少年向けライトノベル | ページ 3 | 今日もだらだら、読書日記。

少年向けライトノベル一覧

NO IMAGE

野村 美月「“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2)」

 是光が頼まれたのは、かつてヒカルと心を通わせた引きこもり少女・夕雨との『約束を果たす』ことだった。ところが、その約束の内容が判然としない。ヒカルも教えてくれず、困っているところになんだか話がややこしくなってきて……というお話。  是光のフラグ建築力が順調すぎる。このままだ...

NO IMAGE

大泉 貴「アニソンの神様」

 アニソン大好きなドイツ人の女の子・エヴァには「いつか日本でアニソンを歌いたい」という夢があった。日本への留学の話に飛びついた彼女は憧れの地で“アニソンバンド”を作ろうと、メンバー集めに奔走する…というお話。  ドイツからやってきたエヴァをボーカルに、才能は髄一だけど周囲に...

NO IMAGE

野村 美月「"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1)」

 気はいい奴だけどとにかく目つきや表情がきついせいでヤンキー呼ばわりされたり噂に尾ひれがつきまくって皆に敬遠されている是光が、学園のイケメン皇子の幽霊になつかれてしまい、彼の“心残り”を晴らすために行動することになるお話。  それぞれの理由から友人関係に恵まれず、孤独を感じ...

NO IMAGE

大間 九郎「オカルトリック 02」

 狐憑きの探偵助手・玉藻と引きこもりのオカルト探偵のねえさんと、最強メンヘラ・イソラたんが繰り広げる物語。  なんか最初から最後までどこまでもイソラたんのメンヘラキ女っぷりに振り回され、そして圧倒された感が強いんだけど同じくらいねえさんの過去から現在に繋がるまでの物語の破壊...

NO IMAGE

川上 稔「GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン4(中)」

もうやめてあげて!ネシンバラのライフはゼロよ!!  凍ってるのをいいことに、ことあるごとにネシンバラをネタにする武蔵面々が外道すぎる。そしてシェイクスピア再登場うれしすぎる。  総長連合・生徒会やその他の面々が伊達・上杉・最上への外交大使として赴き不在の中、武蔵では内紛が...

NO IMAGE

渡 航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2」

いともたやすく行われるえげつない主人公弄り。  主人公になんだかんだで残念だけど仲間ができたよちょっとずつだけど仲良くなっていくよやったね!って流れだとばかり思ってたら仲間ができても普通にぼっちだった!!勉強会で自然に声がかからない流れと、職業訓練の話のオチでふきだすしかな...

NO IMAGE

渡 航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」

 友達居ない主人公が、「奉仕部」という謎の部活に無理矢理つれてこられて学校一の美少女(けど友達居ない)雪乃と人助け勝負をすることになって……というお話。  謎部活・友達居ない人達の寄せ集まり……と、最近流行りの「残念系日常ラノベ」かとおもってて、確かに実際その通りなんだけど...

NO IMAGE

櫂末 高彰「つり球 SF -Short Films-」

 男子高校生が釣りで世界を救うアニメ「つり球」ノベライズ。  同期にMFから出た方はアニメ本編を忠実になぞるノベライズのようですが、こちらはアニメ本編の隙間や後日談を収録した外伝的短編集。あとがきでも触れられていたけどとにかく“釣りをしない”つり球で、アニメ本編は割りとずっ...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(3)」

 一応「比翼恋理のだーりん」の鈴羽・まゆりルートをベースにしたノベライズ完結編。ファンディスクのノベライズのはずなのに、そして実際にちゃんとファンディスクのストーリーをなぞっているにもかかわらずとにかく重い。  エピローグで示唆されたとおりの時間軸(世界線軸?)にこの物語が...

NO IMAGE

かじい たかし「僕の妹は漢字が読める5」

しょっぱなから「黒ストやぶりっこちゃん」で死ぬかと思った。  このラノベ、前から思ってたけど妹と黒スト啓蒙ラノベすぎてやばい。ニーソ派だったのにすっかり黒スト派ですよどうしたらいいの……!!  ギンがクロハを選べば、未来が変わる。そして本来の歴史通りにユズを選べば、クロハ...

NO IMAGE

裕時 悠示「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる5」

 幼なじみの告白から一気に甘修羅ハーレム状態からガチ修羅場の様相を呈してきたシリーズ第5巻。……あんな引きで終ったけど、中身は各ヒロインの1人1人に焦点を当てた短編集です。  どの娘のエピソードも物凄く可愛いんだけど、一応メインヒロインのはずの真涼が着実にヤンデレ系ストーカ...

NO IMAGE

高木 幸一「俺はまだ恋に落ちていない 2」

 詠羅に一目惚れしたという後輩に「彼女を紹介して」と頼まれてやむなく彼女とのデートの約束を仲介することになった赤井。詠羅と気まずい雰囲気になり、一人で悶々としていたところに恵衣美や他の面々が首を突っ込んできて……というお話。  これは良い修羅場。三角関係コメディなんていって...

NO IMAGE

葵 せきな「生徒会の十代 碧陽学園生徒会議事録10」

 いよいよ本編最終巻。くりむたち生徒会メンバーの「卒業式」でのシリアス展開がメインで、普段の駄弁り話も引継ぎの話やこれまでの総まとめ的なエピソードばかりになり、色々な意味でクライマックスだった「九重」「金蘭」から比べると、まるで祭の後のような雰囲気。いつも通りの会話を繰り広げなが...

NO IMAGE

田口 仙年堂「七星降霊学園のアクマ 01 グラトニー・シールド」

 振り分け試験中に天使を召喚しようとして、間違えて違法である悪魔・カグラを呼び出してしかも天使と融合させてしまった花村兄妹。送還はできないし、魔力は殆どカグラに持っていかれて他の天使の召喚もできない。あげく、曰くつきの「クラスX」に配属されてしまい……というお話。  メイン...

NO IMAGE

高木 幸一「俺はまだ恋に落ちていない」

 友人・田所の引越しを手伝わされた際に出会った、田所の双子の姉妹への「アタックけん」をもらってしまった赤井。それ以来なにかとふたりと出会う機会が増えたのだが、姉妹の仲が悪いのが物凄く気になって…というお話。  過去のとある事件をきっかけにして人間関係に色々と機敏になってしま...

NO IMAGE

火海坂 猫「彼と人喰いの日常」

 虐めを受けていた最中に自分に語りかけてきた謎の存在に誘われるまま、契約を結んでしまった十夜。それは人喰いの妖である『彼女』を使役できるかわりに、毎月1人ずつ殺しても良い人間を提示しなければいけないというもので……というお話。  黒衣とほぼ無理矢理契約させられてしまい、自分...

NO IMAGE

田口 仙年堂「デーゲンメイデン 1.台場、両断」

 人間の姿をとり、不思議な力を持つ『Dアーム』。両親と妹の仇を討つためかつて九郎義経が持っていたという複数の顔を持つ刀・薄緑の伝承者となった少年・若林練司はしかし任務でも人間を斬ることが出来ず、苦悩する。そんな時、偶然Dアームと契約してしまった少女・島原糸の護衛をすることになって...

NO IMAGE

和ヶ原 聡司「はたらく魔王さま!5」

 魔王さま、地デジテレビを買うの巻き。あらすじ読んだとき絶対この話のラスボスは1巻で出てきたNHKの集金のおじさんに違いないとおもってたら既に大家サイドで解決してた!なんてこった!テレビの話は、むしろニート堕天使こと漆原が執着しないのがちょっと予想外だったのですがそうだよね……彼...

NO IMAGE

遠藤 浅蜊「魔法少女育成計画」

このマスコットキャラがゲスい。  16人居る魔法少女の枠を半分にすることになった。週に1度、人助けをすると貰えるキャンディの数が一番少なかった魔法少女を発表し、その娘を魔法少女でなくす。魔法少女でなくなるとは、『死』を意味していた。最初は平和的な方法で魔法少女枠の争奪戦をし...

NO IMAGE

おかもと(仮)「しずまれ! 俺の左腕」

 リア充高校生が爆発したら、左手に魔王が憑依していた。な、なにをいっているかわからねえとおもうがry←あらすじ  左手に憑依した魔王は無類のゲーム好きだった。ことあるごとに左手を操ってはネトゲやソーシャルゲーをやりこもうとする魔王を抑えようとする主人公・紳士だけど、その行動...

NO IMAGE

柳実 冬貴「対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚」

「草薙諸刃流皆伝、草薙哮。現時刻を持って此処を戦場と心得た——」 「——問答無用で征かせてもらう!」  「量産型はダテじゃない!」「Re:バカは世界を救えるか?」の柳実冬貴さんが贈る異世界学園ダークファンタジー。“魔女”に全てを...

NO IMAGE

竜ノ湖 太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召喚」

 表紙や順番を考えて耀回かとおもってたら三大問題児の中でも最強のチート・十六夜の過去が明かされる回でした。  チートだらけのこの作品の中でも飛びぬけた実力を持つ十六夜だけど、それは以前から「力」の使い方・御しかたを学んでいたせいなのかと納得。ありあまる能力とそれを持つが故の...

NO IMAGE

竜ノ湖 太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ?」

 チートな異能を持つ3人の少年少女が、『ギフトゲーム』と呼ばれるゲームの勝敗で全てが決まる異世界に召喚されて大暴れするシリーズ第2巻。今回は、北で開催される“火龍誕生祭”の話を聞いて飛び出していったらそこに魔王が現れて!?というお話。  相変わらずチートだらけで楽しいお話。...

NO IMAGE

かじい たかし「僕の妹は漢字が読める4」

 「ブヒる」が23世紀で古語扱いされてて爆笑したけどそれ後世に残しちゃらめええええ!!いよいよユズさんとクロハの一騎打ちの様相を見せてきた近未来系妹SFラブコメ第4巻。メイン格のヒロインに位置づけられてるけどやっぱり「妹あらずんばヒロインにあらず」臭がぷんぷんするストーリーで本当...

NO IMAGE

大間 九郎「オカルトリック」

 人として割と駄目な感じの安楽椅子系オカルト探偵・「ねえさん」こと葛乃葉さんと、彼女の助手として働く狐憑きの少年・玉藻が繰り広げるオカルト系ミステリー。  独特のファンキーな文体で繰り広げられる物語が相変わらずみんないい具合に歪んでてとても楽しいんだけど、何より玉藻の過去話...

NO IMAGE

海冬 レイジ「も女会の不適切な日常1」

 女子にしか見えない容姿がコンプレックスな主人公はちょっとおかしなな女の子達の集まる通称『も女会』に引きずり込まれ、それなりに楽しい日常を送っていた。ところが、ある日何の予兆もなくその日常は崩壊して……というお話。  中盤以降の展開が凄いと聞いて手に取ったけど本当に凄かった...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(2)」

『いやあ本当に世の中には不思議な事ってあるよねオカリンってちょ、待、これmjd?』  なお、どういう処刑が行われたかは、以下のヒントからご自由に想像していただきたい。  ピンポン球、どこまでいくつ入るかな? アッーーーーーーーー!!!  ピンポン球をどこまでいくつ挿……い...

NO IMAGE

大黒 尚人「フルメタル・パニック! アナザー3」

俺のライバルの俺様系アラブ王子が可愛すぎる件。(←今巻のあらすじ)  ユースフ王子レギュラーキャラ昇格おめでとうございますおめでとうございます!!無骨なドイツ製AS“ヴォルフ”を真っ白に塗って赤いマントつけちゃう王子のセンスがマジ斜め上すぎてもうなんだこいつかわああああああ...

NO IMAGE

裕時 悠示「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4」

 鋭太伯母の提案で、夏休みを使って海に遊びに行く事になった『自演乙』の5人。冴子に彼氏彼女関係を疑われた鋭太と真涼はここぞとばかりに自分達のラブラブっぷりをアピールしようとするが……というお話。  鋭太・真涼vs千和・ヒメ・愛衣の臨時共同戦線になってしまい、そんな中で必死に...

NO IMAGE

裕時 悠示「踊る星降るレネシクル4」

「バカ野郎。カッコつけんじゃねえよ」 血まみれの頬をゆがめて、レンヤは笑う。 「いいじゃないか。これが俺の愛さ」 ま さ か の 親 友 回 。 いろいろ急展開すぎたけどなにはともあれ親友回だった。乾回だった。男の友情回だった。  『サバイバルサマー』優勝者の香山円...

NO IMAGE

裕時 悠示「踊る星降るレネシクル3」

 これまで割と最強キャラだった瑞貴の思わぬ姿が明らかになるシリーズ第3巻。  レンヤ達と出逢った記憶すらもなくした瑞貴が与えられた暖かい“夢”に逃げ込みそうになりながらもレンヤとの絆を思い出し、立ち上がる姿がとてもかっこよかった。割と拡張してるレンヤハーレムだけど、こういう...

NO IMAGE

裕時 悠示「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3」

 修羅場要員追加までは予想の範囲だったけどまさかこんなキャラだとは思わなかったよ風紀委員……毎巻ごとにフラグを確率して修羅場要員が増えて行く話なのに、各ヒロインが既に初登場からフラグ構築済み状態で出てくるっていうのは色々な意味で新しいんじゃないですか。  ということで、前巻...

NO IMAGE

裕時 悠示「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる2」

俺の彼女と元カノと幼なじみが修羅場すぎる! なん……だと……!?  アンチ恋愛を歌う主人公に『偽装彼女』の提案をしてきたクラスの美少女と幼なじみの2人にかこまれて三角関係なラブ修羅場コメ……だと思っていたら前巻ラストの中ニ発言が原因で実は知らない間に前世からの恋人の記憶を呼び...

NO IMAGE

裕時 悠示「踊る星降るレネシクル2」

この作者の作品の「親友」ポジションなんでみんなほもなの? いやなんというか改めて思った。乾君良いほも。  すまると瑞貴で三角関係のままいくのかと思ったら順調にヒロインが増えてく上条さんパターンだった。というか、乾といい今回登場した彼といいハーレム体質男子しかいないの!?乾...

NO IMAGE

裕時 悠示「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」

 とある「他人には話せない事情」からかなり強引にクラスでも有名な美人の真涼と付き合う羽目になってしまった。それを聞いた幼馴染の千和が対抗して自分も彼氏を作る、などと言い出す。真涼の計らいで千和に彼氏を作らせるべく謎の部活を結成したんだけど……というお話。  もっとガチで三角...

NO IMAGE

海冬 レイジ「機巧少女は傷つかない7 Facing “Genuin Legends”」

 新たな力を手に入れ、ロキ・フレイとともに順調に夜会を勝ち抜いていく雷真。しかしその裏で、彼らがかつて倒した筈の人物が不気味な動きを見せていた……いよいよ後半戦突入でクライマックスも見えてきた感じのシリーズ第7巻。  アリスとシン、雷真と夜々。立場は違うけれど関係性の似てい...

NO IMAGE

田口 仙年堂「本日の騎士ミロク10」

 「第八国」の魔導士達にミロク・ジュジュを中心とした連合軍が立ち向かうシリーズ完結編。  これまで敵味方に分かれてすらいた各国が一丸となって第八国に立ち向かう展開が美味しい。これまで殆ど物語に姿を見せなかった藍山同盟まで加わったオールキャラ具合がアツいんだけど、それ以上にエ...

NO IMAGE

あざの 耕平「東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT」

 春虎と夏目がギクシャクする中、『D』が動き出して……急展開のシリーズ第6巻。  あとがきで「おっさんが活躍し始めたら本番」とか言われてたけどマジで今回は終盤以降の大友先生の独壇場すぎた。ド派手な“術比べ”が熱すぎて、春虎じゃないけどもうゾクゾクワクワクせざるをえない。あと...

NO IMAGE

和ヶ原 聡司「はたらく魔王さま!4」

 バイト先のマグロナルドが休業、アパートも改装工事で一時立ち退きを余儀なくされた真奥一行。途方に暮れかけた所に大家の志波から親戚のやっている海の家を住み込みで手伝って欲しいと頼まれる。ところがなんだか一筋縄では行かない予感で……!?というお話。  「いらない子」「ニート」な...

NO IMAGE

鈴木 大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ4」

 ブラコンを自称して憚らない妹と、迷惑がってるフリしてるけど実はシスコンな兄貴が繰り広げるラブコメ第4巻。  安定して面白いけど同時に毎回やってること自体は毎回同じなので良くも悪くも「大いなるマンネリ」感……。妹や各ヒロインは皆かわいいし、軽妙な会話のやりとりは面白いんだけ...

NO IMAGE

海冬 レイジ「機巧少女は傷つかない6 Facing "Crimson Red"」

 夜会の再開まで一ヶ月となった夏休みのある日、雷真は硝子に命じられて小紫とともに“魔王”の一人・グリゼルダの内偵をすることに。“紅翼陣”と似た能力“アリアドネの糸”を自在に扱う彼女の戦う姿を見た雷真は彼女への弟子入りを決意するのだが……というお話。  夜会再開に向けた、続に...

NO IMAGE

大樹 連司「ボンクラーズ、ドントクライ」

 親友。  そうだ、親友だ。そう呼ぶ事に、気恥ずかしさなど、あるものか。  そんな彼を裏切る算段を僕は立てている。たかが、桐香なんて存在のために。  愛しい桐香という存在が憎かった。 “恋愛”とだって天秤に掛けられる、掛け替えのない“友情”。  前世紀末の片田舎の高...

NO IMAGE

林 トモアキ「レイセンFile3:ワンサイド・ゲームズ」

 自分は、もっとずっと高尚な者たちと戦い、勝ち続けてきた。その中に虐殺を至上とするような、低俗で幼稚な輩など、ただ一人もいなかった。だからあんなのは雑魚だ。あんなのはかつて自分が相対した誰一人の足元にも及ばない。  “ええそうよ。さあ行きましょうか、二代目聖魔王閣下……!” ...

NO IMAGE

浅野 大志「ヤツの眼鏡は伊達じゃない」

 他の高校よりもちょっとオタク率の高い都立城南高校で「SS級オタク」「ギャルゲ主人公」をはじめとした様々な別名を持つ副会長・ニ上衛一郎。彼の元には助けを求める後輩やらオタク勝負を挑んでくるやつらが次々と現れる。それもこれも実は、とある人物の差し金で……というお話。  ジャン...

NO IMAGE

竜ノ湖 太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES!ウサギが呼びました!」

 人間離れした異能を持つ子供達3人は異世界からの「世界の全てを捨てて“箱庭”にこられたし」という招待状を受け、異世界へと召喚される。たどり着いたのは“ギフトゲーム”と呼ばれるゲームの勝敗が全てを決める世界。ところが彼ら、召喚した本人が持て余すほどの超・問題児で……!?というお話。...

NO IMAGE

かじい たかし「僕の妹は漢字が読める3」

 文字がひらがな・カタカナだけになって「萌え」文化全盛の23世紀で繰り広げられる妹系ラブコメ第三巻。前巻まででタイムトラベルネタが一応落ち着いたて(とはいえ色々未来の方に火種が残ってる感だけど)、今回は過去改変の影響で現れたギンの「実妹」がクロナと火花を散らすお話。  相変...

NO IMAGE

藍上 ゆう「ドS魔女の×××」

 魔界で育てられ、魔女となった人間・クレアは自らも悪魔になることを望んでいた。そんな時「1000人の処女を一斉に発情させれば願いがかなう」という話を聞きつけて、全校生徒が1000人の女子校・空百合学園に潜入する。魔法の力で殆どの生徒達を発情させ、支配下に置くことに成功したのだが彼...

NO IMAGE

和ヶ原 聡司「はたらく魔王さま! 3」

 日本にやってきた異世界の魔王&勇者とその仲間達が六畳一間で繰り広げる庶民派ファンタジー第三巻。今回は魔王を“ぱぱ”、勇者を“まま”と呼ぶ子供アラス・ラムスがやってきて……!?というお話。  少しずつ、物語が核心部分に触れてきました。真奥の過去が明かされたり、恵美の持つ聖剣...

NO IMAGE

大黒 尚人「フルメタル・パニック! アナザー2」

 「フルメタ」本編から十数年後の世界を描く、スピンオフシリーズ第2巻。前巻の解説によると各国を回りながらASのバリエーション機紹介するのがメインということで、どうなるのかなあと思っていたんだけど、謎の新キャラや陰謀の匂いが充満して「それだけじゃ終らないぞ」という感じがぷんぷんに漂...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(1)」

 シュタインズゲートのファンディスクである「比翼恋理のだーりん」のノベライズ……という名の皮を被った別の何か。だーりんの各キャラ個別ルートのエピソードをなぞりながら、本編世界線及び某別の世界線が混入してきてるんですがお陰で平和な厨×2リア充世界線を隠れ蓑にして裏が明らかに色々な意...

NO IMAGE

井上 堅二「バカとテストと召喚獣10」

 いよいよクライマックス目前の本編第10巻、2年頂上・Aクラスとのリベンジバトル戦。  雄二の発破の言葉とか明久とのやりとりとか、第1巻を思わせるやりとりが随所に見受けられていちいち懐かしいのですが、同時に彼らの半年間の成長を伺わせるエピソードが随所に挿入されて感慨深い。初...

NO IMAGE

田尾 典丈「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! Extradisc」

それでコンビニ店員・普久乃原さんの一日を描く番外編はどこですか?(真顔)  シルバーブレットの完結編エピソードに番外編3編を収録した短編集。シリーズの後日談エピソードになる「それぞれの未来」が色々な意味で胸熱なのですが、誰のエピソードよりも普久乃原さんの現状にガタッしてしま...

NO IMAGE

朝倉 サクヤ「物理の先生にあやまれっ! 弐号機」

最後8Pで何もかもだいなしすぎる!!!!  元々ウィンドバードさんの「この打ち切りっぷりがすごい」という記事(リンク先結末ネタバレ注意)を読んで手に取ったので○ませエンドなことは知ってましたがここまでの急展開を見せるとは思いませんでした。っていうかもうこの終盤って打ち切り決...

NO IMAGE

朝倉 サクヤ「物理の先生にあやまれっ!」

 世界の命運を握る事に恐怖しながらもなんとか謎のゴーレム「AAE」のパイロットとして名乗りを上げたら“パイロット候補”は自分以外にも沢山居た。正式パイロットである美少女・椛に反発しながらも、少しずつ彼女をサポートして全てのAAEが手を取り合う「世界平和」という自分の目標に向けて邁...

NO IMAGE

かじい たかし「僕の妹は漢字が読める2」

23世紀の授業風景が想像以上だった。 すっごい楽しそうだけどマジで歪まないな23世紀の萌え文化ェ……  23世紀の未来から失われた「萌え」を取り戻す為、再び21世紀に戻った一行が歴史を変えるきっかけとなった原稿を取り戻す為に奔走するお話。相変わらず23世紀の「現代文」の尖...

NO IMAGE

成田 良悟「デュラララ!!×10」

 ドタチンが何者かによって車に撥ねられたのを切っ掛けに池袋の様々な人たちが動き出すシリーズ第10巻。  ダラーズ内の内部分裂らや杏里を「親」としない罪歌の一団をはじめとして、独自勢力が次々に増えてきた所に彼らを利用しようと動き出した『大人たち』の思惑が絡んできて今まで以上に...

NO IMAGE

川上 稔「GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン4(上)」

ついに主人公が一度も男子の服を着ていなかった気がする。 ……全体の2割女装で、8割裸だった気がする……っていうか某ショップのBD限定版の全巻購入特典ドラマCDが男子オンリーだったり今回のメアリの格好して点蔵の嫁宣言する女装といい終盤のトーリヒロイン発言といい、なんですかホライゾ...

NO IMAGE

三輪 清宗「STEINS;GATE2 形而上のネクローシス:Reverse」

 牧瀬紅莉栖視点から見た、もうひとつの「シュタインズゲート」ノベライズ第二巻。物語の折り返し地点を過ぎた辺りまで。  前半のキモであるDメール実験にまつわる各エピソードを鈴羽の父親追跡に関するエピソード以外全部すっとばすという、前巻以上にアニメかゲームで「本編全ての内容を知...

NO IMAGE

田口 仙年堂「本日の騎士ミロク9」

 クライマックス目前の第9巻。前巻で姿を現した「第八国」の狙いを知り、長年の諍いを捨てて協調の道を歩き始めた各国。しかし、ゴウト殺害容疑がミロクにあると思いこまされたオウガンの軍勢がジルサニアに襲いかかり……!?というお話。  第八国が引き起こした脅威に立ち向かう絶望的な戦...

NO IMAGE

田口 仙年堂「Zぼーいず/ぷりんせす 3」

 姫護者として経験を積んできた3人にサリが依頼してきたのは「死期を過ぎているのに生きている人間の命を刈り取る」こと。しかもその相手は担任・超飛の恩人ともいえる人物で……というお話。  姫護者を名乗っていてもただの人間である自分たちが命を扱うという事の重みに悩みながらも、様々...

NO IMAGE

葵 せきな「生徒会の金蘭 碧陽学園生徒会黙示録6」

 「2年B組」シリーズ完結編を収録した、番外シリーズ第6巻。表紙からしてニヤニヤが止まらなかったわけですがピンナップ裏が俺得すぎてご馳走様でした杉崎は中目黒の嫁!!!しかしこの表紙の帯についてる「王道宣言」の文字に、富士見ファンタジア大丈夫かといいたくなったのは私だけじゃないはず...

NO IMAGE

平坂 読「僕は友達が少ない」

 ヤンキーっぽい顔と外見のせいで友達が出来ない転校生・羽瀬川小鷹はある日の放課後、『エア友達』と話しているクラスメイトの三日月夜空と出会い、友達が居ない者同士で新しい部活を立ち上げる羽目に。最初誰も集まらないだろうと思っていたが、予想外に残念な人たちが入部してきて……というお話。...

NO IMAGE

白鳥 士郎「のうりん」

 うーん、「なんらかの事情で笑顔を失った元アイドルに、農業を通して笑顔を取り戻して貰う」っていう物語の主軸そのものと、予想外にがっちりしてた農業ネタ(しかも「銀の匙」とかで一部話題になった畜産方面ではなく、畑作稲作方面ネタなので新鮮でした)自体は凄く面白かったんだけど、物語を彩る...

NO IMAGE

深沢 仁「R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く」

 鏡に映らず、自分に向けられた攻撃を「反射」してしまう謎の男・フィリップはひょんなことからはちあわせた少女・アンジェリーナを襲撃者から守りながら彼女の妹を助けるのに協力する羽目になる……というお話。  全体的に淡淡とした語り口といい、ライトノベルというよりも翻訳モノの海外S...

NO IMAGE

伏見 つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない9」

様々なキャラクター達の口から語られる、「俺妹」特別編。 赤城と京介が『どっちの妹が可愛いか』対決をする「俺の妹はこんなに可愛い」と瀬菜と桐乃が池袋乙女ロードめぐりをする「突撃 乙女ロード!」の破壊力が半端ない。これどうみてもただのシスコン/ブラコン対決じゃないですかーー!!...

NO IMAGE

田尾 典丈「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc8」

シリーズ本編完結編。ナイス・ハーレムエンド!2つに分かれた世界のどちらも選ぶために少しずつ問題点を洗い出して埋めていく展開が楽しかった。まさか、FanDiscで出てきた武紀の割りと残念な超記憶力が伏線になっていたとは……。あと普久乃原さんは良い男ツンデレ。 ゆうきの正体の件...

NO IMAGE

大黒 尚人「フルメタル・パニック! アナザー1」

「フルメタ」本編から十数年後の世界を描く、スピンオフ。機械弄りが好きな普通の男子高校生とPMCと呼ばれる民間軍事組織に所属する謎の美少女のボーイミーツガール。書くのが別の人だと聞いて期待よりも不安が大きかったのですが、蓋を開けてみたらびっくりするくらい「フルメタ」でした。色々なと...

NO IMAGE

賀東 招ニ「フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生?」

いつもとおりの短編と、本編完結後のテッサのその後を描く書き下ろしエピソードの5編を収録した短編集最終巻(一応) 短編の方はかなめと宗介がサバゲーで対決する「与太者のルール(前後編)」もよかったけど、かなめとそのご近所さんのやりとりを描いた「ご近所のサーベイヤー」が好き。かな...

NO IMAGE

風見 周「嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた」

これは「ダイエット物」をもっと押し出したほうが良かったんじゃないか…… 「ひめ×ぱら」の風見周+萌え萌えな表紙+最近ありがちな思わせぶり長文タイトル……で「ああまたエロコメか」とおもってたら違うらしいので買ってみたけど正直ラブコメ部分よりもダイエットものとしての部分のほうが...

NO IMAGE

岡田 麿里「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上)」

同名アニメのノベライズ。引きこもりの高校生・宿海仁太の前に死んだはずの幼馴染の少女・“めんま”の幽霊(?)があらわれる。めんまは叶えてほしい願いがあるというが、その願いの内容を思い出せないという。知らんぷりを決め込んでいた仁太だったが、かつての幼馴染達と彼女の願いを叶えようという...

NO IMAGE

あざの 耕平「東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN」

前半短編集→後半本編なシリーズ第五巻。 短編は酒に酔って絡んだり、風邪を引いた春虎を看病しようとして春虎のトラウマを呼び起こしたり……と夏目の空回り気味で残念な暴走が可愛すぎた。個人的には春虎が猫を飼う羽目になる話が一番面白かったです。コンを含めた割と不毛な恋の鞘当て具合に...

NO IMAGE

かじい たかし「僕の妹は漢字が読める」

凄い久しぶりに読んだ気がするHJ文庫の新人さん。冒頭部分の立ち読みが一部で超話題になった問題作な何か(笑)萌えが進化しすぎた23世紀。萌えるラブコメで「正統派」文学作家を目指す主人公が妹2人と日本文学を代表する文豪・オオダイラ先生(※度し難いHENTAI)と共に謎の現象に巻き込ま...

NO IMAGE

鈴木 大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 3」

相思相愛ブラコンシスコン兄妹と周囲の人々が繰り広げる、どたばたラブコメ第三巻。今回は恋のライバル(?)3人が姫小路兄妹が二人で住んでいた元学生寮に引っ越してきて……というお話。 個性豊かすぎる面々との掛け合いが相変わらず面白いんだけど、今巻は1巻・2巻と比べるとちょっとパン...

NO IMAGE

三輪 清宗「STEINS;GATE 蝶翼のダイバージェンス:Reverse」

※開始60P過ぎまで、シュタゲ原作最終章ネタバレがいきなり来るので購入考えてるゲーム未プレイの人は注意。 紅莉栖視点からの、いわば『裏』シュタインズゲート。タイムマシンという存在にトラウマに近い嫌悪感を抱く彼女が好奇心から尋ねた未来ガジェット研究所で「電話レンジ(仮)」の実...

NO IMAGE

葵 せきな「生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5」

あらすじから予想はしてたがどうして鍵が表紙にならなかった。 生徒会シリーズの主に「生徒会の外」を番外編シリーズ第五巻。 元々本編の番外編的な物語が多いお話だったけど、今回は特に生徒会5人以外に焦点の当たったお話が多かったような。一発ネタかとおもっていた1-Cがシリーズ化し...

NO IMAGE

井上 堅二「バカとテストと召喚獣9.5」

「だからそうじゃなくて、子供なんだよ。――アンタら二人の、ね」 そういって、僕と雄二を順番に指差す学園長。僕ら二人の子供って―― 「「はぁああああっ!?」」 どうしようもなく公式が最大手だった(雄二×明久の)。子供ネタとか、二次創作ホモ同人の王道ネタを公式が平然とやってのけ...

NO IMAGE

裕時 悠示「踊る星降るレネシクル」

過去の事件がトラウマとなり戦えなくなってしまった主人公が、かつての幼馴染を追いかけてやってきた街で落ちこぼれ少女の“師匠”を頼まれて……というお話。 傷つける事を恐れて戦いから逃げている主人公・レンヤと母の影を追い求め、どこか空回りしているヒロインその1・すまるが少しずつ精...

NO IMAGE

田口 仙年堂「本日の騎士ミロク8」

クライマックス目前!!という感じのミロク里帰り@オウガン編。 オウガンに帰ったミロクを待ち受けるミロク一家が皆良い性格しすぎでニヤニヤする!!これまでのお話からなんかもっとヤバい状況を想像していたのにものすごく楽しそうじゃないですかー!ここにシェンランが居たら完璧だったのに...

NO IMAGE

和ヶ原 聡司「はたらく魔王さま! 2」

かつて異世界を征服しようとした魔王とその手下達が日本で堅実にフリーターやりながら再起を図ろうとするシリーズ第二巻。今回はひょんな理由から店長代理を任された魔王が、開店したばかりのライバル店と凌ぎを削るお話。 前巻を受けて魔王宅に同居することになった側近・ルシフェルこと漆原が...

NO IMAGE

田尾 典丈「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc7」

負荷軽減の為、分割されたヒロイン達のレイヤーを行き来していた武紀は元の世界に戻ろうとした拍子に別の「世界」へと飛ばされてしまう。そこは武紀の両親をはじめとして様々な人が犠牲となった“8年前の事故”の起らなかった世界。ヒロイン達の代わりにそこにいたのは死んだはずの両親と、“恋人”の...

NO IMAGE

谷川 流「涼宮ハルヒの驚愕」

4年ぶりの新刊。発売時にさらっと読んだだけで記憶が曖昧だったので『分裂』から再読したんですが、これは出来る限り『分裂』からまとめて読みたいお話だなあ…… 新入団員希望がSOS団部室に押し寄せて入団テストをやる羽目になる、平和なドタバタ騒ぎな“α”と、佐々木と似非SOS団(違...

NO IMAGE

あざの 耕平「東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest ?」

「……桜が似合うな、春虎」 「え?な、なんだって?」 しょっぱなから↑で萌え死ぬかと思った。冬児が春虎を口説いているようにしか見えません!!鈴鹿復活のドタバタを描いた中編+短編という構成の学園ラブコメ系番外編。しかし、春虎はバカ通り越してakihisa化が進んでませんか。 ...

NO IMAGE

田口 仙年堂「Zぼーいず/ぷりんせす2」

ょぅじょ(と残念な人)が増えた!! ひょんなことからようじょ 死神のお姫様に魂を食べられてしまった高校生3人が生命を返してもらうため、ようじょのお守り “姫護者”となる不死者コメディ第2巻。 死神姫・クリクリに続いて、ょぅじょ 天界のお姫様・エルエルが登場して彼らの引...

NO IMAGE

伏見 つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない8」

桐乃とのアレのあとで黒猫からの爆弾投下……というわけで、色々とどうなるか不安だったシリーズ第8巻だけど、最終的に凄く綺麗に落ち着いたなあ。 “白猫”になったり“神猫”になったり……と、京介と付き合うことになって物凄く舞い上がってる黒猫が可愛すぎるんだけども、同じくらいに大切...

NO IMAGE

鏡 貴也「いつか天魔の黒ウサギ 紅月光の生徒会室3」

「いつか天魔の黒ウサギ」の短編シリーズ第三巻。イズミはすっかり短編側でもレギュラー化してるのに、セルジュ&ハスガ兄弟は相変わらず空気だなあ…… とりあえずケース3「男子の秘密のハードディスク」が俺得すぎて困った。ひょんなことから月光と大兎がヒメアの作った異世界にふっとばされ...

NO IMAGE

柳実 冬貴「Re(アールイー):4 バカは世界を救えるか?」

「……君がコーイチか」 全てを知った上で、明日菜はアルルがそう呼んでいたように、光一の名を呼んだ。 受け継いだ約束を??彼にもう一度返すために。 急展開のシリーズ4巻。前巻で真実が明かされたときも衝撃だったけど、明日菜の回想という形で語られる「一周目の世界」の姿が衝撃的。そ...

NO IMAGE

林 トモアキ「レイセン File2:アタックフォース」

話自体は普通に面白かったんだけど、書き下ろしの番外編の分量が多すぎて本編があまりにも物足りない。前半の新たな敵「フォース」との顔合わせや修業話が面白かっただけに、肩透かしを食らった気分が否めませんでした。 番外編も面白いことは面白かったんだけど、「レイセン」本編とは雰囲気が...

NO IMAGE

海冬 レイジ「機巧少女は傷つかない5 Facing "King's Singer"」

シリーズ第五巻。機巧魔術/自動人形とそれを巡る学院や各国の動き、学院内部の各勢力の動きが活発になってきて盛り上がってきました。 4巻の展開を経てより絆を強くした雷真と夜々のやりとりにとてもニヤニヤするんだけど、それ以上に仲間たちとのやりとりがたまりません。女子周辺はちゃくち...

NO IMAGE

本田 誠「空色パンデミック3」

1巻、2巻も凄かったけど3巻は更に輪をかけて構造が複雑になってる!「現実」を侵食する「空想」が幾重にも絡んで、どこからどこまでが現実での出来事なのか判らない。 ていうか作中にそのものズバリが出てしまうとは思わなかった。“空想病”を活かした、とんでもなく斜め上なメタっぷりに「...

NO IMAGE

都築 真紀・ivory「魔法少女リリカルなのは」

「リリカルなのは」は劇場版しか見たことがないのですが……劇場版でいうと終盤に当たるフェイトの過去と、最終決戦後のフェイトとなのはの決着戦に的を絞った原作補完ノベライズ。 劇場版でもある程度出てきたけど、フェイトの母・プレシア視点で語られる物語はまた違った意味で新鮮でした。娘...

NO IMAGE

鈴木 大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ2」

相思相愛どころか、むしろ兄のほうが重症じゃねえか!!!(開口一番) 6年越しで一緒に生活できることになった兄妹を中心に巻き起こる、学園ラブコメ第二巻。超ブラコンな妹とサブヒロイン達が主人公を取り合う話……だとばかり思っていたら、予想をはるかに越えて兄、シスコンだった。いや、...

NO IMAGE

成田 良悟「5656(ゴロゴロ)!—Knights’ Strange Night」

狂犬と猟犬が最早じゃれついているようにしか見えない(病気) 仲悪いはずなのに、出会ったら即殺し合いな殺伐関係のはずなのになんですかこの人たちのイチャイチャっぷりは!!!いや、確かに作中でもずっと殺しあってるだけなんですが殺し合いがじゃれ合いにしか見えないこの不思議…… ...

NO IMAGE

田口 仙年堂「本日の騎士ミロク7」

敵の思惑により敵国・ツッキーニで孤立してしまったジュジュとミロク。運良くツッキーニのレジスタンスが隠れ住む村にたどり着いたのは良かったが、ジュジュの元気がなくて……というお話。 “ジルサニア王女”ではないただの年相応の女の子としてミロクに接するジュジュが新鮮。ミロクの腕を信...

NO IMAGE

海羽 超史郎「STEINS;GATE‐シュタインズゲート‐ 円環連鎖のウロボロス(2)」

「シュタインズゲート」のノベライズ完結編。原作と細部の流れは違うけど、これもまた紛れもなく同じ『シュタインズゲート』へ至る物語。 かなり細部に渡って展開が変わってきているので、原作と同じ展開を辿っていてもまた新たな気持ちで楽しむ事が出来ました。初めてタイムリープしてどうして...

NO IMAGE

成田 良悟「バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ」

上巻からの続き。 面白かった!クレアとシャーネはいつのまにこんなにラブラブバカップルになったんですかシャーネにぞっこんらぶなクレアも可愛いけど、シャーネの反応が可愛すぎて困る。 そしてクレアとシャーネも可愛いんだけどクレアとフィーロの幼なじみっぷりがとてもやばい!!!...

NO IMAGE

成田 良悟「がるぐる! Dancing Beast Night(下)」

一応シリーズ一区切り?なシリーズ4巻。これまでのシリーズ3冊で出てきたキャラクターたちが一同に会してのオールスター感が凄い。本来表に出ないはずの「都市伝説」やらなにやらまで登場して、全員が全員薄くならずに動いてるのが凄いなあ。 上巻ラストで再登場した犬二人・狗木&戌井の一触...

NO IMAGE

橘 公司「蒼穹のカルマ1」

ど う し て こ う な っ た 。 「表紙詐欺」「あらすじ詐欺」と噂には聞いていたけどこれは酷い(褒めてる)。空を駆け“空獣”と呼ばれる怪物を己の体術で狩る女騎士・鷹崎駆真が最愛の姪・在紗の授業参観に駆けつけるためにあれやこれやというお話。強力無比な力を持つ若き騎士だが...