエラとパトリックのおデート話で散々イチャイチャされて横から殴られた。だから温度差がさァ!!!!!

でもそのデート短編がまた、めちゃくちゃに良かった。いつものユミエラとパトリックの微妙に噛み合わないやりとりも健在で微笑ま可愛いし、珍しくパトリック視点のパートがあるのが心ニクい演出ですね。いや、パトリックって改めてめちゃくちゃユミエラ好きじゃん……デートしてる時とかめっちゃときめいてるじゃんね……ふぅん……(本編の応援上映展開から目をそらしながら)

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (1)
  • 面白かった (0)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (0)

声優ラジオのウラオモテ #09 夕陽とやすみは楽しみたい?

 

学校生活を満喫するやすみ! でもその隣に夕陽はいなくて――。
「……このままでは、非常にまずいです」  『ティアラ☆スターズ』のライブ第2弾は大成功だったものの、オーディションでは連敗中。焦りから仕事へ打ち込む由美子に担任教師が突きつけたのは、模試の結果。今のままだと受験も声優業も共倒れ!?  加賀崎の勧めで学生生活へ専念する由美子。友人との勉強会や文化祭準備―?久々の"青春"はとても楽しくて。 「こんな風に、演技のことを一切考えない期間って初めてでさ」  素直に楽しむ女子高生・佐藤由美子と、不安を抱く声優・歌種やすみ。悩める彼女が目にしたのは、アニメもラジオも大活躍な千佳の姿で――。  進路に、千佳との関係に。心揺れる青春声優ストーリー第9弾!

『ティアラ☆スターズ』のライブも一段落し、再びオーディションに落ち続ける日々に戻ったことに焦りを感じる由美子。模試の結果が散々だったこともあり、加賀崎の勧めで暫く学業に専念することに。友達との勉強会に文化祭、「声優」としての仕事のない学園生活はとても楽しくて……。

先に進むために必要だった「立ち止まり」のお話

仕事がないことを気に病み学業が疎かになりかけた由美子が半休業状態になり、二ヶ月の学園生活を謳歌しながら改めて声優としての自分を見つめ直すお話。前巻のあのすごい声優ライブからのこの落差、本編だと歌種やすみこんなにすごい声優なのにまだ崖っぷちなんですか!!???感が半端ないんですけどそれでトントン拍子に売れるようなら世の中今頃大人気声優だらけだよな……みたいな現実の世知辛さをしみじみ感じてしまったシリーズ最新刊。でもそろそろ1巻・2巻の頃くらいのご都合展開で突然売れっ子になってもいいと思うんだ!!???フィクションの中でくらい夢を見たい!!

休業中の学園生活は普通に楽しくて、声優としての仕事を苦しく感じてしまっていることに気づいてしまって。これまで自分の中には決してなかった「声優にならない」という選択肢が生まれてしまって。そして自分がくすぶっている間にも「相棒」だと思っていた夕暮夕陽はどんどん活躍していって……目をそむけていたのに、偶然自分の落ちた役を夕暮夕陽が演じていることを知ってしまって。とにかく女子高生・佐藤由美子にとっては楽しかった二ヶ月である反面、声優・歌種やすみにとってはとにかく苦しい二ヶ月という感じだった。

でも、そのお陰で夕陽に対してこれまで語ることの出来なかった本音をさらけ出すことができて……声優をやりながら大学に行きたいという気持ちを新たにして、嫉妬や汚い気持ちすらもバネにして再び立ち上がる力を得ることが出来たのは本当に良かった。由美子の本音をきいた千佳の反応には思わず笑っちゃいましたけど。

そしてそこからの、文化祭での急造演劇部のピンチヒッターとして由美子と千佳が掛け合い演劇を行うクライマックスが最高でした!準備期間が足りていないところを流石の経験と演技力で補う千佳、演劇は初挑戦ながらも阿吽の呼吸で彼女をフォローし、持ち前の会話力と本番の強さで繋いでいく由美子。アドリブにアドリブを繋いで……本来のシナリオとはまったく違う劇となっていく展開が最高すぎる。やはり二人は演技しててこそだよ!な!!!いやこれ普通にアニメとかで全部見たい。あと文化祭の裏でさり気なく死んでる藤井杏奈ちゃん(一般オタク女性・職業声優)可愛すぎんか?????

楽しく、そして辛い展開だったけど今後2人が前に進むために絶対に必要な物語で、とても良かったです。あとほんとそろそろご都合主義でもいいから売れてほしいな歌種やすみ……!!

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (2)
  • 面白かった (1)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (1)
  • ぱちぱちー (1)

美少女揃いの英霊に育てられた俺が人類の切り札になった件

 

美少女揃いの英霊に鍛えられ、「最弱兵器」は最強へ進化する!
魔術学園を退学寸前のウィリアムは、千年前の戦争で活躍したという美少女英霊たちと出会う。「弟子となり最強を目指せ」と告げる彼女たちを疑うも、その指南により彼の秘められた才能が次々と開花する――!

ウィリアムは国内で唯一魔力を一切持たない人間として実家からは追放され、入学した魔導学園では『最弱兵器』とバカにされてきた。次の試験で結果が出せなければ退学……と言われ、悪友から唆されて学園内で封印されているという噂の「超越の指輪」を探しに行くが、そこで本物の指輪とその中で眠っていた美少女英霊達を呼び覚ましてしまい……!?

「最強」を自覚させないように美少女達が一生懸命頑張る無自覚系無双ファンタジー

面白かった〜!!タイトルだけ読むと美少女に囲まれてウハウハな俺が成り上がっていく系無双ファンタジーみたいな印象を受けてしまいがちなんですが、その実態は比類なき才能を持った主人公にその自覚を持たせないようにしながら美少女英霊たちがあの手この手で修行させようとするお話でした。

実は美少女英霊達は覚醒するきっかけを作ってあとは戦うためのお手本と修行する環境を与えただけであり、魔術に覚醒した後は師匠達の戦い方を見様見真似でどんどん自分の物にしていってしまう主人公のウィリアム。ただし、とにかく上昇志向が皆無な彼は「強くなった」と自覚してしまうとサボりはじめてしまうため、自分の成長をある程度は感じさせつつまだまだ平均以下だと誤解させて過酷な修行をさせるということに一生懸命な英霊達の姿に笑ってしまう。その流れでお色気攻撃も仕掛けてくるけど、絶妙に噛み合ってないのがシュールでした。そして彼女たちに騙されて自分が雑魚だと信じ込んで「他のやつらはもっと凄いんだろうな」と素で言ってしまう主人公(いくらなんでも学園で何も学んでなさすぎでは!?)と彼を取り巻く友人達(主人公が実は凄い実力を隠し持っていた!と持ち上げてくれる)のすれ違いで更に笑った。

そんな無自覚無双っぷりがひたすら楽しい前半ですが、後半は無自覚のまま現代の誰よりも最強になってしまったウィリアムでなければ倒せない強敵が現れて……自分の実力を無理矢理にでも認識させられ、改めて戦う覚悟を問われる羽目に。自分の実力にずっと無自覚でいられたのも、学園最強になった状況でも「雑魚」といわれて違和感を持てなかったのも、全ては幼い頃から魔力なしの最弱兵器としてバカにされ続ける境遇から自分を護るために無意識に構築した自己防衛だったんだなあ。人間そのものに恨みを抱いてもおかしくないような状況で、決して対等とはいかなかったけれど「友人」として接してくれた彼ら彼女らを護るため、彼らに恥じない自分になるため戦う覚悟を決めるウィリアムの姿が印象的でした。そして対処出来る人間が他にいないとしても決して無理矢理に戦わせるのではなく、自らの生命を掛けてウィリアム自身の意志を尊重してくれようとする英霊達と、幼馴染ヒロイン・セシリーの心遣いが胸に沁みる。

どんな辛い目にあっても捨てることができなかった「大事な人を護るために強くなる」という幼い日の約束。その約束の通り、セシリーの絶体絶命のピンチに颯爽と駆けつけるウィリアムの姿がめちゃくちゃアツかったです!

それにしても前半のキモだった「無自覚無双ファンタジー」的な要素は1巻で綺麗にカタがついちゃった感じだけど、2巻からどうするんだろう?1巻は割りと学園内で話の規模が収まっていた感じでしたが次巻は色々と状況が動いていくようなので、次巻も楽しみにしたいです。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (0)
  • 面白かった (0)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (1)

これが魔法使いの切り札 1.黎明の剣士

 

強さじゃない。“楽しく生きる”ために魔法使いになるんだ
剣士リクスは戦い以外の人生を求め魔法学園へ入学するも、魔術師の適正皆無と判定される。それでもリクスは持ち前の戦闘能力ゴリ押しで学園生活をこなし、新たな生き方を掴むべく自分なりの“魔法”に挑んでいき?

傭兵をしていた少年・リクスは平穏な人生を志し、エストリア魔法学院に入学した。ところが、特待生として学園側から招待を受けているにも関わらず、最初の授業で魔術師の適性なしと判断されてしまう!?魔術の授業を物理でゴリ押ししながら同じ境遇の物静か(?)な特待生の少女・シノと共に魔術師として生きる道を模索していくが……!?

ワケアリ少年×少女のボーイ・ミーツ・ガール系魔法学園物

戦いとは無縁の人生を送りたい凄腕剣士の主人公と、望まずしてその身に重い宿命を背負わされたワケアリ少女のボーイ・ミーツ・ガール系魔法学園物。様々な策謀渦巻く学園を舞台に、魔術師同士のしがらみや決まり事など知ったこっちゃないとばかりに物理で解決していく主人公・リクスの姿が爽快で、そんな彼が無自覚に無茶苦茶やりながらもクラスメイト達とわちゃわちゃしている姿が大変楽しかった!最初はとりつくしまもなかったもうひとりの特待生・シノがリクスの体当たりのフォローによって少しずつ態度を軟化させていくのが大変可愛いし、かませ犬っぽいイヤミなクラスメイトもいるにはいましたが、これもうどうかんがえても「実はいいヤツ」ってパターンだし……後半でめちゃくちゃ遠回しに気遣ってくれるところとかニヤニヤしちゃうんだよな……。あと教師コンビがめちゃくちゃいいですね……善意がわかりづれえカタブツツンデレ・ダルウィン教師と面倒くさい面倒くさいいいながら面倒見が良いクロフォード先生めっちゃ良くないですか……これは薄い本が厚くなるな……。

一方、物語が進むに連れ明らかになっていく《宵闇の魔王》の遺産を巡るどす黒い陰謀。シノの正体、そして明かされていくリクス自身の望みと本当の能力……。いやもうリクスみたいな破天荒なキャラの本質がそういうものなのって、本気を出すと感情のない人形になっちゃうって設定めちゃくちゃ性癖直撃なんですが……リクスの普段と戦闘時の挿絵の温度差が凄すぎて……良すぎる……。

「人間」を愛する故に人間をやめようとする少年の献身と、そんな彼をこちらに引き戻すために忌憚し続けてきた自分自身を受け入れる少女の願いが激突するクライマックスがめちゃくちゃ良かった。いやもう、学園モノらしいワチャワチャ感も王道ボーイミーツガールも楽しめるめちゃくちゃ楽しい新シリーズでした!次巻はリクスの古巣の傭兵団の面々が登場するようで、どうなっていくのか楽しみです。

それにしても直前に「ロクアカ」最終巻読み終わったばかりで、意味ありげに『愚者の霊薬』とか『黎明の剣士』とか出されるとめちゃくちゃ反応しちゃうんだよな。スターシステム的なやつかもしれないけどロクアカの終わり方考えるとどうにでもリンクできそう……愚者だしなあ……いやあんまり前作のこと考えながら新作読むのもアレなんですけど……。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (0)
  • 面白かった (0)
  • 興味が湧いた (0)
  • 持ってる (1)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (2)

2023年に読んで面白かったラノベ10+1選

今年は!書いたぞ!!年内になァ!!!
というわけで今年もあと2時間ほどですがいかがお過ごしでしょうか。私事ながら昨日コミックマーケット103に遊びに来てくださったかた、ありがとうございました。なんだかんだで珍しく年末が早めに収まったので久しぶりに旧年中に今年のまとめを書いております。

本年、概ね50冊程度とちょっと控えめな読了冊数に収まってたのですがその合間に小説家になろうでひたすらシャンフロを読んでたりしたので読書ペース自体は落ちていないハズ……(どちらかというとブログの更新頻度の低下が酷かった)とはいえ結構わかりやすく手を出せないまま終わった新刊・脱落したシリーズが多かったので来年はもう少したくさん読んでいけるといいなあ。過去作やなろうにも読みたいものがたくさんある……。

今年読んで面白かった新作・新シリーズ

かざなみ「私と陛下の後宮生存戦略 ‐不幸な妃は巻き戻れない‐」→感想
このイケメンの顔芸がすごい2023大賞
死ぬと1日前に巻き戻る能力を持つヒロインとそのループを唯一感知出来る皇帝陛下が運命の出会い!キレ散らかしながらヒロインのデスループを阻止するイケメン陛下のめくるめく顔芸!!!冷静に考えるとめちゃくちゃ重い設定なのにそれがひたすら笑いに代わっていくというとんでもないお話でした。イケメンの奇声と顔芸がみたい人は是非。コミカライズも最高でした。
夕鷺 かのう「かなりや異類婚姻譚 蛇神さまの花嫁御寮」→感想
ヤンデレヒーローの執着で夜も眠れないけど最後は暴力で解決する
婚約者に惨殺される未来を回避するため、未来視の能力を持つヒロインが奮闘する異類婚姻譚。好きになったら一途すぎてヤンでる旦那様を始めとして曲者揃いの登場人物達に頭を抱えながらも必死にフラグ管理する姿が最高に微笑まかわいかったです。やたらスッキリして終わるラストめっちゃ好き。
ゆいレギナ「100日後に死ぬ悪役令嬢は毎日がとても楽しい。」→感想
約束された「死」に向かって凛々しく歩む姿が美しい
100日後に約束された自らの終わりを受け入れて自らが愛した人々が少しでも笑って暮らせるよう奔走する令嬢の物語。気高く美しいその生き様が最高に良かったし、彼女の死を大きな心の傷としながらも彼女の遺志を受け継いで生きていく周囲の人々の姿が印象的でした。2冊で綺麗にまとまってるのもポイント高かった。
赤城 大空「【悲報】お嬢様系底辺ダンジョン配信者、配信切り忘れに気づかず同業者をボコってしまう〜けど相手が若手最強の迷惑系配信者だったらしくアホほどバズって伝説になってますわ!?〜」→感想
タイトルの圧が強すぎておハーブですわ
主人公視点だと「普通」に思えることが、コメント欄の視点を通すと冗談みたいな「規格外な無双プレイ」になっちゃってるギャップがシンプルに面白く、めちゃくちゃ笑えるお話でした!(タイトルが長すぎるのでコメント短め!!)
朝依 しると「VTuberのエンディング、買い取ります。」→感想
すべての「推し」で悩めるオタク達に捧ぐ物語
炎上によって「推し」という心の支えを失った主人公が炎上ブロガーとして様々な問題を抱えるVtuberに引導を渡していく物語。物語を通して見えてくるオタクの数だけある「推し」の形、それに引導を渡しながら自らの心に何かを問い続ける主人公の姿が印象的でした。1巻単体でも良かったけど2巻の続け方がまた好きで、続きが楽しみ。
下垣「自作3Dモデルを売るためにサキュバスメイドVtuberになってみた」→感想
クリエイターの難しさと世間の狭さを実感する物語
クリエイターとして成功したいのにVtuberとして大成功してしまい…という葛藤が大変良かったし、それはそれとして男子高校生がエッチな見た目のVtuberとしてえっちな目線を向けられるのはえっちで良かった。ネットとリアルが密接に絡み合う世間が狭い展開も楽しかったです。ところでカクヨム見たら2巻には女装ネタが入るそうなんですが続刊はまだですかね???

既存シリーズ

羊太郎「ロクでなし魔術講師と禁忌教典24」→感想
もう今年はこれの完結なくしてラノベを語れない
オールキャストで繰り広げられる魔王フェロード&天の智慧研究会との決着、グレンの本当の力が明かされる宿敵ジャティスとの決戦、そして……どんどんギアの上がっていく展開がひたすら凄かったし、そこからの絶望的な最後の戦いがヤバかったし、そこからのめちゃくちゃハッピーな大団円エンドが最高でした!!今年は本当にロクアカの完結を抜きにしては語れない。
紫 大悟「魔王2099 3.楽園監獄都市・横浜」→感想
2年ぶりの新刊、魔王と勇者の背中合わせの共闘が最高でした!!
めちゃくちゃ好きだったけど2巻打ち切り……になっていたとおもってたシリーズがまさかのアニメ化引っ提げて戻ってきた!!3巻は仲間達全員が大活躍するクライマックスもさることながら、これまで以上に魔王と勇者の関係性が濃厚で、大変に良かったです。かつての宿敵が背中合わせで戦う展開、もう好きしかない。
南野 海風「魔術師クノンは見えている 4」→感想
クノンとジオエリオンの関係性でご飯3杯行けるので
様々なしがらみなんか気にしないでひたすら魔術探求に精を出す主人公とその級友達がとにかく楽しいこのシリーズ。魔術談義まわりだけでも十分楽しいのに3巻からクノンにジオエリオンという親友にしてライバルが爆誕してしまったのでもう大変でした。4巻の直接対決最高すぎるからみんな読んで。これまで以上にクノンが台風の目になっていきそうな2年生編にも期待!!
二月 公「声優ラジオのウラオモテ #08 夕陽とやすみは負けられない?」→感想
声優ライブのこういう演出に弱すぎるオタク私
先に進むほどギアを上げていく「声優ラジオ」なんですけど8巻のオリオンvsアルフェッカライブの演出が本当に本当に好きで……もうアイドルコンテンツの声優ライブに行ったことあるオタクとしてあの世界のオタクに感情移入してしまったので私はもう駄目です。あんな演出されたら光る棒振れなくなっちゃうでしょ!!好き!!!
硬梨菜「シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜」→感想
今年後半ずっと読んでたなろう小説大賞
アニメ化もしたしすごい今更だし書籍化していないのでこのブログでは全然話題にしてないんですが、11月12月はずっとシャンフロを読んでました…いやもう何年もジワジワと読みすすめてるんですけどディプスロさんがめちゃくちゃ私の好きなタイプの主人公のライバル枠でして…「竜よ、竜よ!」の前半戦が好きすぎるんですがこれは…アニメもコミカライズもめちゃくちゃ最高なので未読の人は読んでみて欲しい。

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (1)
  • 面白かった (1)
  • 興味が湧いた (2)
  • 持ってる (1)
  • 買いました! (0)
  • ぱちぱちー (3)

薄幸な公爵令嬢(病弱)に、残りの人生を託されまして 2 前世が筋肉喪女なのに、皇子さまと偽装婚約することになりました!?

 

事件解決の鍵は(偽装)婚約!? スカッと爽快★武闘派ラブコメ第2弾!
病弱令嬢に転生した武闘派OLの呉葉は、隣国の皇子イザークに告白され戸惑っていた。 けれど返事に悩む暇もなく、イザークの祖国が絡む事件が発生し、このままだと国際問題に発展!? この事態を打開する一発逆転の策としてクレハとイザークは偽装婚約することに!?  しかも彼からの求愛は演技じゃなくて――前世が筋肉喪女には刺激が強すぎます!

病弱令嬢クレハ・メイベルに転生した武闘派OLの成鐘呉葉。自身を狙った陰謀を自らの腕力(魔力)で粉砕した彼女は、クレハから正式に残りの人生を託される。彼女の人生を幸せにしてみせる……でも幸せって?と思い悩む暇もなく隣国の皇子であり良き理解者であるイザークが意味ありげな態度を取り始める。更に、イザークの祖国での跡継ぎ問題を穏便に収めるべく、彼と偽装婚約をすることになってしまい!?

前巻よりもラブコメ増量した展開が微笑ましくてたまらない

楽しかった〜!!精神的にはイザークよりも年上だけど恋愛経験はからっきしな「筋肉喪女」の呉葉が、自身の恋心を自覚して押せ押せで迫ってくる(でも相手の意向はちゃんと尊重してくれるイケメン具合)イザークから求愛されて、必要以上に彼のことを意識してしまってワタワタするのが大変かわいくてよかった。

そんな中で発生したイザークの祖国・ハイダラでの皇位争い。前巻でクレハが命を狙われたのもその事件の一貫であったわけですが……予想以上にドロドロとした血肉の争い、親から子へ引き継がれていった呪いのような狂気が出てきてしんどくなる。自分の得の為なら親兄弟すらも手にかけられる兄、その弟であるイザークも時折冷たい一面を覗かせることがあって……。でも、そんな兄弟の争いの中でイザークの不穏な気配を察してスパッと(物理で)解決していく呉葉の姿が爽快で気持ちよかった。

前巻でクレハに誓った「クレハ・メイベルの残りの人生を幸せにする」という言葉が何を意味するのか。恋愛やら血肉の争いやらでぐるぐるになりながらも思い悩む呉葉がイザークの悩み事を解決し、そんな中で「私自身が幸せになればいい」と見出していく展開がムネアツでした。それにしてもイザークの身の内に危険な心を隠し持った紳士ぶりも大変良いのですが、クレハの兄テオバルトの「シスコン」と「良い兄」の絶妙な配分が最高すぎる……前巻のラストも色々な意味で兄が持っていってましたが、今回も不器用な「妹」の恋路にナイスアシスト入れつつも暖かく見守っている感じが最高でした。ナイスメガネ!!!

記事への反応
なにかあれば
  • わかる (2)
  • 面白かった (2)
  • 興味が湧いた (2)
  • 持ってる (0)
  • 買いました! (1)
  • ぱちぱちー (1)