BL | 今日もだらだら、読書日記。

BL一覧

並び替え:
NO IMAGE

「八王子姫」

海野 幸  ユキムラ バリバリのキャリアウーマンで女性らしさのカケラも無い幸彦の姉はロリータ服を縫製して弟に着せるという趣味の持ち主。姉に頭の上がらない幸彦は嫌々ながらそれに...

NO IMAGE

「純愛エゴイスト」

藤崎 都 中村 春菊 つきあっていた彼女にこっぴどくフられた上に本気で人を愛することができないと指摘され、落ち込んでいた中條弘樹は半ば強引に高校生の家庭教師というアルバイトを...

NO IMAGE

「魔女っ子サラリーマン」

高将 にぐん さらちよみ ある日突然、父親から少女趣味全開な魔女っ子ステッキを手渡された普通のサラリーマン・津島弘文。どうやら死んだ母親はホンモノの魔法少女で、その力が弘文に...

NO IMAGE

小林 典雅「嘘と誤解は恋のせい」

 隣のサラリーマン・和久井に密かに片想いしている大学生の結哉。想うだけで十分……と思っていたら自宅に入り浸っている先輩の騎一が「授業でアンケートを取ってる事にして隣とお近づきになれ...

NO IMAGE

栗城 偲「恋愛モジュール」

 能力はあるけどコミュ障気味なプログラマーの島垣が、初のプロジェクトリーダーに任命される。同じチームに配属された新人SEの藤森は、島垣とは反対に明るく人懐こいイケメンで苦手意識を持...

NO IMAGE

榎田 尤利「愛なら売るほど」

 大人気漫画『愛売る』の作者・藤野泉は10年来好きだった高校時代の同級生・飴屋と同窓会で再会する。自分が漫画家だということは隠していたが、偶然彼と同じマンションに引越しすることにな...

NO IMAGE

渡海 奈穂「熱愛」

 小学生時代に一線を越えてしまった佐津と日浦は中学時代に偶然再会を果たし、同じ高校に入学するが、過去の因縁が絡み合ってきて……というお話。  実際には両想いなんだけど佐津の過...

NO IMAGE

かわい 有美子「饒舌に夜を騙れ」

 SATを舞台にした相棒物というか戦友物というか。優等生タイプが本能で動くタイプのカリスマ系に惹かれちゃってどうしようもなくなったり俺の背中はお前にしか預けられないぜ的な話は大変好...

NO IMAGE

渡海 奈穂「正しい恋の悩み方」

尾崎、めんどくさい。  「徹底的に避ける」て、自分から勝手にやっといて相手にまともに事情も話さず着信拒否に音信不通に引越しまでするとかどんだけ豆腐メンタルなんだよ……喧嘩ップ...

NO IMAGE

渡海 奈穂「たまには恋でも」

 オタクネタあるある……なネタの数々が楽しかったけど一部「オタクネタあるあ……る……あ……(白目)」だった。  攻の椋本が凄くイケメン気取ってるんだけど(そして事情を知ってる...

NO IMAGE

高将 にぐん「放課後カタオモイ」

 クラスでも目立たないオタクの順にマンガなど殆ど読まないイケメンサッカー少年の丹羽が声を掛けてきた。漫画研究部の部誌に載せた順のイラストに一目惚れしたという彼の言動に最初は戸惑って...

NO IMAGE

高将 にぐん「キミログ」

 偶然、同級生男子のやってるブログを発見したと思ったら、そいつが普段の落ち着いた優等生のイメージとはかけ離れたテンションの高さで猛烈に俺の事を語っていた。何を言っているかわからない...

NO IMAGE

栗城 偲「恋をするには遠すぎて」

 小さい頃に「オタクっぽい男」にストーキングされて嫌な目にあったことがある袖崎はクラスのオタク男子達を良く思って居なかった。笑いものにしたり、虫の居所が悪いと嫌がらせをしたりしてい...

NO IMAGE

砂原 糖子「職業、王子」

「誰がお前を抱くと言った」 「……え?」 「冗談じゃない。何故、私がおまえの汚れた場所に挿入せねばならないのだ。おまえがすべきことは反対だな」 そ の 発 想 は な か っ...

NO IMAGE

高将 にぐん「猫耳サラリーマン」

 変な小瓶を開けたらバイト先の上司・小津が猫耳姿で「願い事を3つ叶える」といいだした。実は小津は魔法使い見習いで、一人前になるには3つの願い事を叶えなければいけないらしい。しかも魔...

NO IMAGE

栗城 偲「今日も明日も会いたくて」

 浅緋のやっているお弁当屋にある日やってきた奇妙な客・黒崎。弁当を注文している最中に居眠りしはじめたり、栄養の偏ったお弁当ばかり買っていくのが気になってつい食生活のアドバイスなどし...

NO IMAGE

吉田 ナツ「大好きなんです」

 慕ってくる後輩・都石は自分好みドンピシャで……しかもオタクだった。自分の嗜好(=ゲイ)をひた隠しにして、自分のビジネスを手伝って貰う代わりに都石のモテキ到来(違)に協力することに...