“029” の検索結果 | ページ 5 | 今日もだらだら、読書日記。

キーワード:029 (171 件 / 18 ページ)

吉永さん家のガーゴイル13

[著]田口 仙年堂 [絵]日向 悠二

古科学者達の組織「ミズチ」の首領となったレイジが吉永家を狙っている。そんな話を怪盗百色から聞かされたその日にガーゴイルは初めて吉永家への侵入者を許してしまう。しかも、偵察のためミズチから送り込まれたその侵入者は双葉とそっくりの姿をしていて…!?ピクシーと名付けられた彼女はすっかり吉永家になじんでしまうが…
   個人的お気に入り度数
本編残り3冊。7巻で対決したレイジが復活して不気味な動きを見せ始め、巻数的にもラスボスの姿が明確になってきた感じのシリーズ13弾。微妙にほっとかれたまま置いてきぼりな設定(つか、「ミズチ」周りの話)がありますが、このへんは「おるたなてぃぶ」の繋がりなんだろうなあ…

吉永家に不審者の侵入を許してしまった挙句、レイジの生み出した人工精霊・ピクシーが双葉と感覚を共有してしまうという大失態を犯してしまい、ショックを受けたガーゴイルが凹んでる姿が新鮮。実際、2年間も門番をしていたガーゴイルが殆ど感知できないまま吉永家に侵入されてしまったというのは考えてみるとかなりの大事件な気がするんですが、結局そんな侵入者も吉永家の暖かい雰囲気にすっかりなじんでしまう姿が微笑ましかったり。そして生まれたばかりのピクシーに色々と人間の常識を教えようとするガーゴイルを見て、2年間の成長に感慨深くなったり。

いつものように最後で畳み掛けるように感動させられるようなお話ではないんですが、ご近所さんや吉永家の暖かさが少しずつじんわりと効いてくるお話でした。弱点を突かれて攻撃をためらうガーゴイルに吉永家の家族達が鉄拳制裁を持って家族の絆を再認識させるくだりが熱すぎる。相変わらずのママ最強伝説ですね!
ラストで双葉がピクシーにかけた、さりげない歓迎の一言には胸を突かれました。

一難さってまた一難、次回からは遂に最終決戦に突入する訳ですが、なんとしても家族パワーで大円満な展開を勝ち取って欲しいです。っていうかラストは大円満だって信じてる…!!

ところで、個人的に一番ツボったのは実に11巻ぶりの登場となる梨々パパ。
親バカっぷり爆発させて百色をおろおろさせる姿に爆笑。うろたえる百色可愛いよ百色。


今からでも書ける!?読書感想文にお薦めしたい10冊のライトノベル

さてさて、夏休みも残り1週間となりました。
夏休みの宿題に追われる学生さんも多いと存じますが、いかがお過ごしでしょうか。
昨今では読書感想文のコピペが社会問題になったりしているようですが、
当ブログにも「(作品名) 読書感想文」で検索された方が少数ながらおられます。

うちのブログでの、栄えある読書感想文検索数第1位は「ミミズクと夜の王」です。無難な選択ですね。
そして、第二位は「終わりのクロニクル」でした。本気ですか。
あの分厚いシリーズを読んだことにしようとする根性はある意味立派ですが
先生がうっかり内容を知っていた場合、色々と気まずい思いをすることになりそうです。

というわけで、当サイト的にお勧めな読書感想文にお薦めな10冊のライトノベルをご紹介。
せっかくなので残りの5日弱、素敵な読書体験してみませんか?
(え?宿題忙しくてそんな暇ない?それはごもっともで……)

【ご利用上の注意】
・中学・高校生向けです。小学生にはあまりお勧めできません。
・基本的に1冊完結物を取り上げていますが一部シリーズものがあります。
・感想のコピペはしないで、とりあえず読んでみましょう。どれもすごく面白いよ!
(つかコピペするくらいなら真面目な文学で感想文を書くべきではないかと思う…)
先生から題材について文句を言われても、当方は一切責任を負いません。


続きを読む


2008年上半期ライトノベルサイト杯投票します。

今回も参加させてもらいます?。

■ 2008年上半期ライトノベルサイト杯 開催のお知らせ(平和の温故知新さん)
↑詳しいルールや投票の仕方等はこちらから↑

タイトルクリックで当サイト内の感想ページに、書影クリックでBK1の該当ページに飛びます。
また、基本的にオススメ度の高い順に並んでいます。

★新規作品部門


【08上期ラノベ投票/新規/9784829132524】
■生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録(⇒感想

生徒会室を舞台に、生徒会メンバーがひたすらくっちゃべるという異色のライトノベル。根本的なストーリーが皆無に等しいのでいかがなものか…と思いきや、とにかくキャラクター達のハイテンションな掛け合いがとんでもなく楽しい。間違った方向に一途で、アホなのにカッコイイ杉崎鍵のキャラクターにも超惚れました。個人的には真冬ちゃんと語り合いたい。鍵は受です受け。(大事な事なので2回言いました)

 

【08上期ラノベ投票/新規/9784086304054】
■ベン・トー(⇒感想

閉店間際のスーパーで半額になった弁当を巡り、《狼》と呼ばれる猛者どもが無意味に熱い闘いを繰り広げる熱血爽やか系バカ小説。全力で熱さを無駄遣いするその姿に、何だか判らないけどとりあえず胸が熱くなること請け合い。間違っても読んでる最中我に返ってはいけません。そして魅力的なキャラクター……洋は受ですね、判ります。
「筋肉刑事」の書籍化マダー?

 

【08上期ラノベ投票/新規/9784829132753】
■SH@PPLE?しゃっぷる?(⇒感想

双子の姉弟がそれぞれの目的の為、男装・女装で互いの学校に通う…という女子校系ラブコメ。萌え萌えな表紙と偽あらすじ(帯の下をめくってください)に騙され、萌えラブコメだと思っていたら大間違い、超・正統派のラブコメでした。とりあえず、この作品はもっと女の子に読まれるべきだと思うんだ!!

 

【08上期ラノベ投票/新規/9784829132852】
■L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説(⇒感想

嘘が下手なヘタレ詐欺師・フラットランドが竜の力を持つ人間達の争いに巻き込まれて、最初は周囲を利用して一攫千金……とか思っていたのにいつの間にやらツンデレ少女・アーティアを護る為一念発起!という熱血ラブコメ。ベタベタな王道展開に胸を熱くすること請け合いです。コメディ要素も含みつつ、決めるところはしっかり決めてくれるキャラクター達も魅力満点で、続きが楽しみな作品。

 

【08上期ラノベ投票/新規/9784086304023】
■征服娘。(⇒感想

「千剣」とどっちに入れるか悩んだのですが、より「続きが読みたい」方に投票する方向で、こちらを。商才に恵まれる賢い貴族の娘が自らの運命に抗う為、野望の為に知略を尽くす物語。男ばかりの世界で、女ならではの感覚で親兄弟と渡り合っていこうとするマリアの姿が印象的。親友・アッシャとの関係も印象的でした。

 

【以下次点】
千の剣の舞う空に …ネトゲーモノなのにスポ根!爽やかな読後感に満足できる作品。
リトルバスターズ!SSS1巻だけの破壊力なら投票余裕でした。女装理樹可愛いよ女装理樹。
モーフィアスの教室 …1巻はドツボだったんだけど、巻を重ねる毎“いつも通り”に…。


★既存作品部門
【08上期ラノベ投票/既存/9784048670654】
■ダブルブリッド10(⇒感想

今期、これに入れずに何に入れろっていうんだ!!
ほぼ完結を諦めかけていた最愛のライトノベル、4年半ぶりの続編にして完結編。絶望的な状況からまさかのハッピーエンド。広げまくった伏線も綺麗に回収されて、本当に美味しい最高の最高の結末でした。もうとりあえず、表紙の優樹さんの笑顔に何かを感じたら何も言わずに読め。読めったら読め。

 

【08上期ラノベ投票/既存/9784757739796】
■バカとテストと召喚獣3.5 / バカとテストと召喚獣4(3.5巻感想 / 4巻感想

2008年上半期の萌えはこの作品に捧げたといっても過言ではない。ドラマCD化も良作で、今後最大の期待株ラノベといっても良いのでは。今期は萌えとギャグがふんだんに詰まった3.5巻、胸を熱くするバトル展開と両ヒロインが可愛すぎるラブコメ分増強な4巻でワンツーパンチです。というかもう「明久かわいいよ明久」で全部片をつけていいんじゃね?バカテスの真ヒロインは明久です!!明久は総受けです総受け。(大事な事なので二回ry)…とりあえず、玲の性別が気になってしょうがない。

 

【08上期ラノベ投票/既存/9784086304313】
■花園のエミリー 鉄球姫エミリー第三幕(⇒感想

容赦なく人が死ぬ1巻、新たな仲間を得た2巻、そして新たな局面へと足場を固める3巻……とおもったら最後でそれかよ!!!…という感じに一気に先が見えなくなった3巻ラスト。セクハラ大好きで粗野だけど強くて心優しいお姫様・エミリーの前途にハラハラしつつグレンとの微妙な関係にもニヤニヤしましょう。人が死にまくったりグロい展開が大丈夫なら是非読むべき。

 

【08上期ラノベ投票/既存/9784048670197】
■とらドラ7!(⇒感想

もう鉄壁すぎるくらい鉄壁な学園ラブコメ作品ですが、それでも投票せざるをえない何かを感じる。最初は明るく破天荒なラブコメだったのに、少しずつ綻び、歪んでいった関係が露出する最新刊ではかなり胸の痛くなる展開が目白押し。本当に彼らの関係はどうなってしまうんだろう…少しでも皆が幸せになれる結末を祈るばかりです。応援の意味も込めて1票。

 

【08上期ラノベ投票/既存/9784829132609】
■黄昏色の詠使い5 全ての歌を夢見る子供たち(⇒感想
 黄昏色の詠使い6 そしてシャオの福音来たり (⇒感想


白熱するラストバトルなんて飾りです。この物語の真の魅力はクルーエルとネイトのラブラブにあるんですよ!!!と主張せざるをえない、第一部完結編と女装ネイト可愛いよお持ち帰りぃぃ?☆な短編集。とりあえず女装好きとして女装ネイトに1000票投じる所存。あれは良い女装話だった……。

 

【以下次点】
吸血鬼のひめごと …何もなければ下半期で入れると思うので。最終巻が神。
フルメタル・パニック! …入れなかったの初めてなんじゃ…完結編に期待して今回は自重。
“文学少女”シリーズ …こちらも8月発売の完結編に全力で期待。


死神姫の再婚 薔薇園の時計公爵

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル

突然、アズベルグの前領主・ディネロの所に結婚の挨拶をしにいく事をカシュヴァーンから言い渡されたアリシア。滞在中は普段仕事で忙しいカシュヴァーンと一緒に居られる、と素直に喜ぶアリシアだったがその裏では成り上がりのカシュヴァーンを亡き者にしようとする<翼の祈り>の陰謀が動き始めていて…?!
   個人的お気に入り度数
天然ボケボケお姫様と暴君…と言われてはいるけど実は領民想いなツンデレ領主様の織り成すラブコメ第二弾。1巻を読んだとき程のインパクトはなかったものの、なんかもうキャラクターがみんな個性的で安心して楽しめるのが嬉しい。物語がどうのこうのというより、このキャラクターたちが動いて絡んでるというだけでニヤニヤしてしまう何かが。何かが。

初っ端からアリシアさんが前回自分が殺されそうになった毒を屋敷の人やカシュヴァーンに一服盛る事を、あくまで善意で考え始めたあたりからもう大爆笑。新キャラの時計伯爵・ディネロさん(こっちも天然)との要領を得ない会話にニヤニヤ。そして更にその二人の姿を見て嫉妬を隠し切れないカシュヴァーンをみてまたニヤニヤニヤ。電車の中で読むにはちょっぴりきつい書物でありました。

アリシアにたいする態度はその最たるものですが、カシュヴァーンの様々な部分におけるツンデレっぷりには始終ニヤニヤさせられっぱなしでした。税金を払わない貴族の納屋を焼き討ちにした件についての真意にいたっては、あまりに遠まわしな気遣いに笑いが止まらない。なんかもー、ほんと可愛いなあこの人は。

そんな二人とその周囲の人々にときめく一方、今回は1巻で後見人に裏切られた貴族の坊ちゃん・ティルナードに焦点が当たります。後見人に恵まれなかった彼が大きな後見人不信に陥りながらも、カシュヴァールに認めてもらいたくて仕方なくてついついツンツンデレデレしてしまう姿がとても微笑ましい。余裕のないカシュヴァールに愛称で呼ばれたときの反応とか、可愛すぎでしょう。そんな彼が今回、一つ大きな成長を遂げるわけですが……いや、ほんと最後の一言にグっときました。こういう可愛いおばかさんって大好きです、私。というかこれはノーラとのフラグが立ったと見て良いのだろうか。何気に似合いそうな気もするけど。

狙いすぎまでに「眼鏡キャラ」で「執事キャラ」なセイグラム氏も素敵。というか眼鏡とか執事なキャラは全然好みじゃないのに、うっかり何回かときめいてしまいましたよ!?ティルと併せて彼らの出番はひと段落?…という気がしなくもないですが、次巻以降も是非とも活躍して欲しいところです。ティル&セイグラムのコンビがもっと見たいとか思っている私が居る…。

しかし、セイグラム氏が大活躍するたびに、↓のマンガを思い出してしまったのは私だけじゃないよね!?
475751963X黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)枢 やな
スクウェア・エニックス 2007-02-27

by G-Tools


今月のまとめとオススメ本[2008年6月分]

2008年も上半期終了ですよ!時の流れは速い……
というわけで今月の読了本は18冊でした。見事に4月以降、月18冊ペースを維持しています。
去年の平均が17冊なので多少増えているのか…。

2008年6月の感想ページアクセストップ4

名誉欠番:「バカとテストと召喚獣1」(今月も元気に第三位とかでした)

花園のエミリー
⇒感想

バカとテストと召喚獣4
⇒感想


ドラマCD バカとテストと召喚獣
⇒感想

とある魔術の禁書目録16⇒感想

毎月、月末の半端な時期に出るファミ通文庫はこういう記事作るときにアクセス数が分散されて1位取れない宿命にあるよなあ……というわけで、今月ぶっちぎり1位を維持していたバカテス4巻、最後の最後で「エミリー」に追い抜かれる。ってスーパーダッシュも月末発売なんですけど!!ネタバレ防止で長らく「続きを読む」仕様にしていたのが原因か、それとも「booklines.net」さんと「Alles ist im Wandel」さんがダブルでうちの記事を取り上げてくれた関係か…でも6月1番のオススメも「花園のエミリー」なので、皆さん是非読みましょう。

2位と3位はもう…何も言うまい。なお、バカテス1巻を名誉欠番にしなければ3.5巻発売直後と同じような顔ぶれになっていたという素敵な罠。余談ですが感想ページを除く今月アクセス数1位はバカテス人気投票支援してましたページで、今月のアクセスベスト6位(禁書16の下)にはバカテス3.5巻が控えていますが何か?

というわけで名誉欠番により、順当にアニメ化決定の「とある魔術の禁書目録16」が繰り上がり。今回も良い熱い展開でした。検索ワードの方に、何気にアックアさん関係が多かったのが印象的。今までの禁書シリーズの中でも有数に良い敵キャラだったと思いますアックアさん。

2008年6月に読んで面白かった本



紫電一閃!華蝶仮面3(上)
⇒感想

ベン・トー2
⇒感想

死神姫の再婚
⇒感想

SH@PPLE?しゃっぷる?2
⇒感想

花園エミリーがアクセス数の方でTOP4入りしてるので、繰上げで曹操様可愛いよ曹操様な「紫電一閃!華蝶仮面」が一人勝ち。とりあえず百合かツンデレが好きならなんとしても読むべき1冊。ちなみに私、曹操×董卓じゃなくて董卓×曹操だと思うんだがいかがなものか。「ベン・トー2」は持ち前のアツさもさることながら、どんどん受キャラ化として本領を発揮する主人公に100万票!「死神姫の再婚」はツンデレ鬼畜×天然娘な夫婦にキュンキュンしっぱなしで、もっと早くに読めばよかった?と大後悔しましたです…はい。

しゃっぷる2」は、1巻でツボだった燃え展開が少なくて★評価は低めなのですが、安定して楽しめる少女漫画的ラブコメで、今年始まった新シリーズの中では屈指のオススメ作品です。女の子には特にオススメしたい1作!

2008年6月の面白検索キーワード

先月、数ヶ月ぶりに検索語句総合ランクTOP1から滑り落ちたバカテスですが、今月はアニメ化確定の「とある魔術の?」を破って華麗に1位に返り咲き。新刊発売効果でパワーアップして帰ってきました。


続きを読む


ライトノベル読みにキーワードで勧める「新井素子」初めの1冊

「グリーンレクイエム」「ひとめあなたに…」が復刊された話をしていたら、ついったーで「“新井素子初心者に薦める 1 冊目”とかないですか」と話をふられたので、調子に乗ってライトノベル好きで新井素子初心者な貴方に勧める1冊目をラノベラーが反応してくれそうなキーワード別でまとめてみました。このキーワードに脊髄反射できるなら読め!な1冊です。興味がわいたら是非どうぞ。

【読む前に注意!】
あくまで私が読んだ中でオススメの1冊目です。全著作はカバーしてません。
・ところどころ1冊じゃないかもしれません。
・絶版書が殆どなので、見つからなかったら古本屋か図書館で探しましょう。
 殆どの作品が100円コーナーとかで投売りされてるので、お財布に優しいです。
 え?新書じゃなきゃ駄目だって?そんな貴方は頼みコムといいよ
・ヤンデレにやたら気合が入っているのは私の所為じゃない。と思う。


簡易メニュー
「SF」「ファンタジー」 | 「純愛」 | 「百合」 | 「ヤンデレ」 | 「ロリ」「老女」 | 「ぬいぐるみ」


続きを読む


死神姫の再婚

[著]小野上 明夜 [絵]岸田 メル

結婚式の最中に夫が謎の怪死を遂げ、それ以来「死神姫」との異名を持つようになった貧乏貴族の娘・アリシア。そんな彼女の元に再び結婚話が舞い込むが、相手は下克上の風潮を利用してなりあがった新興貴族で色々な黒い噂のある「強」公爵・カシュヴァーンだった。彼は会った早々、アリシアに向かって「家名目当ての結婚」だと言い放つが…
   個人的お気に入り度数
14歳にして「未亡人」のアリシアが貴族からは暴君と恐れられるカシュヴァーン強公爵の元に嫁いでマイペースに嫁ぎ先を引っ掻き回すラブコメディ。何かの時にまろんさんからついったー経由でオススメ戴いてたのを漸く読みました。

欲しいのは家名だけだから部屋で大人しくしていてくれ、余計な事はするなと言い切る夫、「旦那様の愛人です」と嫌味たっぷりに自己紹介する自分付きのメイド、死神姫の噂を聞いて彼女を遠巻きにする召使達、そして何故かちょくちょくカシュヴァーンの屋敷にやってきてはアリシアを「助け出す」とおほざきになる貴族のティルナード卿……と一癖も二癖もある面々が超マイペースで天然娘なアリシアに調子を狂わされまくり、いつの間にやら彼女のペースに載せられていく…というお話で、まさに誰と相対しても暖簾に腕押しなアリシアの受け答えに始終笑いを堪えながら読む羽目になりました。

そんな空気読めないアリシアさんが怖いもの知らずな調子でズカズカ土足で上がりこむお陰で、様々な暗い過去を経て頑なになっていたカシュヴァーン周辺のわだかまりが少しずつ解けて行ったりするのがとても楽しい。だんだんカシュヴァーンがアリシアに心を許し、打ち解けていくさまにはニヤニヤしっぱなし。クライマックスで黒幕の所に一人乗り込んだアリシアを追いかけてカシュヴァーンが乗り込んできちゃう所なんか一人でキュンキュンですよ。この夫婦最高すぎる!!

読んでいく上で色々とモヤモヤしている部分が数箇所あったのだけど、最後の方で一気に種明かしが始まって、感じていた違和感がガッチリ事実と噛み合っていった時の爽快感はかなり凄かった。バックグラウンドを考えるととても重い話になりかねないのに、アリシアのキャラクターが全てを打ち壊しにしているのもとても良い。

他人からの悪意にとにかく疎いアリシアのキャラクターは良くも悪くも人を選びそうだけど、私としてはこの100%天然なキャラがとってもツボでした。丁度直前に読んだ「グランドマスター!」のシアシーカのような実は賢くて確信犯な天然娘も好きだけど、裏に打算も何も無いまま空気の読めなさで周囲をひっかきまわす天然娘はもっと好物です。本当にご馳走様でした。


しかし、この夫婦のノリを最近どっかで見てキュンキュンしたような気がするなあと思ったら、大河ドラマ「篤姫」の家定・篤姫夫婦だと気づいた。キャラの性格は違うけど、やっぱり空気読めない嫁にどんどん防壁を破壊されていく夫萌えー。家定は萌えキャラ。


とある飛空士への追憶

[著]犬村 小六 [絵]森沢 晴行

戦争状態にある帝政天ツ上とレヴァーム皇国。敵地の中に取り残されたレヴァーム皇国領の離れ小島サン・マルティリアで傭兵として飛行士をしている狩野シャルルは操縦の腕を見込まれ、とある使命を授かる事に。それはサン・マルティリアからレヴァーム皇国までの一万二千キロを、次期皇妃を乗せて単機敵中翔破せよという無茶苦茶なものだった…!様々な葛藤はあったものの、思うところもあってその任務を引き受けたシャルルだが…
   個人的お気に入り度数
ラノベ感想サイト関係に絶賛の嵐を巻き起こしたのみならず、最早ラノベじゃないよな某大手マンガレビューサイトさんまで絶賛な一作。絶世の美貌を持つが人形のような次期皇妃と戦争中の二つの国家の血を引いてしまったがために差別的な扱いを受けている飛行士の二人が織り成す恋と空の物語です。(決して「と」を抜いてはいけません!)

…うーむ、前評判から色々と期待しすぎたのか、手放しで絶賛するほど面白いとは思えなかったかも。シャルルとファナの甘酸っぱい恋物語としては非常に面白かったのですが、そちらがストレートに楽しい分世界観設定や空中でのドッグファイトの描写がちょっと重く感じてしまって、イマイチのめり込めない部分がありました。これは完璧に自分の感覚の問題だと思うのですが、時々どうしようもなく、戦闘描写が楽しめない作品があるんです…。というか、こういう戦闘描写は、この種の「男性的」な感覚を持ち合わせてないときついんじゃないかと思う。オラ、飛行機がどんなに張り切ってアクロバティックしようがミサイルぶっぱなそうが、至近距離のドッグファイトやらかそうがちっとも胸が熱くならないんだ……

ただ、シャルルとファナの甘酸っぱいやりとりはとても良かった。朝のドキドキハプニングとかピントのズレたやりとりから始まって、少しずつ二人が心を通わせていく過程が見ていてとても微笑ましい。束縛されるばかりの毎日のお陰で感情を切り離す事を覚えてしまったファナが少しずつ生き生きとしてくる姿に嬉しくなったり、だんだんお互いに恋心を覚えていく姿にニヤニヤしたり。そして少しずつ近づいてくる別れを今までの経験から自覚しているシャルルと、なんとかなるだろうと楽観的なファナの感覚の違いがどうしようもなく哀しく思えたり。

一万二千キロの旅路を乗り越えて、大きな成長を遂げたファナがとてもかっこいい、クライマックスでのやり取りも良かったけど、何よりも後日談となる「終章」が好きです。二人のその後を敢えて描かず、後を濁した終わり方なのですがその終わり方をこんなに美しく感じられるとは。序盤中盤ちょっと辛いなあと感じる部分もあったのですが、この終わりを見るためだけに読んでも悔いはなかったなあと思える、綺麗な終わり方でした。


今月のまとめとオススメ本[2008年5月分]

今月の読了本は18冊でした。うん、いいペースだ(自分的に)

2008年5月の人気(?)感想3選

ここんとこ「4選」が続いてましたが、久しぶりに3選に…

ダブルブリッド10
⇒感想

ふたかた
⇒感想

ドラマCD バカとテストと召喚獣
⇒感想


祝・完結!!の「ダブルブリッド10」が桁1つ引き離してぶっちぎり。あのエンディングは本当に最高でした。最高のエンディングをありがとうございます!9巻までのまとめ記事への反響も非常に高かったようで、まとめた甲斐がありました。アクセス数2位は新創刊の一迅社文庫から「ふたかた」。やっぱり新レーベルという事で注目度が高かったのでしょうか。あと何気に女装描写に関するコメントをいろんなところで紹介してもらってたような(笑)個人的には2巻に期待のシリーズです。ていうか女装描写控えめにしてもっと学園ドタバタな部分を増やせばいいと思う!

3位以降は、今月は控えめだったバカテス勢が勢ぞろい。「バカテスドラマCD感想」「4巻感想」「1巻感想」という感じで続きます。ドラマCDはほんとオススメなんですが……とにかく手に入りづらい現状が……重版(CDでもこういうの?)してくれないかなあ。

2008年5月に読んで面白かった本


バカとテストと召喚獣4
⇒感想

図書館革命
⇒感想

花に嵐の喩えもあれど 魍魎の都
⇒感想


今月は「ダブルブリッド10」「バカテス4」が神すぎた所為かなんなのか、物凄いほかの作品に対する評価が低いんですが……単純に今月読んだ本が不作だったのか、神作品効果で他がかすんで見えたのか、とても気になるところ。バカテス4巻はドラマCDに僅差でアクセス数は負けたものの、考えると感想のアップに1週間の時間差があるわけで、どんだけ人気なんだよ!!!という感じですね。でも今回の4巻はラブコメ的にほんと良かった!!今後、「ギャグ好きなら3.5巻、ラブコメ好きなら4巻までまとめて読め」と言って薦めたいと思います。(や、まあ1巻読むと落ちてくれる人が多いんですけど…)

ようやく読み終わったよー!な「図書館」戦争シリーズは個人的には全部オススメなんですが、1冊選ぶとすればやっぱり最終巻となる「革命」が一番好きです。別冊図書館戦争の甘々モードもとても好きですがやはりバトルとアクションがないと!「魍魎の都」は…ぶっちゃけ本編よりも番外編の方が好きだったりするのですが。オカマちゃんキャラかと勝手に思っていた貞通が予想以上に良い女装キャラで、とてもハァハァしてました(うわあ)

2008年5月の検索キーワード

あまり面白いネタがなかったので、「面白」検索キーワードは来月回しで……最近、同じサーバーにある腐絵日記の方にバカテスのカップリング系キーワードが持っていかれてネタ切れ気味であります。

とりあえず、上位はこんなことになってたということだけ。↓
バカテス……
ダブリ  バカテス バカテス ダブリ みたいな。


バカとテストと召喚獣4

[著]井上 堅二 [絵]葉賀 ユイ

美波から、突然のキスの意味を考える間も無いまま嫉妬にかられたFクラスの面々に連行され、臨時査問委員会に掛けられる明久(と雄二)。なんとか場が落ち着いた後、良くわからないうちに美波といい感じになってしまうのだが、美波の事が大好きな少女・美春が自分のクラスを炊きつけて試召戦争の準備を始め…!?
   個人的お気に入り度数
修羅場・泥沼・崖っぷちと三拍子揃った今巻。いつも通りのおばかなギャグもありますが、三角関係が表面化してしまった関係でかなりギャグ度は下がってます。バカテストも、このシリアスモードで入ると微妙に雰囲気壊してる部分があって、そこだけはちょっと残念だったかなあ。

ただ、それでもあえて言おう、最っっ高に、面白かった。と。

まあ言いたいこととしては今回最大の勝ち組は美波派でも瑞希派でも秀吉派でもなく明久派であるってことなんですけどね!?「萌え」的にも「燃え」的にもな!!!


ペッタンコのキスから半年以上引っ張られた所為で色々4巻予想とか考えちゃって、正直4巻の発売が楽しみなような、不安なような気持ちで一杯でした。明久×姫路派としては、明久がペッタンコとくっついてしまう事自体も非常に不安だったんだけど、それ以上に明久がなし崩しに美波と付き合う…みたいな展開になったら最悪だなあ、と。そんなことになったら美波も姫路さんも最後には傷つくだけだと思うので…。

だけど明久は誤解だと気付いたらそれを(美波に半殺しにされるの覚悟で)すぐに解いて、美春に指摘されたらちゃんと回転の悪い頭をフル稼働させて考えて、ちゃんと自分の頭で考えた今の自分の精一杯の気持ちを言葉にしてくれて……どうしようもないおバカで鈍感な男の子だけど、ちゃんと美波に対して誠実であろうとしたというその行動がめちゃくちゃ素敵でした。

「僕みたいなバカにだって、言っていい嘘と悪い嘘くらいわかる!」

特にラストのDクラス戦前後の一連の流れはもうホント大好きです!!ただのレズ娘だと思っていた美春がまた、良い味出していて。明久の一言一言に、胸が熱くなった。この作品に出会えてよかった。このキャラクターに出会えてよかったと真面目に思いました。今回の明久、いい男過ぎる。惚れなおした!!

「お姉ちゃんね……もう、どうしようもないくらい人を好きになっちゃったかも……」

今回は殆ど明久と美波が主役みたいな話だったけど、明久・美波・瑞希の三角関係については、振り出しに戻った…というか、ここからが本当の三人の関係の始まりかなあ…と感じました。明久は悩んで悩んでちゃんと答えを出してくれたけど、ある意味3巻までの明久と美波の関係はやはり“友達”以上には進みようのない関係だったと思うのです。明久が美波の事をきちんと“ひとりの女の子”なんだと自覚した事で、漸く二人とも「恋愛」関係を始められるスタートラインに立てたのかなあと。美波にしろ、明久にしろ。ラストでの美波の一言が、それを一番シンプルに表現しているように思えました。

私、基本的に姫路派だけど、今回の美波は本当にかわいかった…。

「……やっぱり、不安になっちゃいます。こうやって、簡単に近づけちゃうんですから」

一方で、姫路さんも今回の件で明久に対してどこか吹っ切れた感じがあって、どこか大人っぽい彼女の姿が本当に魅力的でした。いやあ、一時黒ヒロイン化の一途をたどり始めた頃はどうすればいいのか真面目に困ったけど!ていうか122Pの挿絵周りのやりとりと、ラストの雄二と姫路さんのやりとりが物凄い好きだ!!元から天然ボケカップル好きとして、明久は姫路さんとくっついてほしいと思っていたのですが…今回の件で姫路さん単体萌えがどーんときたよ!!物凄く惚れ直した!!!!!姫路さんかわいいよ姫路さん!!

今後のこの三人の関係にはものすごく期待。今まではどちらかというと「腐女子要素」と「熱血バトル系ギャグ」な部分ばかりに魅力を感じていた作品なのですが、本格的に「ラブコメ」としてのバカテスの、先が楽しみになってきました。まあ、4巻はポニテのターンだったから5巻はピンクヒロインのターンですよね井上先生!?誰が何と言おうとそこは譲らない!!!


【以下、恒例の腐女子のターン!!!】

今回は主人公周辺の三角関係に完全に焦点が当たったターンだったので、ギャグと同時に腐ネタも抑え目な話でしたが、おいしいところはしっかり残しておいてくれるのがバカテスの良いところ。秀吉×明久にしか見えないアレとか、明久の言葉に頬を染める雄二(笑)とか、相変わらず何か誤解しているヒロイン2人とかとか……改めて読み返すと密かにニヤニヤなシーンが大量に!!

ムッツリーニが盗撮写真を裏で流してるネタは、自分とこの同人誌のネタとしてひそかに考えてました。やっぱりあの女装写真はムッツリ活動の資金源にしてたのかムッツリーニ…そして買ってった相手がどうみても……どうみても!!!

それにしても、「第三の性:秀吉」に近いレベルで「女装少年アキちゃん」が文月学園の2年生の間で人気がうなぎのぼりっぽいのがとても気になります。少なくても明久が現在文月2年生の腐女子達の間でアイドル化しているのは間違いないと思う。

つか女子はまあいいけど
一部F組男子まで何人か陥落してただろ「アキちゃん」に!

そのうち明久が、作中で第四の性別扱いされはじめても、私なにも驚かないと思う…