ページ 50 | 今日もだらだら、読書日記。

読了記録まとめ[2011年1月分]

1月のラノベ読了冊数は再読含め7冊でした。

いや、実際「オススメされた漫画消化月刊」だったわけですが。珍しく少女漫画をたくさん読みました。漫画以外のの読了数が減ったのはゲームやってたからだけど。読みたい本は多々あれど、既に購入金額以上に置く場所の問題が深刻な今日この頃です。同情するなら書庫をくれ(切実)

そんな私の今月イチオシ漫画は「ドリームメディシン」です。夢の世界に逃避しようとする人間たちと夢と現実の狭間の世界で彼らに「夢」を見せる謎の少女・まゆらの物語。自分の漫画好きの原点ともいえるような作家さんが5年ぶりに新作を出したとなったら推さざるをえないよね!!単巻完結で部屋のスペースにもお財布にも優しいので皆さん是非読んでください。個人的には2話が神展開だと思うんです。

評判がよかったら、ひょっとしたら、2巻が出るかもしれないじゃない…!!


4088670949ドリーム メディシン (りぼんマスコットコミックス)椎名 あゆみ
集英社 2011-01-14

by G-Tools


続きを読む


ココロコネクト ミチランダム

 

そして――永瀬伊織は壊れていった。
「太一とは、付き合えません」太一は正式に伊織に告白し――玉砕した。異常な現象が起こっていても関係ないと、決死の覚悟で臨んだ想いは儚く散り、その上、重い足を引きずり向かった部室でフられた事をメンバーに知られてしまう! 部内は騒然となり、稲葉は動揺を隠せない。伊織が場を取りなそうとしたその瞬間、彼女の心と感情が響き渡り……。そして、その日を境に永瀬伊織は変わってしまった――。愛と青春の五角形コメディ、岐路と選択の第4巻!

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

それまでどうか、この考えが『感情伝導』しませんように。
いや、違うな。
「『感情伝導』させるんじゃねえぞ<ふうせんかずら>。そっちの方が絶対に面白いものが見られるからよ」

シリーズ第4巻。“文研部員の誰かの考えている事が、ランダムで部員の誰かに筒抜けになってしまう”という『感情伝導』現象の中、太一は伊織に告白するが……というお話。前巻の『時間退行』現象も酷かったけど、今回の『感情伝導』の性質の悪さ半端ない。それでさえ一瞬考えてしまった気まずい思いなんかが伝わってしまったりするのに考えている事が一部しか伝わらないものだから、ますます誤解が広がってしまう。しかも距離は関係なく伝わるものだから、逃げ道もなくて……という性質の悪さ。

文研部の面々がそれぞれ伊織との関係を修復しようとして次々に玉砕し、挙句にクラス内でももめごとを起こしてどんどん孤立して行ってしまう序盤・中盤は本当にもどかしく、心が痛いんだけど最終的に彼女を引き戻したのは親友・稲葉の行動。決して強いわけではないけど、様々な痛みや葛藤、恐怖に立ち向かいながらも親友の為、不敵に事態に立ち向かっていく稲葉の様子が本当にかっこいい。そしてその稲葉が動くきっかけを作ったのは愚直ともいえる太一の行動で。相変わらず「誰かが動けなくなったら他の誰かがその背中を押す」ような5人の関係にニヤニヤします。今回は伊織の話であると同時に、稲葉の話でもあったよなあ。それにしても、「デレばん」可愛いよデレばん。

結局「永瀬伊織は決して強くなんかない、ただのありふれた女の子だ」という事実を本当の意味では伊織自身すらもちゃんと認識できてはいなかったんだなあと。一見不可解なように見えた伊織の態度の変貌も、ひとたび口に出してしまえば彼女の悩みは本当に年頃の少女としてありふれた悩みで。そんな彼女の悩みを笑い飛ばし、吹き飛ばした稲葉の言葉が心地良かったです。そして危機に陥った稲葉を助けようとする太一・唯・青木の3人の『心の声』と、4人に背中を押された伊織の奮闘に凄くニヤニヤする。

相変わらず真っ直ぐすぎるくらいに真っ直ぐな青春模様も今回の一件でひとところに落ち着いた印象。ふうせんかずらの謎の言葉が示すように、そろそろ物語も終盤に差し掛かったという事でしょうか。どのような結末を迎えるのか、本当に楽しみです。

ところで、今回の話がどうしても↓とオーバーラップする。
性格は全然違うけど、長門と伊織の人間性がどこか似てるんだろうなあ。敵ではなく、「彼女ならなんとかできる」「彼女は強い」という味方の思い込みこそが彼女を追い詰めた。そしてそれを自ら溜め込み、静かに内で爆発させて壊れるしかなかった。そんな所が。


4044292043涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)谷川 流 いとう のいぢ
角川書店 2004-07

by G-Tools


バカとテストと召喚獣9

 

知略謀略なんのその! このチームは最強だ!? 墓穴と姦計が入り乱れた対Cクラス試召戦争。Fクラスは、なんとか初日をタイムアップで切り抜け、勝負を二日目に持ち越すことに成功した。しかし、たたでさえ低い点数をさらに減らしてしまった彼らは、いきなりピンチ状態からのスタートに!しかも、明久は風邪で不在……。 どうなるCクラス戦!? この劣勢を覆すことができるヒーローはいないのか!? 「それで、話ってなんだい吉井君?」(by知的眼鏡先生)勝利を信じる心と絆が奇跡を呼ぶ第9巻!!

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

2 1 2 P で 死 ん だ (挨拶)

いつも通りバカやりつつも、さりげなくしっかりと人間関係のまとめに入りつつあるなあ……というのをひしひしと実感しつつ、8巻の続き、丸々1冊試召戦争なシリーズ本編第9巻。

8巻がバカやりつつも結構恋愛面押しな部分を感じたのでどうなるのかなあ……と思っていたのですが、今回は風邪で戦線一時離脱した明久と召喚戦争の渦中に居る雄二の二人の視点から、いつもとはちょっと違った取り合わせで描かれるキャラクター達の様子が新鮮でした。二人が離れているからこそちょくちょく覗かせる、お互いへの信頼やお互いの不在に対する反応が美味しい。

Fクラス(雄二サイド)では明久の代わりに雄二の補佐役ポジションに納まった秀吉と雄二のやりとりやら、姫路さんの本気にニヤニヤが止まりませんでした。秀吉と雄二の絡みはずっと見てみたかったので超私得。さりげなく雄二にライバル宣言(違います)をかます姫路さんにもニヤニヤします。

一方、Aクラス(明久サイド)では明久を餌付けしようとするAクラスの面々がマジ可愛すぎる。ボロがでそうな優子さんもかわいいし、柄にもなく取り乱す工藤さんも可愛すぎるし、何より久保君の「普段の姿」が見れたのもポイント高かったです。っていうか、本当に彼は明久さえ絡まなければスペック超高なイケメンだったんだね……(ほろり)

そしてクライマックス。姫路さんが明久の為自らの限界を超えて必死で努力する姿と、そんな彼女の努力を『無』にしないため、自らを顧みずに彼女の元へと奔走する明久の姿が熱い。本気を出した明久を見て迷わず全てを委ねた雄二はどれだけ明久の事を信頼してるというのか。艱難辛苦を乗り越えてようやく合流した二人の一瞬の邂逅の破壊力やばい。ほんとやばい。212Pの雄二と明久がホントやばい(大事なことなので何度でも言います)

明久&雄二に久保&明久に秀吉&雄二に謎の新キャラ(天然系子悪魔ショタ)と、本当に私得すぎてご馳走様でした。ややブレーキ壊れた感を受けた女装ネタやらヒロインズの「お仕置き」やら変態行動がほぼなかったのも正直ちょっと嬉しい。本当に今回は色々な意味でヤバかったなぁ…!!!

そして、今回の終盤でなんとなく物語の終着地点が見えてきた感。Aクラスとの試験召喚戦争決着に、姫路さんの●●フラグ、そして影で暗躍する高城なる3年生。当初の予定だと確か本編全10冊と聞いてたけど本当に本編あと1冊で片付くのかなあ、どうせならあと2?3冊続くといいなあとか色々思いつつもどんどんクライマックスに向けて疾走するこのシリーズにどのようなゴールが待っているのか。本当に楽しみです。

で、まあそれはそれとして次巻は短編集なわけですが
1年次の明久雄二の出会い話やるとかどんだけ俺得やばいマジ楽しみほんと楽しみ


オペラ・エテルニタ 世界は永遠を歌う

 

役者は揃った―病を負った、剣士にして薬師の青年。完璧な美貌を持つ謎の詩人。青年を狙う暗殺集団の少女。舞台は整った―「世界の王」と呼ばれし者と、鳥の姿をした神によって、一度滅んだ後に復活した世界。不死を、生きる意味を、愛を求めて、彼らの長い旅が始まった。永遠よ、かくして第一の幕が上がる!全審査員が絶賛、第3回角川ビーンズ小説大賞優秀賞受賞。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

『魔物』によって故郷を喪い自らも魔物の呪いを受けた青年・カナギは故郷を救う為、自らの命の為に呪いの特効薬を作る為万病に効く「命の花」を求めて旅をしていた。その途中で、うさんくさい詩人と出会って行動を共にする羽目になるのだが、暗殺者の少女・ミリアンから命を狙われて……というお話。ビーンズ文庫というよりは古きよき全盛期時代のスニーカー文庫という印象を受けました。うーん、恋愛要素が薄いからかな。あえて言うならヒロインはカナギだと思うんです。え?ミリアン?彼女はヒーローですよね?

剣の腕が立ち、頭も良く、だがしかし直情気味で……と、かなり主人公らしい主人公なのに、魔物の呪いのせいでしょっちゅう血を吐くわ「病弱」といわれると怒るわ……というカナギの設定にとてもニヤニヤした。うさんくさくて真意を見せない詩人・ソラとのコンビ具合も美味しいし、カナギを殺そうと付けねらうミリアンとのやりとりも楽しい。

魔物の脅威から世界を護る「王」と「鳥の神」、そして彼らに仕える「不死者」によって護られた世界で魔物の呪いを解く方法を求める旅。大きな物語の序章といった感じの第一巻でしたが面白かったです。メイン3人以外のキャラクター以外も今後も物語りに絡んでくるのかなあという感じがするし、ちょっとだけ明かされたソラの正体も気になる……ということで、続きがとても楽しみ。

……しかし、ビーンズ文庫の、この巻数表記を書かない姿勢は本当になんとかならないのか。シリーズがある程度揃ってから手を出すとまずどれから読めばいいのかわからなくて手に取るハードルが無駄に上がっちゃうんだよ…!


ココロコネクト カコランダム

 

終業式、文研部のメンバーは謎の文字を見つけた。「永瀬・稲葉・桐山・青木」、そして「12時~17時」。誰が書いたのか、意図すら分からず、首をひねる五人。だが彼らは12時に、信じられない光景を目にする。子供に戻った伊織と唯、二人は身体と精神が幼くなっていて…!?17時にピタリと止まる奇妙な条件、姿を現さないふうせんかずら、そしてただ一人現象が起こらない太一に、謎の影が忍び寄る―!愛と青春の五角形コメディ、大波乱の第三巻。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

太一を除く4人が子供の姿に戻ってしまうという、三度目の異常現象。いつものようにふうせんかずらが現れないことを不思議がる4人だったが、実は太一の前にふうせんかずらではない「二人目」という存在が現れており……というお話。「ふうせんかずら」以外の存在の登場で、あちら側の事情が少しだけ透けて見えた巻。このまま異常現象の原因や「ふうせんかずら」側の事情には触れずに話が進むのかなあとおもっていたので、今回の展開はやや意外だったかも。

今回は唯や青木の「過去」がメインの話で、とにかくなにより青木がかっこいい!!自らの記憶のない間に浮上した「唯に似た容姿の元彼女」の話と、思い悩む唯の姿を見て普段の彼らしからぬ迷いを見せた青木だけど、一度心を決めたあとはどこまでも強かった。相変わらず、彼らの見せる青春具合にはニヤニヤしてしまう。

ところが、事態が解決したと思いきや——その後の展開が物凄かった。子供になる時間が予め決まっていたせいでなんとか取り繕われていた「日常」を完全に崩され、どこにも行けず、事態を解決する手段を持たない彼らに襲いかかった恐怖と絶望。そんな中、トドメを刺す様な出来事が伊織の「日常」に襲いかかり、解決の為動いた彼らにあまりにも最悪なタイミングで襲いかかる「異常現象」……と、とにかく容赦ない展開に翻弄された。

何とか事態が終息してホっと一息という感じだけど、何もかもが決壊する目前ギリギリで現れた「ふうせんかずら」にも、今までに無い不気味な意図を感じるし、次の巻では畳み掛けてきそうな気配だなあ。次巻が待ち遠しくて仕方ない。

それにしても、最後の最後で通じ合った伊織母娘、というか伊織母がかっこよすぎるんですが。青木の大活躍がふっとびそうな勢いのオトコマエ具合に噴出したよ!!


それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ[完全版] II

 

TERRAの撃墜王の一人にして、プラチナブロンドの長い髪とセクシーなボディライン、そしてトレードマークの眼鏡をかけた二十歳そこそこのシルヴィー・ドレッドは、敵味方双方に熱狂的なファンを持つアイドル的な女性プレイヤー。そんな彼女が「TERRAナンバーワンプレイヤーの座をかけて」と、ライバル視する洋子の所属するタイラント艦隊に移籍を希望して―!?混迷極まる第2巻。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

ヤマモト・ヨーコの新装/完全版第二巻。ファンタジア文庫版の本編3巻「桜月夜のシンデレラ」と4巻「さいはてのメリーゴーランド」+かき下ろしを収録。

巨大な桜が宙に浮かぶ『サクラ・トータス』に地球の40倍の大きさがあるという超巨大な海『さいはてのメリーゴーランド』と、オールドタイマーの茶目っ気と浪漫が全開な二冊。ヨーコたちの好敵手シルヴィー・ドレッドやメリ・スハンのテンツァーも登場して人物関係も面白くなってきました。特にサクラ・トータスを舞台に繰り広げられるそれぞれの人間ドラマが本当に楽しかった。バーニナーを取り合うルブルムとまどかのやりとりにはニヤニヤしてしまうし、ローソン・紅葉・洋子・フーリガーの織り成す四角関係(?)の先も楽しみ。何よりドレス姿で現れた洋子の一連の様子が本当に本当に可愛くて!!

全ての黒幕であるゼンガーの孫・テンツァーと綾乃の複雑な関係、紅葉とエリュトロンのライバル関係あたりは今後の展開に色々と影響してきそうで、こちらも楽しみ。

それにしても書き下ろしの「コミケ会場限定版」で爆笑してしまった。同人描きとして色々な意味で「あるある」すぎるんですがなによりも本当にオチが酷い!!(褒めてる)

ヨーコとまどかの関係は本当に良い『悪友』ですよね。


H+P(8) —ひめぱら—

 

「はうぅぅ…。そんなに撫で回すなんて恥ずかしいのだ」寝ぼけたまま、何気なくシーツに手を滑らせてみた神来恭太郎は、甘えたような声を聞いて血の気が引いた。シーツの中に、カルタギア帝国の幼女帝カリギュラが、スク水姿でもぐり込んでいたのだ!そんなふうに、最近はトレクワーズ王国から拉致して来た恭太郎にカリギュラが迫りまくる日々だが、あんまり彼はなびかない。カリギュラは「なかなかうまくゆかぬのだ…」と悩んでいた。ある日、彼女はお世継ぎづくりの教育係として、大陸で最も高名な人物を招くことにした!それはまさかの―ピコル師匠!?王仕さまを巡る悩ましい闘いが、さらにヒートアップする。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

カリギュラ様のご意向で彼女の教育係としてヘッドハンティングを受けたピコル。渡りに船とばかり、トレクワーズの五美姫を引き連れてカタルギアに乗り込むが……という恭太郎奪還編。ぶっちゃけもうずっとカタルギア帝国編でいいのに!

すっかりエロ要員と化したお姫様達がもう……なんというか。今回の裏テーマは「拘束」ですよねわかります。採用オーディションも考えてみると一種の拘束プレイだし!アイヤーンゴーレムだし!特に次女姫様の淑女化が正直わたくし、心配です。カリギュラ様と恭太郎の清く微笑ましいお付き合いがどこまでもほのぼのと癒される分、正ヒロイン達のヨゴレっぷりが目に余るっていうかなんていうか……。《モリクリ》で丸出しになった恭太郎の本音には爆笑しましたが。

ただ、章題見て「このままあっさり脱出かー、残念だなあ」とか思っていたら良い意味で期待を裏切られた。トレクワーズ・カタルギア両国を脅かす新たな敵の存在を示唆しながら恭太郎達をピンチに追い込み、カリギュラの幼い恋心や恭太郎の見せ場を作りつつ衝撃の引き……って今回本当に五美姫の見せ場、エロだけだなおい!!

長年待ってた急展開の予感にわくわく。次巻が楽しみです。


2010年に読んだ本まとめとオススメ9選 マンガ編

せっかくなのでマンガもまとめてみる。
2010年に読んだ本まとめとオススメ10選 ラノベ編
2010年に読んだ本まとめ番外編:この友情がやばい2010



■ 椎名軽穂 / 君に届け(1?12)
青春胸キュン泣いた

本当は女の子らしいのに引っ込み思案で暗いイメージをもたれている女の子・爽子とクラスの人気者・風早君がおりなすラブストーリー。もう今更ここで私が推す意味ないくらいの人気作品だけど思わずオススメせずにはいられないほどめちゃくちゃおもしろかった!爽子と風早、二人の恋愛関係だけでなく二人の周囲の人々が織り成す人間関係も魅力的で、切ない恋心には何度も泣かされてしまった。

amazon.co.jp
 

■ 望月淳 / Pandra Hearts(1?13)
黒い泣いた

アニメ化までされたのにイマイチ原作に手を出してくれるヒトがいなくて全力で布教せざるをえないパンドラハーツ。序盤巻で張り巡らされた伏線の回収に入った後が本当に面白いのでせめて6巻くらいまでは読んで欲しい…!!最新刊ではいよいよパスカヴィルとの戦いが本格化して、どんどん容赦なくなっていく展開が凄かったです。
パンドラハーツが気に入ったあなたはデビュー作の「CrimsonShell」にいくといいとおもいます。

amazon.co.jp
 

■ 神田晶 / シキソー 警視庁第4機動捜査隊(全3巻)
完結黒い笑える

心霊捜査で事件を解決する「警視庁第4機動捜査隊」でカタブツ警官・小笠原と霊感持ちのちゃらんぽらんな和泉の二人が繰り広げるバディもの。死者の声を聞いて捜査する……というからドン暗い話を想像していたらギャグも織り交ぜて予想以上に明るい話になってました。3巻のあたりでは声を出して笑った。
男二人の凸凹仲良し仲悪しコンビにときめくひとは全力で読むべきですが、ここはひとつパンツァークラインやデビュー作やスーパーコミック劇場時代の神田作品が好きな人にもオススメしたい。

amazon.co.jp
 

■ namo / バカとテストと召喚獣SPINOUT! それが僕らの日常。(1?2巻)
笑えるかわいい

個人的には、バカテスコミカライズ3作品の中ではこれが一番好き。ちんまいバカテスキャラ達が画面狭しと動き回るのがなんともいえず可愛い。久保君の紳士っぷりもこのマンガで描かれるとなんかもうひたすら可愛い。変に萌えを狙わず、原作とは完全に別の展開にしつつ、それでもどこか原作を見失わない良コミカライズだと思います。
コミック未収録ですが、公式サイトで掲載されてる13.5話の悪友がやばい。

amazon.co.jp
 

■ 松本 トモキ / プラナス・ガール(1?3)
女装かわいい


絆マジ可愛いよ絆。
女装少年(男の娘?)で小悪魔で可愛い絆と、絆に惑わされる槙のイッチャイチャなやりとりが可愛い。それでも時々ぶりかえすようにやってくる「絆は男なんだ」という認識と、この感情が「友情」なのか「愛情」なのかで時折戸惑う槙の姿にニヤリとする。でも最終的にはやっぱり絆が可愛いからなんでもいい。

amazon.co.jp
 

■ 小村 あゆみ / うそつきリリィ(1?3)
女装萌える


苑マジかっこいいよ苑。
女装少年だけど実は超男前でかっこいい男の子・苑とお付き合いする羽目になったひなたが織り成すラブコメ。「プラナスガール」の絆が精神性的にも性別不詳であるのに対して、男嫌いで女の子大好きで女装はしてるけど中の人の精神性はそんじょそこらの男よりも余程男らしい苑が時々本気だして男前っぷりを発揮するのにキュンキュンしてしまう。男装・女装で繰り広げられる性倒錯気味なやりとりも大変美味しい。でもやっぱりこんな男前を「男の娘」と呼ぶ風潮には一言物申したい。

amazon.co.jp
 

■ 水無月すう / JUDAS新装版
完結黒い笑える燃えた

今年アニメ第二期もあった「そらのおとしもの」の水無月すうの過去作。十二使徒とか天使とか死神とか出てくる現代異能マンガですが、この溢れんばかりの厨二病臭がマジでヤミツキになる。ガンガンでやってた「私の救世主さま」も大変(厨二病的に)美味しかったですが、こちらのほうが巻数少なくまとまっているので今から手を出す人もハードル低いかと思います。「そらおと」でもおなじみなテキ屋のオッチャンの本気も見れるよ!男3人背中合わせバトルもあるよ!でもペテロの初登場で盛大に吹いたのは私だけじゃないはず。

amazon.co.jp
 

■ ミキマキ / 少年よ耽美を描け?BOYS BE TAMBITIOUS(1?3巻)
笑える

何の因果かボーイズラブに目覚めてしまった残念なイケメン・新葉と彼に巻き込まれていくその友人たちの姿を描く爆笑4コマ。とりあえず元気がなくなったら読んでしまう私がいる……。常に想像の斜め上を行く新葉の突拍子もない言動にも笑ってしまうのですが、正直小清水姉が他人とは思えません。16話の彼女が自分すぎて困る……

amazon.co.jp
 

■ 影崎 由那 / かりん(全14巻+α)
完結黒い笑える燃えた

吸血鬼の家に生まれたのに日の下でも活動できて血を他の人間に分け与えないと生きていけない「増血鬼」なかりんの恋と家族の吸血鬼達との触れ合いを描いた長編シリーズ。人間と「増血鬼」の種族の違いだけでなく、「吸血鬼」である家族との生活方法の違いが度々クローズアップされてきて、暖かい家族の姿に胸が熱くなったり、ままならない現実に心が痛んだり。最終巻の展開は涙なしには語れませんでした。

amazon.co.jp
 



テルミー きみがやろうとしている事は

 
七草

修学旅行での事故で失われたひとつのクラス。当日欠席したことで事故をまぬがれた少年・清隆は、ただひとりだけ生き残った少女・輝美が、亡くした恋人の遺品を持ち出したことに困惑する。問いかける清隆に輝美は、自分の中に亡くなったクライメイトたちの最期の願いが残されていることを伝える。少女はその想いをかなえようとしていたのだ。清隆は自分にも手伝わせてほしいと申し出るが…。悲劇から始まるやさしさの物語、読んでください。 (「BOOK」データベースより)

hontoで探す Amazonで探す  個人的お気に入り度数

事故でただ1人生き残った少女・輝美の中に宿った24人のクラスメイトたちの「残留思念」。彼女と修学旅行を欠席して難を逃れた少年・清隆が彼らの心残りを晴らすために奔走する……というお話。

淡々と静かに紡がれる悲しくてほの温かい鎮魂の物語。輝美は24人の残留思念の助力を得る事が出来る「超人」となっているのですが、それでも元はただの女子高生で……というところがよかった。特に、故人の想いの正しい伝え方がわからない輝美と湯坂のお母さんとの不器用なやりとりには胸が熱くなりました。

「1人になるため」にその町にやってきた彼女が、クラスメイトたちの残留思念を得ることで自分自身も変化していく事、もう過去の自分には戻れないと自覚する様子がとてもよかったです。

しかし、24人の残留思念を晴らす、といいつつ結局5人くらいしか晴らせてなくて、後書きを見る限りこれで完結っぽい言い回しなんだけど続編は出ないのでしょうか。輝美自身にも何かの秘密がありそうだし、あと1?2冊でいいから続きが読みたいなあ。


2010年に読んだ本まとめとオススメ10選

年末はコミケに参加されたかた、お疲れ様でした&うちのスペースに遊びに来てくださったかたありがとうございました!
2010年の年間まとめ記事です。

2010年の読了冊数
 2010年 1月: 4冊 [まとめ] 2010年 2月:10冊 [まとめ]
 2010年 3月: 7冊 [まとめ] 2010年 4月: 7冊 [まとめ]
 2010年 5月:15冊 [まとめ] 2010年 6月:14冊
 2010年 7月:16冊 [まとめ] 2010年 8月:13冊
 2010年 9月: 8冊 [まとめ] 2010年10月:16冊
 2010年11月: 6冊 [まとめ] 2010年12月: 7冊 [まとめ]
合計:123冊

200冊読んだ去年の半分……しかも再読冊数が含まれてるから実際に「新しく読んだ本の数」っていうと何冊まで減ることやら……今年は色々な意味で再読とか昔の作品追いかけなおしとかが多かった気がします。


2010年のオススメ10選


これまでの半分に減らしてみたんだけどそれでも去年の約1割か……
今年は分類別で取り上げるのをやめたので、代わりに簡単にタグ付けしてみました。
→今年のまとめ(腐向け)はコチラ


■ フルメタル・パニック! ずっと、スタンド・バイ・ミー(⇒感想:上巻 / 下巻
完結燃えた泣いた

約2年半ずっと待ってた、シリーズ完結編。もう完結しないんじゃないかとまで思いはじめていたので出てくれただけで感無量なのですが文句なしに面白かった!!2冊に渡って最初から最後までクライマックス状態の、最高の完結編だったと思います。

amazon.co.jp
 

■ 魔王城(⇒感想:四限目 / 五限目
完結燃えた黒い

こちらもシリーズ完結編。望まずに莫大な魔力を持って生まれ「魔人」と蔑まれる子供たちと、子供たちを理不尽な仕打ちから護る為、自ら「魔王」を名乗る一人の先生の物語。いろいろな人たちの思惑によって追い詰められていく子供たちと、それを護ろうとする大人たちの心の触れ合いが温かく、エイゴのタンカに胸が熱くなりました。途中の展開は黒いけど最後は文句なしのハッピーエンドでよかった!

amazon.co.jp
 

■ イリヤの空、UFOの夏(⇒シリーズ感想
完結泣いた青春黒い

ごくふつうの少年と普通じゃない少女のひと夏のボーイ・ミーツ・ガール。1巻2巻、3巻前半までのボーイミーツガール具合から、3巻からラストに至るまでの物語の急展開にはただただ翻弄されるばかりだった。どこまでも救いの見えない逃避行も凄いのですが、些細な一言が全てを破壊してしまった瞬間のあの絶望感といったら。個人的には欝展開スキーにもとてもオススメしたい。

amazon.co.jp
 

■ バカとテストと召喚獣(⇒感想:7.5巻 / 8巻
笑える青春燃えた

アニメ化もあってファン的には大変あわただしかった1年だったけど、安定した面白さなバカテス。短編集のドタバタもよいけど、様々なキャラの一端を垣間見れる美波の過去編が特に面白かった。そして本編は悪友コンビの愛の(笑)逃避行の燃えっぷりもさることながら、ラブコメ展開がいよいよまとめに入りそうな勢いで、今年の展開がどうなるのかとても楽しみ。

amazon.co.jp
 

■ ラ・のべつまくなし(⇒感想:2巻 / 3巻
完結ニヤニヤ

二次元アレルギーのラノベ作家と腐女子の女の子の恋物語。等身大の腐女子像が新鮮で、二人の初々しいおつきあいが可愛らしいシリーズだったのですが、2巻以降は糖度の高い床掃除小説としても威力を発揮してとても凄かった。ブンガク君が時折見せるキザなイケメン具合にごろんごろん転がるといいよ!!あと腐向けまとめの方でもとりあげたけど男の友情も美味しいです!!

amazon.co.jp
 

■ Re:バカは世界を救えるか?(⇒シリーズ感想
新シリーズ燃えた

重度な中二病まっさかりの高校生・佐藤光一が「ネメシス」と呼ばれる異能を手に入れて……というお話。基本は王道的な学園異能バトルモノなんだけど、光一の得た劣化コピー能力「付け焼刃」が戦闘中に上手く生かされていたり、異能を得る副作用である「アンチテーゼ」により重い過去を背負わされた仲間達との関係……など、一筋縄では行かないストーリーが魅力でした。

amazon.co.jp
 

■ GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン(⇒感想:3上 / 3中 / 3下
燃えた泣いた

あまりのボリュームに2巻で挫折しそうになったけど諦めないでよかった!!男子成分満載のP.A.ODA勢力やM.H.R.R勢力の活躍にも燃えましたが、3下の終盤の展開が本当に凄かった。様々な人を失って、それでも負けないと立ち上がるトーリ達の姿が印象的。

amazon.co.jp
 

■ ココロコネクト(⇒感想:ヒトランダム / キズランダム
新シリーズ青春ニヤニヤ

「ふうせんかずら」と名乗る謎の存在の手によって、人格が入れ替わったり、欲望の歯止めが効かなくなったり……と色々なトラブルに巻き込まれる文研部5人のお話。不思議現象の大元を突き止めるとかそういうお話ではなく、お互いの悩みとかを解決したりこころもち軽くしたり…という普通の高校生具合が魅力的。タイトル通り5人の「繋がり」が事件解決の鍵となるお話でした。とても青春。

amazon.co.jp
 

■ 碧陽学園生徒会議事録(⇒感想:生徒会の火種 / 生徒会の八方 / 生徒会の九重
笑える萌える泣いた青春

生徒会室で駄弁ってるだけな「生徒会の一存」シリーズもいよいよクライマックス突入。本編完結直前となる「九重」では遂に生徒会長・くりむの過去が明かされるのですが、まさかこのシリーズで泣かされるとは思っても居なかったんだぜ……orz 相変わらずの面白さで恐らく今年来るであろう杉崎のエロい表紙完結編が楽しみです

amazon.co.jp
 

■ 魔王様げ?む! 2回戦(⇒感想
萌えるニヤニヤ

魔王の討伐にやってきた勇者・レモンが超女好きの魔王の魔法によって女の子になってしまい、魔王の専属メイドとして働く事に……なTSラノベ。一見女の子ばっかり×男は魔王様1人のハーレムラブコメ構図に見えるんだけど、考えると中に数人「元男」が混ざってるとか考えると大変カオス。魔王を倒して男に戻る事を夢見ながらも少しずつディンゴに惹かれていくレモンの葛藤と時折垣間見せる二人の「勇者」と「魔王」としてのやりとりに大変ニヤニヤします。

amazon.co.jp