マテリアルナイト 少女は巨人と踊る | 今日もだらだら、読書日記。

マテリアルナイト 少女は巨人と踊る


[著]雨木 シュウスケ
[絵]椋本 夏夜

前半は面白いと思うのですが、後半どうしてこの作品、こんなに展開のテンポが悪いんだろ…?
前半は一気に電車やバスの中で読み進めたんですが
中だるみしてるのか、中盤や後半は読んでる最中に眠くなったり、
「あれ?これってこんな展開だっけ?」っていって前に戻ったり…とにかく、テンポが悪い。
集中してストーリーを先に読み進めようって感じになっていかない。

ぶっちゃけ、真実を明かすタイミングが悪いような気がする。
「ひょっとしてこうだったんじゃ…」とか展開をある程度予想したところで
衝撃の展開がやってくるので、「あ?やっぱりね?」って感想しかもてないのです。
特に「ステューピッド」の意味と「テリードが生き返る部分」がね。
つうか、元々何も考えずに原作読むタイプの私に先の展開予想されちゃ駄目でしょ…(笑)
中盤のレアナが自分のマキナをシィナに見せる部分やテリードの正体は新鮮に驚けましたが。

後半の微鬱な展開よりも、前半のコミカルな展開の方が面白い気がした。
特に、どこかの批評サイトでこういう批評を先に読んでしまった所為もあるんだけど
主人公たちが罪を背負っていて、それを償いに宛てるだけの権力があって、鬱になるほど気にしてる割には
こいつら、何も償ってないよなあ…っと(笑)
たとえば自分たちが破壊してしまった街の復興資金をこっそり回すくらいは、出来たんじゃないかとか。
(ひょっとしたらその程度は当然やってて、原作中では描かれないだけかもしれませんが)