しにがみのバラッド。11 | 今日もだらだら、読書日記。

しにがみのバラッド。11

[著]ハセガワ ケイスケ [絵]七草

見た目の派手さからクラスのアイドル的な扱いを受けているカノカは、裏心がミエミエの“友人”達と適当な付き合いを繰り返すのに疲れていた。そんな彼女には気になるクラスメイトが居る。学校中から「不思議ちゃん」と呼ばれる彼女・ミツミには過去に“天使”と出会った経験があって…
  個人的お気に入り度数
個人的お気に入り度数
「しにバラ」は個人的に凄いツボに来るときと全く駄目なときの波が激しいのですが、今回は大当たりの回でした。1巻の大部分を使って語られる「うみねこのプリズム。」が凄く素敵な話で。やはりしにバラはちょっとふんわりと切なく優しい話が似合う。

「かのかプリズム」で描かれた、カノカとミツミの不器用な友情も可愛らしいのですが、それ以上に「うみねこのプリズム。」でのヤストとユズルの関係が最高です。「メガネを取れば美少女」というユズルの設定はもっと挿絵の七草さんに全力を出していただいて頑張って欲しかったですが(挿絵を見る限り、どうみても「メガネをとっても美少女」には見えません…すいません)、美少女美少女とからかわれる度にいちいち頬を染めて全力で否定するユズルのうぶっぷりが実に可愛いなぁ。エピローグで4人が仲良く戯れてるところはホントにニヤニヤしっぱなし。青春の甘酸っぱさが炸裂で、非常に良かったです。

しかし、やはり今回のヤストとユズルの親友関係には、萌えずにはいられない。うっかりヤスト×ユズルを妄想してニヤニヤしてしまったのは内緒です★

しかし、ハセガワさんの文章、余白多すぎなのはいつも通りだけど こんなに面白かったっけ。(でもメガネをとったら美少女)の連呼とか、かなり噴いたのですが。「みずたまぱにっく」の方のコミカルな文章がしにバラに移ってきた感じで、このくらい軽い方が好きかもなぁ。

そしてモモとアンの対決(?)は今回で一応決着?というかこれが最終巻といわれても違和感は無かったかも。いい感じに話も面白かったし。まあキノみたいに時間軸弄ればいくらでも伸ばせそうなシリーズではありますが…。