“恵ノ島 すず” の検索結果 | 今日もだらだら、読書日記。

キーワード:恵ノ島 すず (4 件 / 1 ページ)

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん [Disc 2]

 

現実世界のゲーム実況が神々の声として聞こえるようになったジーク。神託を通じ婚約者リーゼロッテが“ツンデレ”だと知った彼は、その可愛さに悶え、誓った。―彼女の命を奪う元凶“古の魔女”を許さない。しかしその討伐のため、神託に従い国の最高戦力を集めたはいいが、婚約者本人まで戦う気満々なのはなぜなんだ…?遂にバッドエンドの黒幕と直接対決!ゲーム実況が導く先に不遇な悪役令嬢のハッピーエンドは訪れるのか…!? (「BOOK」データベースより)

BookWalkerで探す  hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

ゲームを通して乙女ゲームの世界に「声」を届けられるようになった高校生の男女が「実況」と「解説」を駆使して誰も見たことがない完全ハッピーエンドを目指す物語、完結編。いよいよジークとリーゼロッテが両想いになり、破滅フラグも回避──と思ったのもつかの間、ゲームの展開通りに“古の魔女”がリーゼロッテの意識を蝕みはじめ……というお話。

魔女との最終決戦に対抗するため、未登場の「攻略キャラ」達に助力を求める展開〜まではいいんだけど、もともとフィーネが何故かムキムキ状態でそれに引きずられて周囲の面々のレベルも上がっており、更に遠藤のアドバイスによってゲームにはない戦力も加わってきてオーバーキル感が半端ない。ゲームでのフラグを立てていないので助力を求めるのが難しいかと思われていたキャラが思いもよらぬ人物によって懐柔されたり……と、ゲームでは見えなかった人物関係が見えてくるのも楽しい。

本来のゲーム展開では孤立してしまっていたリーゼロッテを救うため、これだけの人たちが力を尽くしてくれることが感慨深かった。遠藤・小林の言葉がすれ違ってしまっていた二人の関係を解きほぐしたからこそ迎えることが出来た結末。ただ萌え語りをしているようで、それがきっかけでイチャイチャしているだけのようで、その「実況」と「解説」こそがリーゼロッテの破滅する運命を打開する鍵としてしっかり働いているのが上手いなあと。それにしてもこんなに戦力がオーバーキルキルで最終決戦の見せ場は大丈夫!?と思っていたら、まさかの土下座系女神登場で腹抱えて笑ってしまった。いやでも、ゲーム世界の本来の流れとか踏まえて、色々とこれまでのことぜんぶが神代から続く壮大な痴話喧嘩だったんだと思うとワロエナイな……。

そして思わぬ展開から最終決戦は現実世界で行われることに。最後の最後ですれ違ってしまい窮地に陥る遠藤・小林の両名を救ったのが「向こうの世界」からの「実況」と「解説」だったもんだからもう…!!恋愛に疎い両名の、指摘されてみれば笑っちゃうようなすれ違いっぷりにニヤニヤし、こちらが恥ずかしくなるくらいの真っ直ぐな告白に胸を熱くしてしまう。ジークとリゼたんのようなイチャイチャとはまたちがった、少しずつ距離を縮めていく遠藤と小林の関係が大変に甘酸っぱかったです。

最後までゲームの画面を隔てたままの語らいが最高に楽しく、そしてだからこそ避けることができない「ゲームクリア」と言う名の別離に涙してしまった。そして、そこからのエピローグが楽しくて……!!2巻で綺麗にまとまってるのも大変にポイント高かったです。楽しかった……。

 

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん

 

王太子であるジークは突然聞こえた神の声に困惑した。神曰くジークの婚約者・リーゼロッテは“ツンデレ”で、“破滅”を迎える“シナリオ”らしい…?彼女のキツめの言動は、全て照れ隠し!?神が解説する彼女の本心が可愛くて一人悶えるジークは、知る由もなかった。実は神の正体が、ゲームを実況をするただの高校生だと…。神託(※ゲーム実況です)を頼りに婚約者を救え!隠したい本音がダダ洩れな悪役令嬢、バッドエンド回避なるか!? (「BOOK」データベースより)

BookWalkerで探す  hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

趣味と実益を兼ねてお気に入りの乙女ゲームを実況しながらプレイしていた放送部の遠藤くんと小林さん。ところが、推しの悪役令嬢・リーゼロッテの相手役である王太子・ジークに『神託』としてその声が届くようになってしまい…「実況」と「解説」を駆使して悪役令嬢の本音を暴き、本来のゲームにはなかった完全ハッピーエンドを目指していく物語。

アドバイスとは名ばかり、ほぼオタクの萌え語りマシンガントークそのものな【神の声】が超楽しい。誤解を受けやすいツンデレ令嬢が分かりづらい態度を取る度に、その「本音」を片っ端から解説されてしまって、その声に感化されてどんどんゲーム内の人物関係が良い方に変わっていくのにニヤニヤが止まらなかった。王太子はどんどんリーゼロッテにメロメロになっていくし、それを見た本来のゲームヒロインであるフィーネもなんとなく彼女の真意を理解して仲良くなっていくし、フィーネにはちゃんと別の人との出会いが待っているし……で、優しい世界がすぎて尊い。ジークとリーゼロッテのツンデレ甘々カップルも好きなんですけど、フィーネとバルドゥールの関係性がまた好きだった。

同時に、並行して現実世界で繰り広げられる主人公たちの恋愛模様がまた可愛い。止む終えぬ事情で野球への道を絶たれて落ち込んでいた遠藤が放送部のオタク女子・小林によって救われて恋に落ち、そして気づいたら彼女の「推し」の乙女ゲーム沼に落とされているという二重の流れにニヤニヤが止まらないし、未だ野球部への未練が拭えぬ遠藤をそれとなく支える小林の姿にじんわりしてしまう。ひたすら糖度高で進む乙女ゲーム側の恋愛事情とは打って変わって、青春まっただなかな二人の関係が甘酸っぱい。

大好きな乙女ゲームのキャラクターたちの運命を握ることになってしまったことに重圧を感じながら、それでも本来のゲームでは絶対に幸せになれないリーゼロッテをはじめ、乙女ゲームの登場人物たちが全員幸せになるエンディングを模索していく姿が印象的。本来のゲームでは絶対に避けられないはずのリーゼロッテの破滅エンドをどう回避するのか。やたらとフィジカルお化けなフィーネの設定とか意味ありげな現実世界の設定とか色々まだ明かされていない裏もありそうで、続編が楽しみです。

 

「好きラノ 2019年下期」投票します。

企画元:ラノベ人気投票『好きラノ』 - 2019年下期

ちょっと前に書いた2019年面白かったラノベと半分くらいタイトルかぶってますが!!!今回も参加させていただきます。2019年はここ数年来だと比較的ラノベを読んでいた年だったなと思うので、2020年も同じくらいは頑張っていきたいです。

Twitterからの投票も受け付けられてますのでお気に入りの作品があるかたは是非ご参加ください。

恵ノ島 すず「ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん disc2」→感想
【19下ラノベ投票/9784040730547】
各カップルの恋愛模様も可愛いかったけど、乙女ゲームと現実、2つの世界を繋いだ奇妙な縁に「ゲームクリア」と言う名の決着が描かれていくのが印象的でした。そして、最後のご褒美といわんばかりのエピローグが可愛いやら胸が熱いやら!
常盤くじら「エリスの聖杯」→感想
【19下ラノベ投票/9784815603816】
おとなしくて地味な令嬢と稀代の悪女と讃えられた令嬢の亡霊、ふたりがタッグをくんで事件に挑む、女ふたりの相棒もの。謎が謎を呼ぶ展開もさることながら、とにかく貴族社会の闇が深すぎて怖い。いろいろな意味で事件の真相が気になります。
九岡 望「地獄に祈れ。天に堕ちろ。」→感想
【19下ラノベ投票/9784049126662】
妹のために生き返った亡者と姉の死に囚われ続ける生者。相容れぬ男ふたりがタッグを組んで街を揺るがす事件に挑む、男ふたりの相棒もの。剣呑すぎる掛け合いと、文字の弾丸で彩られるド派手な戦闘シーンに圧倒されました。亡者の街を生きる個性豊かな面々のエゴのぶつけ合いも楽しかった!
小路 燦「異世界転生アンチテーゼ 転生魔王はチート転生者をチートで殺します」→感想
【19下ラノベ投票/9784041083734】
異世界転生して魔王になった主人公が、同じ異世界転生者達のその目的を論破し狩っていく。ただ主人公の愉悦のために身も蓋もなく消費されていく転生者達の姿が滑稽ですらあり、読んでいるこちらも仄暗い愉悦を感じさせられてしまう。いろいろな意味で他で読んだことのない読み口で、面白かった。
黒留 ハガネ「世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2」→感想
【19下ラノベ投票/9784865545333】
超能力を得たけど非日常は得られなかった主人公がプロデュースする、非日常マッチポンプラノベ。超能力者、異世界人、CIAまで揃ってそれでも「非日常」だけは得ることが出来ないというのが色んな意味で日常さん強すぎであり、このラノベが2巻打ち切りなのまじで解せない(恨み節)
衣笠 彰梧「ようこそ実力至上主義の教室へ11.5」→感想
【19下ラノベ投票/9784040640075】
短編集の顔した「第一部完結編」。登場人物たちの1年間での成長や関係性の変化を余すことなく描きながら、2年生編への新たな布石をしっかりと仕込みを入れていく物語で最高に次巻への期待を持たせつつラストの挿絵に書き手のこころなさすぎで1000万点。いろいろな意味で真意のわからない綾小路の独白と彼自身の本音であるはずの地文すらも裏切っていく挿絵の容赦なさが印象的だった。
渡 航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14」→感想
【19下ラノベ投票/9784094517811】
2019年はやはりこの作品の完結抜きにしては語れないと思う。拗らせ続けた八幡がやっとのことでたどり着いた結末と、終わりと同時に始まりを感じさせるラストに胸が熱くなる。最終巻の前半までずっと迷走し続けてしまったのが実に「俺ガイル」だなあと。最高に楽しかったです。
永瀬 さらさ「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6」→感想
【19下ラノベ投票/9784041082683】
「悪役令嬢」という破滅の運命を乗り越えるため─愛する旦那さまとハッピーエンドを迎えるため奮闘する主人公のアイリーンと、彼女を救うために同じ土俵に上がるライバル・リリア様がめちゃくちゃにかっこいい。乙女ゲーム世界であることに拘った展開が楽しかった。
師走 トオル「ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女」→感想
【19下ラノベ投票/9784040732343】
政情から子供では居られなかったヘンリエッテと、そんな彼女を「仕事」で護衛する反面それでも子供として扱おうとするコルネリウスの関係がとても良かった。各主人公それぞれの立場や見えているものの違いも透けて見えて、次巻が楽しみすぎる物語でした(だから5巻お願いします…)

 

2019年読んで面白かったラノベ10選

あけましておめでとうございます。
今年もこのブログをよろしくお願いいたします。

10年代ベストを作った際に「やはり1年分のまとめは下半期まとめとは別にほしいな…」とおもったので2019年読んで面白かったラノベのまとめです。ぶっちゃけこの後に投稿するであろう「好きラノ2019下期」とネタがかぶる予感がするのですが(投票は12日までですよ!)、自分がこれから期日までに何冊か読んで顔ぶれ変えてくれることを信じて!!

なお、10件ぴったりだったのでこの記事の内容をほぼそのまま「マニアック・ライトノベル・オブ・ザ・イヤー」にも投票してきました。投票は明日までなので10タイトル思いついた人が居たら投票してくると良いと思います。

2010年代ベストも頑張って書いたのでよんでね!

瘤久保 慎司「錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」」→感想
この話を劇場アニメでみたい2019
『都市が生える』という発想がもう強さしか無いし、こんなに動いてるところを大画面で見たくなるラノベもなかった。ジブリかTRIGGERでお願いしますってしつこく言う。ストーリー的にも第一部クライマックスで最高に盛り上がっていて楽しかった!
黒留 ハガネ「世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)1」→感想
この「日常」が強いライトノベル2019
欲しかったのは『異能』というよりも『非日常』なのだという主人公の言葉になるほど納得してしまう。そこから、自らの力を使って全力で非日常を『演出』してしまうという、自己満足に満ち溢れた若干傍迷惑なドタバタっぷりが最高に楽しい。そして超能力も異世界も包み込んでしまう「日常」さんが強い。
小路 燦「異世界転生アンチテーゼ 転生魔王はチート転生者をチートで殺します」→感想
この「悪趣味」さが好きなライトノベル2019
異世界転生して魔王になった男が同じ異世界転生者を次々と狩っていく物語。彼らによって生み出されるはずだった物語をバッドエンドの余地も与えず駆逐していく姿が最高に悪趣味で楽しかったです。
有象 利路「賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 〜愛弟子サヨナのわくわく冒険ランド〜」→感想
2019年一番読んで笑ったラノベ
シモネタと内輪ネタとメタフィクションでひたすら爆走するギャグ小説。とにかく勢いの勝利感があるけどこんなに笑ったラノベも今年他になかったので推したい。登場だけで8行使うマスコットキャラくんが好きです(曇りなきまなこ)
恵ノ島 すず「ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん」→感想
2019年一番キュン死したラノベ
ツンデレヒロインのツンデレを全部事細かに解説されてみんなで「ギャーかわいい!!」ってなるお話。現実とゲームの世界、両面で繰り広げられる恋愛模様と、現実・ゲームの世界の間で築かれていく絆がひたすら可愛かった。2巻できれいにまとまってるのもポイント高い。
衣笠 彰梧「ようこそ実力至上主義の教室へ7」→感想
2019年一番沼だったラノベ
難しいことは何も言わずに7巻の綾小路・龍園の殴り合いの挿し絵を見せてきた友人のやり口が巧妙すぎて震えた(5分後に電書で全部買った)。物語そのものもさることながら、絶妙に良い仕事をする挿絵が本当に良い…1年生編クライマックスである11巻・11.5巻も良かったのですが沼の元凶である7巻を推します。
羊太郎「ロクでなし魔術講師と禁忌教典14」→感想
今一番おもしろいと思ってる長編ラノベ
ほんと毎回「最高に面白かったとおもった前巻を更に超える面白さ」とかボジョレー状態になってるんですけど、14巻の絶望的な閉塞感とそこからシスティーナが介入するクライマックスへの盛り上がりが凄かった…。
師走 トオル「ファイフステル・サーガ4 再臨の魔王と女神の巫女」→感想
今一番続きを心配しているラノベ
主人公3人に加えて脇役達の人間関係も深く掘り下げられてきて、油が乗ってきた感が凄いのでなんとしても5巻が出てほしい…。あと4巻表紙のコルネリウス隊長がめちゃくちゃ好きすぎてこの気持をどうしたらいいかわからなくて持て余している。
永瀬 さらさ「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました6」→感想
このライバルキャラがかっこいい2019
いやほんとにこのシリーズはリリア様のかっこよさが半端ないので推したい!!ゲームプレイヤーを自称する彼女が、「推しヒロイン」である主人公のアイリーンとNPC達を守るために自らも「ヒロイン」になる姿が最高にアツかったです。
渡 航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14」→感想
完結してよかった2019年大賞
俺ガイルとは思えないようなストレートに甘々な展開にもニヤニヤしちゃうし、物語が終わっても彼らの青春は終わらないと思わせるラストも最高でした。長い長い迷走からようやく抜け出して、「終わり」へと向かっていった物語に感慨深さしかない。ところで短編集のうちの1編とかでいいので3年八幡のクラスでの日常がみたいです。